<スパイクレビュー>NB、アディダス、ナイキの短距離スパイクってどうなの?

NB、アディダス、ナイキのスパイクはどう?

陸上のスパイクを作っていてそれなりのレベルにあるのはミズノ、アシックス、ナイキ、アディダス、ニューバランス、プーマ、サッカニー、ブルックス、アンダーアーマーあたりだと思われます。
日本では一昔前まではミズノ、アシックスしかほぼ売られておらず2強状態。海外メーカー製のスパイクを履いているのは契約しているごく一部のトップ選手だけでしたが、最近ではナイキ、アディダス、ニューバランスであれば一般人でも普通に買えるようになって来ました。

 

 

海外3メーカーのスパイクを比較

わたくし、ナイキ、アディダス、ニューバランス(以下NB)の3メーカーのスパイクを購入しました。
学生であれば1足を大事に履くものかと思います。私も現役時代は3年に1足くらいしか買っていませんでしたし、そんなに買い替える必要を感じませんでした。
今年もナイキを1足買っただけで終わりかと思っていたのですが、アディダスとNBを衝動買いしたのです。

これはひとえに大人の財力のなせる技です。

  • サイズ感
  • 足幅
  • プレートの感触(硬さ)
  • ピンの感じ
  • 履き心地

上記のあたりが海外メーカーに手を出すに当たって気になる所かと思いますので、個人的感想でご紹介。
今回はモデルごとの細かい比較ではなく、メーカーごとの大まかな違いについて紹介します。

比較したモデル

ナイキ、アディダス、NBと言ってもスパイクの種類は様々ですので、どのモデルを比較するかによって全然言ってることが変わります。今回ラインナップの中ではNBだけがちょっと軟らかいモデルになります。

ナイキ

 
[ナイキ] ズーム JA フライ3

ズームJAフライ3』をメインに、ちょっと前のモデルである『ズームセラー』も含めて2モデルを想定しています。どちらも短距離向けモデルで、200mがメインターゲットといったところだと思われます。あとは『TJエリート』という三段跳のモデルを持っていますがこれは毛色が違うので今回は出て来ません。

アディダス

 『adizeroアクセラレーター』という、400mまで対応として売られているモデルです。超前傾が特徴的なスパイクで見た目的にも履いた感じでも、とても400mまで使えるとは思えません。短短特化モデルだと思って買いました。見た目から明らかに硬そう。幅跳用のモデルも持っていますが、そちらとはだいぶ印象が違います。幅用は今回は出て来ません。

NB

買うつもりなかったのですが衝動買いしてしまった『SD100v2』のたぶん旧モデル。正確な名称はわかりませんが、SD100のシリーズです。プレートは短く、ピンも少ないのでロングスプリント系のスパイクだと思われます。足首をつつむニットが特徴的で、ナイキアディダスと違ってこれだけは足に優しいモデル。

サイズ感

ミズノ・アシックスでは27.5cmを履いています。これを基準に。

ナイキ

28cmです。巷ではワンサイズ大きいものを選ぶと良いと言われていますが、その通りで0.5大きい28cmでピッタリな感じです。もう1サイズ上げても良いくらいかも。三段用も28でちょうど。

アディダス

27.5cmです。アディダスは足長が長いのでワンサイズ下げた方がいい場合もあるそうですが、私は同サイズでした。たしかに幅の割には長い感じがします。幅用も27.5でちょうどでした。

NB

28cmです。このモデルはアッパーがかなり軟らかくて超ぴったりフィット系なのですが、27.5だと多分つま先がいたくなります。もうワンサイズ上げるとブレそうなので0.5アップがちょうど良さそう。

サイズ感まとめナイキ、NBは0.5~1.0アップ。
アディダスは同サイズだけど幅次第。

 

 

 

足幅

ミズノでちょうど、アシックスだと甲が高くて指のところが広い感じがします。

ナイキ

ちょっと狭い。ワンサイズ上げているにもかかわらずプレートから足がはみ出そう。土踏まずはかなり上がっているので、へん平足だと履けないかもしれない。

アディダス

明らかに狭い。そして長い。そのくせ土踏まずはかなり低い。特に足囲の部分(指の付け根のところの周)がかなり狭いので、足長と足囲の関係によっては全然サイズが合わない人も多いと思う。甲高な人はたぶんダメ。

NB

かなり普通。モデルが優しいやつだからかもしれないけど、国産モデルと比べて特に細くも広くも感じない。超個性的なルックスに反して、履いた感触はピカイチ。

足幅まとめ足幅:アディダス<ナイキ<NB
アディダスは幅狭じゃないと全く合わないと思う。ナイキは支障はない範囲だけど幅広の人にはきつそう。NBは普通。

 

プレートの感触(硬さ)

ミズノは硬め、アシックスは軟らかめな印象。

ナイキ

JAフライ3ズームセラーもいわゆる硬いモデルで良いと思う。国産のフラッグシップクラスと同等の硬さと反発がある。履くと実際の硬さよりも硬く感じるが、乗った時の反発感は独特。スパイクに合わせた走り方をした方が走れる感じで、うまく乗れないとスパイクだけが跳ねる感じになり国産のような懐の深さはない。ただ、足が勝手に回る感じは他のメーカーよりも強い

アディダス

硬いなんてもんじゃない。手で曲げるなんて不可能なレベルだし、実際履いても硬い。アクセラレーターに関しては支え台的な構造物があるため、靴の形のまんまのつま先立ちになる。フラット接地なんて構造的に無理だ。体重のあるパワー系のスプリンターでなければ違和感しかないと思うが、その分反発はケタ違い。靴に合わせた走り方ができれば非常に頼もしい。試着でジャンプするだけで勝手に前に進んでしまうほどの傾斜とそれを支えるだけの硬さを持った超個性的なスパイク。優しさは全くない。

NB

SD100がロングスプリント系なのもあって明らかに軟らかい。手でもぐちゃぐちゃ曲がる。走って負担は少ないが、引き換えに反発も少ない。上記の2モデルと直接比較するのはちょっと違うかもしれないが、国産中級モデルであるジオサイレンサーやサイバーブレード(SPブレード)と比べればNBの方がアッパーが良い分楽にスピードに乗れる感じがする。
そして何より、軟らかいのにクッションがないというのがこのシューズの特徴だろう。国産にありがちな『スポンジが邪魔』っていう感触は全くなく、トラック自体のグニョンっていう感触が直接伝わってくる独特な走り心地。個人的には相当気に入った。
走りやすさは過去のどのシューズよりも上だ!!

プレートの感じまとめナイキはうまく走ればうまく反発してくれる。
アディダスはスパイクが前に走らせてくれる。
NBは国産と同じように使える。

 

履き心地・フィット感

ミズノ・アシックスはずっと履いていても痛くならない。

ナイキ

JAフライ3に関して言えば最悪と言って過言ではない。とにかくアッパーが悪い。立っても痛いしブレーキをかけても痛い。ただ、プレートは意外としなるので走っている時の疾走感は相当良い。が、止まるとすぐ足痛い。靴を履いたまんまのレストをとってレスト明けに走りだそうとしたら痛くて走れないくらい痛い。もはや足にあってないんだと思うが、試着だけだと良い感じに思えてしまうからわからないものだ。かかと周りの形がエグいので人によっては靴ずれになるかも。
ズームセラーはそれほど悪くなかったけど。
ナイキは履き心地は悪いが走り心地は良い

アディダス

アッパーが丈夫でプレートも硬いのでガッチリ感がすごいが、そのわりにかかと周りが低くて軟らかいので脱げそうな感覚がある。特にアクセラレーターは前足部にベルトがあるので、前足部とかかと部のがっちり感の違いが不安を増幅させる。実際には脱げないが違和感はある。

NB

SD100をはじめとしたNBのモデルの多くは足首のニットが採用されており、ベロから足首までがやわらかニットでフィットする。靴下を履いてる感じで、フィット感は今までに履いたどの靴よりもある。もう全部のメーカーがこのアッパーにした方がいいのではないだろうか?靴紐は締めなくても大丈夫な勢いで最高のフィット感を得られる一方で、履くときには入口が狭くいせいでめちゃくちゃ履きにくい。人によっては足を入れることすら出来ないかもしれないレベルで、頻繁に脱ぎ履きする気にはなれない。

履き心地まとめナイキに履き心地を求めてはいけない。
アディダスは独特。
NBのアッパーは世界最高だ!!
 
 
 
 
そんなところでしょうか?
現役時代は国産ばっかり履いていたので、やっぱり海外スパイクに対する偏見はあります。そしてその偏見は概ね間違っていないことが分かりました。
現代でこのレベルなので、10年以上前はもっとめちゃめちゃだったんだろうと想像しますが、合う人には合ったんでしょう。
実際に海外スパイクを買ってみて、履いてみて、私のスタンスは以前とは変わりませんでした。
『本気ならアシックス(ミズノ)』
です。
遊びで履く分には海外スパイクもいいですが、もし私が部活生であったら絶対にミズノを買います。
今は海外スパイクブームですが、たぶん数年で落ち着いて国産2強に収束するんじゃないかなぁ?
ただ、海外スパイクは国産よりもコスパは良いので練習用なら賢明だと思います。
インクスを試合用にして海外メーカーを練習用にするのがコスパ最強だと思う!!
 
ジオシリーズの違いはこちら

スパイク事情はこちら
2019年(ミズノアシックスNBアディダス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ランニングシューズ事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノ・アシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー
初心者(基礎編市民ランナー編陸上初心者編