辛い練習をすれば強くなれるという幻想が根強いスポーツ界ですが、陸上もいまだにシャツインアゲパンで全員坊主の学校があるくらいには精神力でなんとかしようという部分が残っています。 実際のところ、つらい練習は強度が高いのでそれなりに効果もあるのですが、辛い練習をしたからといって足が速くなるわけではありません。 どうせやるなら楽しく練習して速くなりたいもの。特に移行期や冬季は試合がないのでモチベーションを維持するためにも練習の楽しさはけっこう重要です。 ってことで、今回は 楽しい練習メニューはこれ! 楽しみながら速くなる練習3選!! をテーマにご紹介。 速く走ることも大切ですが、楽しく練習した時間こそが一生の思い出になります。 そしてつらい練習をして陸上が嫌いになった人よりも楽しく練習して陸上大好きになった人のほうが最終的には記録もよくなると思います。 前回は楽しくない部活はクソっていうお話をして ...