走り幅跳びは『専門種目』のため、短距離よりも高い専門性が求められます。 それにもかかわらず、学校の先生などの指導者には幅跳びが専門という人は少ないため、いざ幅跳びの練習となると専門的な指導が受けられないということもあります。 そのせいもあって「幅跳びの練習のときは砂場をあけてひたすら跳んでいるだけ」という人も多いはず。 私もそうでした。 そもそも短距離と比べて競技人口が少ないので、指導者の数も少ないという構造的な問題を抱えているのがフィールド競技。 しかし、指導者不在の自己流あっても、ポイントを知ってさえいれば幅跳びの記録は伸ばすことができまぁす!! 今回は、これさえ押さえておけば指導者がいなくても質の高い幅跳び練習ができるという 7mジャンパーが教える幅跳びの練習の基本 についてご紹介します。 指導者不在でずっと一人で練習していたのに 都道府県大会レベルでの上位入賞常連 7mジャンパー ...