【陸上スパイク】ピンの長さは何ミリがいい?短距離も7mmの時代!?

スパイク, スパイクピンいろいろ

Twitterもありまぁす↓

スパイクにこだわる陸上選手は多く、トップ選手ともなればプレートの硬さやアッパーを特注することもできます。しかし、一般の選手はさすがにそこまではできません。
そこで、ピンの長さを変えてスパイクをカスタマイズすることでスパイクを自分好みに調整することで自分の走りとスパイクを合わせるのが一般的です。

ってことで、今回は
ピンの長さは何ミリがいいのか!?
というテーマでご紹介。

ピンの長さを変えるとスパイクの特性も変わるため、何ミリピンを使うかでタイムも多少変わるはず。では、何ミリピンを付ければいい?
かつては『アタッチメント』をつけることで傾斜をつけてみたり、つま先に『Vピン』をつけてグリップを上げるようなカスタムが多かったのですが…現在はそんなことをやっている人は絶滅しました。
最近の主流は短いピンで接地を短縮!!です。

ピンの形状は「二段平行」、「グリップ(ツリー形と錐形)」、「ニードル」がありますが、形状についてはこちらの記事で紹介しています↓

 

 

【結論】
短距離は7mmピン!初心者なら8mmピンを使え!

長くなるので最初に陸上ch的結論を伝えると…
短距離なら7mmピン、初心者なら8mmピンを使っておけ!!

異論はあるでしょうが、管理人がおすすめするのは7mmか8mmです!跳躍なら9mmです。
色々書いてますがこの結論にたどり着くっていうことを頭に置いて今回の記事を見ていくと言いたいことが伝わりやすいと思います…

ちなみに、平行ピン(シルバーピン)はミズノでもアシックスでも互換性があるので、アシックスのスパイクにミズノのピンを入れて使えます(カラーピンはアタッチメント用なのでネジ山が合わないので注意!!)。
また、今回は『長さ』に注目していますので、形状についてはあえてあまり触れません。

 

ピンの長さの基本は…
『長いほどパワフル』『短いほど抵抗が少ない』

まずは、ピンの長さを選ぶときの基本情報からご紹介。
・長いピンはパワーがかけられる→【短距離向き】
・短いピンは負荷・抵抗が少ない→【長距離向き】
これが基本中の基本です。
長い方が接地時間が長くなるため力が加えやすくなり、短い方が接地時間が短くなるので抵抗が軽くなります。
つまり、長いほどパワー系短いほどスムーズになる

基本としては…
9mm⇒『反発』重視のストライド型
8mm⇒バランス型
7mm⇒『抜け』重視のピッチ型
5mm⇒中距離向き
3mm⇒長距離向き
こんな認識で良いと思います。
ピンが長いほどスピードが出やすいけど疲れやすく、ピンが短いほどスピードは出にくいけど疲れにくいっていうのがピンの基本的な考え方

また、「距離」「筋力」「タータン」に注目して選ぶ考えもあります。

「距離」が短いほどピンは長くなる?

100mと400mを比べた場合には、100mだと長いピンを使って400mだと短いピンを使う場合が多いです。それはピンが長いほど抵抗が増えて後半がきつくなるから。
いほど高反発・高負荷=ショートスプリント向き
短いほど低反発・低負荷=ロングスプリント向き
っと思っておいて問題なし。
そのため、7mmか8mmかで迷ったら100mなら8mmを、400mなら7mmを選べば大丈夫。200mは知らん。

また、特にこだわらないのであれば距離に関わらずスパイクの出荷時に付いているピンと同じ長さを使えば問題ありません。(短距離用は8mmが多い?最近は7mmのスパイクもあります。)
基本的には出荷状態で付いている長さのピンがそのスパイクと一番相性が良いはずです。

中距離なら5mm、長距離なら3mm

ピンが長いほどパワーが必要ということは、長距離になるほどピンも短くなっていきます。
中距離なら5mm、長距離なら3mmを使う人が多いということも頭に言えておきましょう。
3000mSCはグリップが必要なので5mmの場合も多いのですが、長距離用の固定ピンスパイクである『クロノディスト』は3mm固定ピンです。
ただし、取替え式のスパイクに3mmをつけるとプレートの滑りが気になることもあるため、そういう場合には長距離でも5mmで良いと思います。
まあ、管理人は長距離のことはあんまり知りません。

跳躍なら9mm二段平行がおすすめ

跳躍種目の場合は『1歩だけでどれだけ大きなパワーを出せるか』が重要なため、ピンは長くて多いのが普通です。高跳びは11mmの使用が認められているほど。
ピンが長いほど刺さる部分も増えるのでグリップが良くなり、大きな力を加えてもロスなく反発を受けることが出来ます。
そのため、跳躍の場合は9mmの二段平行を使うのがおすすめ
短いピンだとたしかに助走はスムーズにはなるものの、踏み切りが弱くなりがちです。また、幅跳び跳三段跳びは踏み切り板が木でできているため短いピンだと滑って危険かも。
ちなみにミズノの「フィールドジオLJ」は9mmピンでアシックスの「ロングジャンププロ3」は8mmピンです。
ハードルも9mm二段平行を使うのが良いと思う。

 

 

「筋力」があるほど長いピンを使う?

短距離は大きなパワーを短時間で発揮する必要があるため9mm、8mmといった長いピンを使った方が速いことが多いです。
そのため…
100m・200mなら男子は9or8mm、女子は8or7mmを使用し、400mなら7mmという場合が多いです!!

筋力がない選手の場合はピンが長すぎると刺さり切らなくて反発が使えないこともあるでしょうし、筋力がある場合には短いピンだと滑る感じがするかもしれません。
考えれば当然ていうか、筋力に応じて扱えるピンの長さも変わります。
また、体重80kgの男子と体重40kgの女子なら押しこむことのできるピンの長さも変わります。
跳躍の場合は1歩にかかる力が大きいため女子でも9mmを使う場合が多いです。

 

「タータン」が硬いなら短いピンを使う?

ピンが刺さる相手はタータンですので、タータンの状態によってピンを変えるのは合理的です。
硬い、いわゆる「高速タータン」なら短めのピンを使い、軟らかい「チップタータン」なら長いピンを使う方が良いです。
まあ、いまどきチップってあんまりないですがね。
硬いタータンは刺さりにくいので長いと抵抗が大きくなるし、チップタータンだと短いとグリップ不足になる可能性があります。
また、気温が低いとタータンは硬くなるので、気温によって変えるって人もいます。

練習の時には短いピンを使うと怪我防止になる

長いピンは負荷が高いと言いました。ってことは、ピンを短くするだけで負荷を減らせるのでケガ防止にもなります
試合で8mmを使うなら練習では7mmにするとそれだけで1本多く走れるかも?
走った感触は多少変わるので試合と練習で感覚を変えたくないのであればそのままが良いと思いますが、そもそもスパイクを練習用と試合用で使い分ける場合もあります。

 

 

最近は「短距離でも7mmピン」が主流!

陸上ch的結論の1つ目は…
短距離なら7mmピンを使え!!
でしたが、ここでは7mmピンを使うべき理由をご紹介して行きましょう。

まず、最大のポイントは『フラット走法』の一般化です。
フラット走法っていうのは超ザックリ言うと『蹴らない走り』で、フォア接地に比べると接地が短くなる走法です。
で、短い接地を目指すのであればピンが長いと刺さったり抜けたりする時間が邪魔で抵抗になる!!
っということで、最近はスパイク自体がフラット化してきており、それに伴って短いピンを使うのが主流になってきています。

「短い接地」には7mmピンが最適か?

かつての『蹴る走り』では地面を強くキックするためピンが長い方が力を加えやすかったのですが、「フラット走法」に代表される『蹴らない走り』は足は置くだけで、できるだけ素早く切り返すことが大事です。
この「切返し」に注目するとピンが長いと抵抗が増えて回転が落ちるため、短いピンを使って接地のロスを少なくした方が理にかなっているといえます。
ってことで、一般レベルの選手がフラット走法を目指すなら7mmピンが最適!!だと思います。

「短い接地の走り」を目指すと「ピンレススパイク」に行きつくんだと思います。しかし、ピンが短いと接地は短くなるものの安定性がなくなって力がうまく伝えられないため走るのが難しくなります
これ大事。
で、普通の選手がパワーをしっかり伝えつつもできるだけ接地を短くできるベストなピンの長さは7mm!!
接地時間を考えるとピンは短い方が良いけど、短すぎると安定感が無くなる。そのバランスをとって行きつくのが7mmピンです。

サイバーブレードも7mmピンに変更された!

中級者向けスパイクの代名詞と言える『サイバーブレード(SPブレード)』ですが、2021年モデルからは従来の8mmだったピンから7mmへと変更されました。

だからなんだ?って思うかもしれませんが、中級者モデルのピンを短くするってことは「蹴らない走り」が中高生の間でもスタンダードになったってことを意味します。多分。
SP・サイバーブレードはそもそも傾斜のあるスパイクだしピンは8本もあるのでフラット走法向きではないのですが、メーカーはこれによってスムーズな移動が可能になると言っています。
出荷時のピンを短くすることで時代に合わせたというのはちょっと強引な気もしますががたしかに7mmを付けただけでピンの存在感が減って走りやすくなる感じはします。
管理人も一般レベルの選手はサイバーブレードを7mmにして履くくらいがちょうどいいと思います。
これより短いと力が伝えにくくなるので、中級者なら7mmが最適解だと思います。

「ピンレス」やジェットスプリントの「5mmピン」は上級者向け

フラット接地が行き着くのがピンレスの「メタスプリント」で、メタスプリントはトップスプリンター向けのスパイクです。
そして、これを一般レベルの選手でも扱えるようにしたモデルが「ジェットスプリント」でしょう。
2020年に発売された『ジェットスプリント2』5mm固定ピン4本という長距離スパイクのような構造が採用されています(前モデルは8mmピン+7mm固定ピン)。
ピンによるロスを最小限に!!っとはいえ市販モデルとして最低限のの扱いやすさを残しつつ練習でも使えるように耐久性の担保した結果が5mmピンってことなんだと思います。
ピンの考え方はいろいろあるんだと思いますが、アシックスは一貫した思想をもってモデルをラインナップしているのが伺えます。

フラット走法の習熟度が低いとどうしても蹴ってしまうため、5mmピンを扱うのは多分厳しいかな?っと思うので、サイバーブレードに7mmピンを組み合わせた方が合うはず。
技術のある上級者であればジェットスプリント2は最適なスパイクに成り得るはず。

 

 

接地時間で考えれば「ニードルピン」もあり

海外メーカーのスパイクは「ニードルピン」が標準で付いています。
今回はピンの『長さ』がメインですのであまり触れませんが、接地を短くしたいならピンを短くするよりもニードルピンにした方が手っ取り早い!!
ただし、日本メーカーのスパイクはニードルピン仕様になっていないため、ニードルピンを付けるとすっごい変な感じがしますので注意。
ニードルピンを使いたいならスパイクも海外メーカーに変えた方がいいと思う。

ニードルピンについては別の記事で紹介していますのでご参照ください。

 

 

 

初心者には8mmピンがおすすめ!!

陸上ch的結論2つ目は…
初心者には8mmピンがおすすめ!!
です。
一般には「ピンが長いほど負荷が高いので初心者は短いピンを使うのが良い」っと言われています。また、前述の通りで接地時間を短縮する為には短いピンの方が合理的です。

それでも陸上chが初心者におすすめしたい長さは8mmです!!

その理由は大きく2つあって…
①8mmピンは力を加えやすいから
②初心者向けスパイクに短いピンは合わないから
それぞれ詳しく紹介します。

8mmピンは初心者でも地面に力を加えやすい!!

一番最初で説明した内容は「ピンは長いほど力を加えやすい」っというもので、やはりこれがピンの基本です。
たしかにピンを短くすれば抵抗が減ってピッチを速くすることが出来るかもしれませんが、速く走る為に一番必要なのは『地面から大きな反発をもらう』ことです。
反発が少ないならピッチが上がっても速く走れるようにはなりません。
つまり、初心者が最初に目指すべきなのは強い力で地面に力を加えることで、力を加えやすいピンの長さが8mmなのです。

7mmピンでも力を加えることはできます。しかし、初心者のうちは蹴り出しの方向がズレたりしがち。ピンが長ければ雑に蹴って力の向きがブレたとしても高いグリップによって地面にしっかりと力を加えてくれます。

短い接地は大事ですが、それよりもまずは一歩で大きな力を出すことが必要です。これは別記事で紹介した「敗者のゲーム」的な考え方ですが、トッププロ以外は細かい技術を気にする前にもっと基本的な事をおさえるべきです。

そもそも初心者向けスパイクは「長いピン仕様」の構造をしている

エフォートのような初心者向け兼用スパイクには12mmの土用ピンが標準で付いています!!
ってことは、プレートの形状やソールも長いピンを使うことを前提にした設計になっています。
初心者向けスパイクは「兼用スパイク」と言われるように土で使うことが前提なので、土(アンツーカ)用ピンを付けたときにちょうど良くなっています。もちろんシルバーピンを付けても問題はないのですが、兼用スパイクにはアタッチメント用の凹凸があるのでシルバーピンだとピンの刺さりが浅くなります!!
そのため、実質的に1mmくらいピンが短くなると思って使った方がいいです。

実際、エフォートみたいなプレートが厚いスパイクに5mmピンを付けるとけっこう滑る感じがします。まあ、もともと12mmピンが付いているようなスパイクに短いピン付けたら相性悪いってのは考えればわかるでしょう。

ってことで、初心者向けスパイクをタータンで使う場合には8mmピンがおすすめ!!
7mmでもいいのですが、初心者向けスパイクは重くてソールが厚いのであえて7mmを選ぶメリットはないと思います。
また、9mmを付けても大きな反発がもらえるわけでもないので8mmがベストかな?

 

 

「ピンなんか気にならない」なら8mmで良い!!

まず、ピンが短いことで得られる最大のメリットは抵抗が減ることです。
ここが非常に大きなポイントで
『ピンに抵抗なんか感じたことないけど…』っていう人はそもそもピンを短くする必要はありません!!
ピンを短くすることには『反発が減る』のと『安定感が無くなる』というけっこう致命的なデメリットもあります。
100mの場合はトップ選手になると1秒間に4.5歩以上の超高速なピッチとなるので、「ピンによる抵抗」も気になるでしょう。しかし、部活レベルの選手がそこ気になるかね?
一般の選手でもピンを短くすれば足運びはスムーズになるかもしれませんが、それによって1歩1歩が弱くなってしまうなら本末転倒。
基本的には長いピンでしっかり地面を蹴った方がタイムが出るはずです。
接地がどうこうなんて気にならないなら標準の8mmピンのまんまで強い反発をもらえるようになりましょう!!

 

 

今回のまとめ

今回は『ピンの長さ』について紹介しました。
基本としては…
長いピン=高反発=短距離向き
短いピン=低負荷=中・長距離向き
となります。
短距離では7mm~9mmを使用するのが一般的で、パワーがあるほど長いピンが使えます。
で、管理人のおすすめは短距離なら7mm、初心者なら8mmです!!

こだわらないならメーカー出荷状態でスパイクに付いている長さのピンを使えば大丈夫。それがそのスパイクに一番合ったピンのはずです。
ただ、サイバーブレードのついては標準のピンが7mmに変更されるなど、短距離スパイクであっても最近はスムーズな動きを目指して短いピンを使う傾向があります。
一昔前は100,200mなら8mmか9mmを使う選手が多かったのですが、最近は100mでも7mmを使う人が多く、時代によってスプリント技術の流行も変わっていることがわかります。
特に、「フラット走法」は短いピンとの相性が良いため、行き着くところは「ジェットスプリント」の5mmピンからの「メタスプリント」のピンレスです。

ただし、トップ選手がピンを短くしているからと言って一般の選手でもそれが有効とは限りません。
そのため、一般レベルの選手であれば短距離なら7mmピンがおすすめ!
7mmであれば接地時間を短くしつつも力をロスしない走りが出来ると思います。

また、初心者なら8mmピンがおすすめ!
ピンは基本的に長い方が地面に力を伝えやすく、接地や蹴り出しが雑であってもしっかりと地面を押してくれますので、技術が未熟な初心者なら7mmより8mmの方が速く走れると思います。
また、使っているスパイクが初心者向けの兼用モデルでればピンが短いと滑っちゃうかも!?兼用スパイクをタータンで使うなら8mmピンがおすすめです。

ピンについては「長さ」以外にも「形状」もいろいろあってそれぞれの選手にこだわりがあったり、あるいはまったく気にしていなかったりします。
まあでも多分記録にはあんまり影響ありません。実際の長さより気持ちの問題の方がデカイ。
管理人もいつも通り試合を終えてスパイクを見たら1本ピンが抜けてたことがあります。






Twitterで更新をお知らせしています↓