【2021年】男子200mの世界ランキングと日本ランキング

東京五輪選手紹介, 日本選手権

Twitterもありまぁす↓


2020年に開催されるはずだった五輪が延期されたことでまたもや五輪イヤーとなった2021年。
近年の話題の中心は100mですが、200mもおさえておかなければ短距離は語れません。

ってことで今回は
2021年版男子200mランキング(6月時点)
をご紹介。
日本選手権1日目終了(6/24)時点でのランキング。ちょいちょい最新版に更新していきます。

 

 

2021年男子200m世界ランキング

6月24日時点での世界ランキングをご紹介。

世界ランキング(6月24日時点)
順位 記録 名前 日にち
1 19秒81 +0.8 テレンス・レアード
Terrance
LAIRD
USA 5/27
2 19秒88 +1.6 ディバイン・オデュデュル
Divine
ODUDURU
NGR 4/29
+0.4 ケニー・ベドナレク
Kenneth
BEDNAREK
USA 5/28
4 19秒89 +0.4 アンドレ・ドグラス
André DE
GRASSE
CAN 5/28
5 19秒90 +0.7 ノア・ライルス
Noah
LYLES
USA 5/9
6 19秒91 +0.8 ジョセフ・ファンビュレ
Joseph
FAHNBULLEH
USA 6/11
7 20秒06 +1.7 マシュー・ボウリング
Matthew
BOLING
USA 5/15
8 20秒08 +1.7 ランス・ラング
Lance
LANG
USA 5/15
9 20秒10 -0.4 Shaun
MASWANGANYI
RSA 6/11
10 20秒11 +1.6 エリオン・ナイトン
Erriyon
KNIGHTON
USA 5/31

(6/24時点)
6/25から全米五輪選考会の200mが始まるため、100mまだアメリカの本気が見えていない段階。アメリカ以外のオデュデュル、ドグラスといった有力選手は順調に19秒台をマークしている。

 

 

2021年男子200m日本ランキング

世界ランキング(6月24日時点)
順位 記録 名前 日にち
1 20秒48 +1.4 飯塚 翔太 5/9
2 20秒57 +1.4 松本 朗 5/9
3 20秒59 -0.8 小池 祐貴 6/1
4 20秒60 +1.4 東田 旺洋 5/9
5 20秒61 +1.4 山下 潤 5/9
6 20秒71 +2.0 鈴木碧斗 5/23
7 20秒74 -0.8 植本 尚輝 6/1
8 20秒75 +1.7 井本 佳伸 5/23
9 20秒77 +2.0 デーデー ブルーノ 5/23
+1.7 三浦 励央奈 5/23
11 20秒79 +1.4 鈴木 涼太 5/9

(6/24)
五輪参加標準記録は20秒24で、有効期限内にこれを突破しているのはS.A.ハキームと小池祐貴(住友電工)の2人。2021年は6/24時点で標準突破者はいない。

2021年100m版はこちら↓






Twitterで更新をお知らせしています↓