【速報】三段跳びのウィル・クレイが18m14の世界歴代3位!!

記録速報

日本選手権真っただ中ですが、アメリカのお話。

日本選手権では一瞬しか放送されなかったマイナー種目である三段跳びですが、海外ではちゃんとした競技として成り立っています。
特にここ数年は超有力選手が複数でてきて、伝説のジャンパージョナサン・エドワーズ18m29という世界記録をいつだれが破るのかと注目されています。

ウィル・クレイが大跳躍!!

三段跳びで最注目の選手といえばクリスチャン・テイラーです。
テイラーは18m21のPBをもち、現在最強であり、世界記録に最も近い選手。

そしてアメリカの2番手はウィリアム・クレイ、ウィル・クレイです。

この選手の五輪と世陸の結果は↓

大会 三段 記録
世陸ロンドン 2017 三段跳2位 17.63
リオ五輪 2016 三段跳2位 17.76
世陸モスクワ 2013 三段跳2位
幅跳3位
17.62
8.12

ちなみにこの時の1位はもちろんテイラー

で、そんな2番手なイメージのクレイがついにやりました。
18m14の記録をマーク。
史上6人目の18mジャンパーとなりました。

これは世陸ドーハの三段跳びがますます盛り上がりそうです。
王者テイラーにピチャルドとクレイの3人の18mジャンパーの争いになるのかな?






Twitterで更新をお知らせしています↓