ランニングブームもそろそろブームというよりフィットネスとして定着した感があります。 ブームに乗れなかったミズノと、ブームには乗ったものの海外勢に押し出されたアシックス。ブームを契機に日本市場に定着した海外勢。 箱根駅伝ではヴェイパーフライが繁茂し、上位はほぼ海外ブランド。かつてはシェアを独占し、スポンサーのはずのミズノのシューズなんかほとんどテレビに映らないほどに変遷した昨今のシューズ事情。 そしてそんな動向とはあんまり関係ないトラック競技者向けモデルたち。 2019年のトラック向けのアップシューズを中心にラインナップを整理します。 アシックス編はこちら(2019年アシックス) 過去の事情はこちら 2018年(ミズノ・アシックス) 2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー) スパイクの事情はこちら 2019年(ミズノ・アシックス) 2018年(ミズノ、アシックス) 2017年(ミズノ、 ...

なんやかんやで市民ランナーの絶大な支持を集めるアシックス。海外の勢いに押されてはいますがいまだに存在感はあります。 2018年にはターサー35周年で特別色が出ましたが、三村さんという靴職人がいた時代のいわば黄金期であった高橋尚子、野口みずきと、なぜか桐生をフューチャーしたモデル。 ナイキのデザインに比べるとアシックスはあきらかにダサい。それもあってか、下位モデルではナイキっぽいデザインの商品も出て来ました。 それでもやっぱりアシックス。上位モデルは履けば良い。 陸上に使えそうなモデルを中心に紹介します。正直、あんまり変わってない。 ミズノ編はこちら(2019ランシュー事情ミズノ編) 過去の事情はこちら 2018年(ミズノ・アシックス) 2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー) スパイクの事情はこちら 2019年(ミズノ・アシックス) 2018年(ミズノ、アシックス) 2017年(ミズ ...

お正月といえば箱根駅伝。 戦国時代と言われて久しい箱根ですが、2018年の箱根駅伝ではいつもとちょっと違う事が話題になりました。 それは、シューズのシェア。 昔からのマニアックな箱根駅伝の観かたのひとつに、靴やユニフォームの提供メーカーを数えるというものがあります。長い長い駅伝を飽きずに観るためのひとつの手段なのですが、2018年はその観かたが一部で脚光を浴びています。 2018年の箱根のシューズは、『ナイキ対ニューバランス』あるいは『厚底対薄底』の時代の幕開けともいえる大きな変換点になりました。これほど一気にシェアが動いた年は過去にないと思います。 これは箱根駅伝のみならず、陸上界全体に波及する可能性のある大きな出来ごとかも。 (数字は数えた結果なので違ったらごめんなさい)   年代別シューズのだいたいの流れ シューズのブームは年代によって色々あります。ザックリふり返っておくと ...

秋から2018年モデルが出始めています。 ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。 トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。 モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照... ミズノは『ミズノ編』をご参照...   アシックス 依然としてミズノよりも人気があるが、海外勢の方に押され失速気味。カラーバリエーションを増やしたりマイナーチェンジをしてごまかしてはいるが、最近はこれといった動きがない。 ①ターサージャパン(マイナーチェンジ) ②ターサージール(5→6に) 今回は上記2つのモデルにを紹介。 ターサージャパン   ¥17,280 (税込) アシックスのフラッグシップモデルで日本製。 201 ...

毎年冬になると、各メーカーから新作スパイクが発表されます。 2018年は世界陸上もオリンピックも開催されない穴の年ですので各メーカーあまり活発ではありません。   ミズノ ほとんどが色違いで継続。トラックのジオシリーズはアッパーが変更になった。 ジオサイクロンが廃盤になり新しくジオバーサスが発売。 クロノシリーズ オニキス(継続) インクス9(継続) ディスト7(色違い) ジオシリーズ(トラック) スプリント4(アッパー変更) サイレンサー9(アッパー変更) ジオストリーク(変更?) ジオバーサス(NEWモデル) ジオスプラッシュ(色違い) 初心者向け シティウスウイング2(色違い) ブレイブウイング3(色違い) フィールド HJとJTが2になった。他は継続。 ジオバーサス ¥ 18,900 (本体¥ 17,500)、約175g(26.0cm片方) 2018年1月発売   ジオサイクロンの ...

秋から2018年モデルが出始めています。 ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。 トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。 モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照... アシックスはこちら(アシックス編)     ミズノ アシックスにシェアをリードされ、近年は迷走状態にあります。 新作を見ても迷走はしばらく続きそうです。 ①ウェーブエンペラージャパン(2→3に) ②ウェーブエンペラー(2→3に) ③ウェーブシャドウ(Newモデル) ④ウェーブライダー21(20→21に) 今回は上記4つのモデルにモデルチェンジがありましたので紹介します。 ウェーブエンペラージャパン3   ¥18 ...

オリンピックも世界陸上もない2018年。スパイク市場も全体的に動きがない様子。 2018年各社から出ているスパイクをまとめました。   ミズノ 初心者向け ブレイブウイング3 ミズノのボトムライン。去年から色が変更になっただけ。   シティウスウィング2 これも去年から色が変わっただけ。必要性に疑問。   中級者向け ジオスプリント4 ショートスプリント向け。アッパー変更でかっこよくなった。   ジオサイレンサー9 100~400m向け。アッパー変更。   ジオストリーク3 400~800m用。アッパーが変更。もうぱっと見ではジオシリーズは全部同じにみえる。   ジオスプラッシュ6 長距離用。色が変わった。   ジオバーサス ジオサイクロンが廃止になって後継として登場したNEWモデル。中途半端。     上級者向け クロノオニキス ミズノのフラッグシップ。3万5千円もす ...

相変わらずのランニングブームです。各メーカーそれぞれが10種類くらいはシューズを出しています。 ドル箱市場。長距離ランナーには最高の時代でしょうが、短距離ランナーにとってはどれを選べばいいのかわからない状況でしょう。 そんな大賑わいな2017年のランニングシューズ事情。 ラインナップが多いので、陸上競技的に使えそうなやつをピックアップ。 マラソンの場合はアスファルトを走るのでソールのクッションが大事ですが、陸上で使う場合にはタータンなのでクッション性はあんまり重要ではなく、大きなパワーをかけるのでアッパーのほうが大事。初心者用みたいに分厚いアッパーだとブレすぎてダメです。薄めなアッパーを選びましょう。 5段階で個人的評価を導入してみました。あくまで参考に。     ☆ミズノ☆盛り返してきた? 去年まで売り場ではアシックスに押されていた印象のミズノですが、今季はわりと盛り ...