スパイクが『厚底』になってからというもの、短距離であってもトップ選手以外は中距離向けのスパイクを使うような状況が続いていました。ドラゴンフライを筆頭に、ビクトリー、アバンチ、そしてアンビションを使う短距離選手は珍しくありません。 でも、短距離選手なんだからやっぱり『短距離向けスパイク』を使いたいよね... ついに、アディダスから中級者向け厚底スプリントスパイクである『フィネス』が出たぞ!! ってことで今回は 【レビュー】アディゼロフィネス 中級者向けの厚底スパイクがついに出た! をテーマにご紹介! 管理人も最近はもっぱらアンビションやドラゴンフライの中距離スパイクを履くことが多いし、これで特に不満もありませんでした。でも、フィネスを発売日に注文しちゃいました。 だって、フィネスを買っておけばもう中距離スパイクなんか履く必要ないんですから! フィネス、相当イイです。現行の中級者向けとしてはベ ...

トラックスパイクも厚底化が進むなか、幅跳び用スパイクではナイキが唯一厚底スパイクをリリースしていました。 2024年、アシックスはメタスピードSPを頂点として、下位のソニックスプリント、ジェットスプリントを厚底化!同時に、幅跳びスパイクもメタスピードSPの形状を踏襲した新型モデルへと大幅リニューアル!! ってことで今回は 【レビュー】アシックス『ソニックスカイプロ』は跳び出しスピードが高い! 厚底でも扱いやすくて欠点なし!? をテーマにご紹介。 極端なフラット形状の前作の『LJプロ3』が2021年にリリースされたのですが、あまりにフラットすぎて全然人気が出なかった! さらに、三段跳び用の『TJプロ3』に至っては厚さが20mmを超えているため24年秋以降は三段跳びですら使用できないという残念っぷり!! そんな過去の「失敗作」ともいえるスパイクを切り捨て、完全リニューアルされた新型スパイクが今 ...

2023年6月29日、待望のアシックス厚底スパイク『メタスピードSP』が発売となりました。 依然としてナイキ『マックスフライ』とアディダス『プライムSP2』の2強状態ではあるものの、本格的なハイパースパイク時代真っただ中!! でも、厚底スパイクって必要!? あなたの力を本当に引き出してくれるのは、最新の厚底じゃなくてもっと扱いやすい薄底スパイクなんじゃない!? ってことで今回は 【2023年】今が買いドキ!!「ジェットスプリント2」をすぐ買え!! をテーマにご紹介。 厚底スパイクはあいかわらずの品薄で入手困難。価格も平気で3万近くして、10年前くらいのスパイクからしたら倍くらいの値段です... しかし!!ほとんどの選手にとって実は薄底スパイクで十分なんじゃん!? 翻って考えると、今の『厚底ブーム』の裏では『薄底投げ売り』が起こっているんです!! 紹介している値段は執筆日(2023.06.3 ...

この記事は2023年版です。2024年版はこちら↓ 陸上で一番重要な道具であるスパイク。 種目や用途によって選ぶのはもちろんですが、レベルによっても最適なモデルがあるはず! ってことで今回は 中級者におすすめの陸上スパイクは? をテーマにご紹介。 巷にあふれる「おすすめ20選」みたいなのはほぼ全部ウソ。だって、そんなにいっぱいスパイクの種類ないもん。ってことで、管理人が実際のおすすめ情報をご紹介します。 以前にも似たテーマの記事を書いたのですが、情報が古くなりつつあるのでバージョンアップ。できるだけシンプルに、これがこう良いっていうポイントをお届けしたいと思います...     まずは【定番】 ①SPブレード ②エックスブラスト ③エックスレーザー この3モデルから選ぶのがおすすめ まずはなにはなくとも日本メーカーの中級者向けモデルを選ぶのがおすすめです。3系統あって. ...

次世代短距離スパイクとして2022年にミズノが出したのが『Xブラストネオ』という厚底スパイク。 歴史的な日本メーカー初の「厚底スパイク」であり、ミズノ史上最強の反発力をもつというこのモデルですが、この時代のトップ選手はすでにナイキ・アディダスにどっぷり!! さらにはミズノの選手ですらXブラストではなく別の特注モデル(インクスの厚底版)を履くというなんとも残念なスパイクなのです。 ってことで今回は ミズノ『Xブラストネオ』レビュー!!ガチガチプレートと厚底がもたらす反発力は別次元!! をご紹介。 いよいよというタイミングでミズノがリリースしたのは誰もが望んでいた「インクスの厚底版」ではなく、この『Xブラストネオ』なる謎のモデル。管理人も最初は「これじゃねぇ...」っと思わざるを得ませんでした。 スペック的には重量がかなりあり、さらに値段は3万弱。ナイキ・アディダスがあるなか、あえてミズノを選 ...

あまりシェアが高くないようですが、管理人はエックスシリーズのプレートをかなり気に入っています! なかでも、柔軟性が高くて足への負担が少ない『Xレーザー』は、練習から試合までを1足でこなせる理想的な中級者向けスパイクなんです。 ってことで今回は 【スパイクレビュー】 Xレーザーエリート2は「高い柔軟性」と「適度な反発」で中級者におすすめしたいスパイクだ!! をテーマにご紹介。 日本メーカーの中級者向けスパイクといえば、アシックスのサイバー/SPブレードが定番だし、管理人もおすすめを聞かれたらブレードを紹介しています。 でも、管理人が実際に履いて「これいいなぁ...」っと思うのは今回ご紹介する『Xレーザー』なんです。他の上級者向けスパイクと比べても遜色ない履き心地や接地感覚を持っていて、それでいて足への負担が軽い。 サイバー/SPブレードを越えるようなポテンシャルを持ちながらも、全然評価を得て ...

【2024年2月更新】 事件は2021年。 それまでミズノの中・上級者向けシリーズだった「ジオシリーズ」が廃止され、かわりに「エックスシリーズ」がラインナップされました。 この「Xシリーズ」は特殊な技術で同じ形状ながら硬さの異なるいろんなスパイクを作れるという画期的なものだそうその詳細は特許なので誰でもみることが出来ます(特許6903088)。 で、 ミズノは同じプレートで見た目がそっくりなのに性格が違うスパイクをリリースしまくってしまうのです! その結果、Xシリーズはどれを選べばいいのかわからない!! ってことで今回は ミズノ『Xシリーズ』の違いはなに? 「ブラスト」と「レーザー」 「エリート」と「ネクスト」 さらには「厚底」と「薄底」では何がどう違う? をテーマにご紹介。 管理人はXシリーズをけっこう気に入っていて、3足買っています。 Xシリーズは見た目はそっくりでも履き比べると全然違 ...

管理人、『Xレーザーエリート』と『Xブラストネオ』を新たに購入しました。 で、それぞれのレビュー記事を執筆中なのですが、Xブラストネオがすごかったのでとりあえずそのすごさを伝えたくて先にこの記事を書きました。 ってことで今回は Xブラストネオはすごいスパイクだから在庫あるうちにかったほうがいい!! っていうお話です。 正直言って、Xブラストネオが出たときにはこれじゃない感ありましたし、誰もが飯塚選手が履いてるインクスの厚底バージョンを望んでいたことでしょう。管理人も厚底インクスがいいです。 しかし、Xブラストネオはこれはこれでいい!! これじゃないとか言ってごめんなさいミズノさん。 今回はファーストインプレッションってことでさわりだけ。今回は取り急ぎそのすごさだけご紹介します。 詳しいレビューは別記事で書きますので詳細はそちらでお願いします。     2022年モデルは ...

自慢ですが、管理人は元7mジャンパーです。 現役時代はミズノだけを履き続けていたのですが、趣味でやるようになってからはアシックス・ナイキ・アディダスの幅跳びスパイクをそれぞれ実際に使って履き比べたりしています。 そんな管理人が声を大にして言いたいのは... 幅跳び専用スパイクを履けば50cmは記録が伸びる!!っていうこと。兼用オールラウンドスパイクで幅跳びをしているなら今すぐに専用スパイクを買いましょう。 とはいえ、上級者向けなイメージの強い幅跳びスパイクはどれを買ったらいいのかイマイチ分からない。 ってことで今回は 幅跳び専用スパイクのおすすめはどれ? をテーマにご紹介。 アシックスは不良品を出して自主回収になっていたのですが2022年には改良版が手に入るようになりました。さらには巨人ナイキがエアズーム搭載の次世代モデルをリリース!! そんなことで2022年はミズノ・アシックス・ナイキ・ ...

陸上のスパイクには初心者向け、中級者向け、上級者向けの3種類があります。 多くの場合は初心者向けのオールラウンドスパイクから始まって、中学後半や高校になると中級者向けのスパイクにステップアップすることでしょう。高校の部活で競技を終える選手だと上級者向けスパイクを一度も履かずに引退することもあるはず。 そんなことで、陸上部で一番履いている人が多いのが中級者向けスパイクで、販売量も多いのでメーカーも力を入れて作っています。そのため、中級者向けスパイクはモデルごとに特徴があって、どれを選ぶかで競技人生が大きく変わってしまうかも? ってことで今回は 中級者向けスパイクの選び方 をご紹介。 中級者向けスパイクは種目によって構造が大きく変わり、走り方によっても最適なスパイクが変わります。 そして、見た目や値段だけでなく『自分に合ったモデル』を選ぶことが中級者向けスパイクを選ぶうえでは非常に重要です!! ...