女子1万mでまたも世界新!!ギデイが29分01秒03!!

記録速報, 大会結果いろいろ

Twitterもありまぁす↓


先日、オランダのハッサンが女子1万mで従来の世界記録を10秒以上も更新する29分06秒82の世界新を出したことを取り上げました。

そして、エチオピアの代表選考会が同じくヘンゲローで開催されたのですが…
なんとたった2日でまたしても女子1万mの世界記録が更新されたのです!!

 

 

ギデイが29分01秒03の世界新!!

エチオピアの代表選考会の1万mにレテセンベト・ギデイが出場。
ギディははこの種目で世陸ドーハ2位、2020年には5000mで14分06秒62の世界記録をマークした1998年3月生まれの23歳の選手で、東京五輪でも活躍が期待されています。

で、この大会で事件が…
ギデイが29分01秒03の世界新記録をマーク!!

ハッサンが記録を大幅に更新したたった2日後に29分を切ろうかと言う超大記録がうまれてしまったのです!!
王の記録は13年間も破られていなかったにもかかわらず、今回の更新はたったの2日!!

ギデイは5000mと1万mの両種目で世界記録保持者に!!

ギデイは1万mで世界記録保持者となったことで、昨年の5000mと併せて、長距離(5000m、1万m)両種目での世界記録保持者となりました。
両種目で世界記録を保持したのはイングリッド・クリスチャンセン(1986~1993年の間)以来2人目となります。

レースはこんな感じ↓


ギデイはレース後に『次は28分56秒くらいを目指す』という発言もしており、まだまだ伸び代がありそう!?

他のエチオピア選手達も超高記録続出!!

エチオピアの選考会では女子1万で世界記録が出ただけでなく、5000mでも超高記録が出ています。
1万mでは30分30秒切りが5名(ツェガイは世界歴代6位の29分39秒42)、5000mでは14分30秒切りが4名(世界歴代5,6,7位の記録が誕生)となり、他国の代表がどんなに頑張ってもかなわない超ハイレベルなレースが行われました。
長距離大国エチオピア、東京五輪では蹂躙するかも!?

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓