アメフト選手のメトカーフが100mで10秒37をマーク!!

雑記

Twitterもありまぁす↓

足が速いスポーツの頂点が陸上であることは間違いないのですが、陸上以外のスポーツでも陸上選手並みに足が速い人はいます。しかし、違う競技の間でどちらが速いかを比較することはなかなかできません。
日本では野球選手の50m走のタイムがボルトより速かったりと話題になることがありますが、アメリカではアメフトの足の速さが話題になるそうです。
アメフトはアメリカでは超稼げるスポーツで、アメリカの本当のフィジカルエリートはアメフト選手だそうです。足が速い人は陸上よりアメフトをやることが多く、陸上選手もアメフト経験者が多いらしい。ガトリンもドーピングで停止期間中にはアメフトをやっていました。

で、『アメフト選手は40ヤードまでは陸上選手より速い』という説もあったそうなのですが、これについては引退2年後のボルトがシューズでアメフト世界最速タイの記録をマークして否定しました(2019年のイベントでボルトが40ヤード4秒22でNFLの世界最速タイ)。

で、今回はアメフト選手が陸上の大会で走ることになったのです。
管理人、アメフトに関してはこないだスーパーボウルをみたのと深夜にやってるのをたまたま観たことがある他はアマゾンプライムのドキュメンタリーと日大タックルくらいしか知りませんので細かいことはわかりません。

 

 

DKメトカーフが100mで10秒37!!

私は全く知りませんが、今回話題となるメトカーフはけっこう有名な選手だそうです。ワイドレシーバーっていう最も速さが必要なポジションの選手で、NFLのなかでもトップクラスのスピードをもっているらしい。ウィキ情報によれば193cm104kgのまごうことなきフィジカルエリート。
そんなメトカーフが無謀にも(?)陸上の大会に出場!!
ケガをしたら数億円が跳ぶ可能性もあるのに…
スポーツファンとしては非常に楽しみなアメフトトップ選手による100mとなりました。

で、そのメトカーフの走りがこちら↓

2レーンの黒いユニフォームを着ているのがメトカーフだ。
結果は10秒37(+1.0)。この走りを見てどう思うだろうか?
タイムについてはレースでも9着なことからもわかるとおり、陸上選手としてならば特別なものではない。ただ、この大会の最速は世陸ロンドン200mのヤングで10秒09(PB9秒92)だった事を思うと、10秒37でも決して悪い記録ではない。
ちなみに10秒37は今季世界193位。現時点では世陸北京200mで7位になったフェミ・オグノデ(カタール)と同タイムなのだ!!

スタート技術もそこそこある

スタート練習している動画もある。

専門的に突き詰めれば改善点はあるだろうが、普通にそこそこ上手だ。
それもそのはず、メトカーフは高校時代にハードルと幅跳びをやっていたそうで、全くの素人ではない。

短い距離ならアメフトが速い?の結果はわからなかった

今回のレースではアメフト選手が10秒前半で走れることを証明した。しかし、『アメフト選手は加速がすごいから短い距離なら陸上よりアメフトの方が速い?』という疑問には答えが出ていない。
イメージ的にはアメフトや野球は短ダッシュがすごくて陸上選手よりも速いという可能性があったが、レースをみればメトカーフも他の陸上選手と同じようなレースをしている。後半に失速してはいるが、特別前半が速いと言う感じでもない。
メトカーフの今回のレースだけをみてもアメフト選手の前半が速いとは言えないし、陸上選手の方が前半も速いと言うことも出来ないだろう。

そして193cm104kgの体格なら砲丸投げをやってみてほしい気もする。ポジション的にメトカーフは投げるのは専門じゃないだろうが、デカくて投げれるポジションがのアメフト選手が砲丸をやったらどうなるのか、あるいはやり投げをやったらどうなるのか非常に興味がある。






Twitterで更新をお知らせしています↓