【コスパ最強】フェリーのサングラスってどうなのか?

サングラス

Twitterもありまぁす↓

学生時代はなんともなかったのに、年を取ると夏の日差しが目に来てチカチカするようになってきました。
陸上・ランニングにおいてサングラスというのは『目を紫外線から守る』というほかにも『力み』を緩和したり『集中を高める』といった効果も期待できます。
男子200m優勝のドグラスなんかも夜なのにサングラスをして出場していることからも、短距離であってもサングラスは効果的なウェアといえるでしょう。

しかし、オークリーに代表されるメーカー品のサングラスは軒並み1万円を超えており、スポーツサングラスは2万円以上するものもザラにあります。そんなランニングサングラス界において異常な安さの商品があるのです。
ってことで今回は
2本で2480円!!コスパ最強フェリーのサングラスを買ったのでレビュー!!
アマゾンで買える激安サングラスのなかでもレビュー数が桁違いに多くて評価も高い怪しいサングラスを買ってみました。

 

 

アマゾンで2480円!!しかも2本入り!!フェリーの激安サングラス

アマゾンで買える激安サングラスのなかでもひときわ輝きを放っているのが『フェリー(FERRY)』のサングラス。
レンズが1枚に繋がっているタイプで、いわゆるレーダーのパクリ的なサングラスです。
レーダーっていうのはオークリーのスポーツサングラスで、陸上ならずとも自転車、野球やゴルフなど多くのスポーツで使われている、「スポーツサングラスと言えばコレ」っていう定番サングラスです。

レーダーは定価では2万円以上する高級品ですが、品質も非常に高く、ガチでやるならレーダー一択と言ってもいいほどのサングラス
どんなに激しい動きをしてもずれないので短距離・跳躍でも問題なく使えます。
視界も広くてゆがみも少ないし、そしてなによりカッコイイので陸上部員は大学生になるとみんなこれを買います。あまりにみんな使っているので管理人はこれじゃないやつを買ったほどにみんながみんなレーダー。
カラーバリエーションも非常に豊富なので同じ形なのに人とかぶらないというのもオークリーの素晴らしさです。
しかし、オークリーの欠点は『値段が高い』こと。趣味程度のランナーにとってオークリーを買うというのはかなり贅沢なことなのです。

で、管理人はオークリーの「ハーフジャケット」ってやつを使っていました。

個人的にはレーダーのほうがフィット感がいいので好きなのですが、ハーフジャケットでも十分にフィットするし軽いしさすがオークリーの品質をもっています。そしてレーダーより安かった。今は廃盤になってるぽいのですが、高品質なベーシックサングラスとしてハーフジャケットは優秀です。
そんなことで、ここからはフェリーの激安サングラスをオークリーのハーフジャケットを引き合いにだしながらレビューしていきます
ちなみに今回フェリーを購入しようと思ったのは、オークリーのミラーコーティングが剝がれてきて視界が悪くなってきたからです。

 

 

フェリーは安いけど問題なく使えるコスパ最強サングラス

フェリーの最大の特徴は2480円で買える!!(管理人購入時点)ということ。値段だけみればレーダーの10分の1です。
管理人が高校時代に陸上用に初めて買ったサングラスはユニクロのやつでしたが、走るとカパカパしました。今は世の中にスポーツサングラスと言われるものが数多ありユニクロでもそれなりのモノを売っている時代になりました。
それでも2480円というのはかなり安い部類になります。これだけ安いいととんでもないものなんじゃないか?っと思うのですが。
結論から言えば…
普通にランニングで使う分には問題ない!!
というコスパ最強なサングラスでした。

 

 

まさかのフレーム2本入り!!レンズも5枚ついてるぞ

これはよく意味が分からないのですが、スペアなのかフレームが2本ついてきます!
つまり、2480円で2本のサングラスが買えるということ。
1本に換算すれば1240円です
で、なんとレンズも5枚付属!!

2480円の内容物は…

  • フレーム2本
  • レンズ5枚(偏光スモーク,ミラー,クリア,ブルー,イエロー)
  • スポーツ用ストラップ
  • 首掛けストラップ
  • インナーフレーム(度が入れられるやつ)
  • メガネ拭きの布
  • ソフトケース
  • ハードケース

ソフトケースとフレームとレンズ1枚だけで十分だと思うのですが、フェリーは考えうるすべての付属品が最初からセットになっています。
別に黄色いレンズとか使わないと思うのでいらないっちゃいらないのですが、ついてくるんだから損はないはず。
ちなみに、フェリーというメーカーは他にも筋トレ用品を出していて、管理人も手首に巻くリストラップを持っています。あれもめちゃくちゃ安かった。

 

 

ノーズパッドが動くからでかなり幅広くフィットを調整できる!!

サングラスは欧米人向けに設計されている場合には花の低い日本人には合わない場合も多く、オークリーも例外ではないいのですが、フェリーのサングラスはノーズパッドがに針金(?)が入っていてグニャグニャ曲げることができます

決して肌障りの良いパッドではないのですが、これによって眉毛がフレームに当たったり遠すぎて隙間から光が入ってくるようなことはなく、普通に違和感なく使用することができます。
また、汗をかいても特別滑るということもありません。オークリーのようなフィット感はないものの、実用上は十分な性能を持っていると言えるでしょう。

ちなみにオークリーのハーフジャケットのノーズパッドはこんな感じ↓

オークリー(ハーフジャケット)はノーズパッドの調整ができないものの、鼻でささえるのではなくフレーム全体で顔にフィットするのでフィット感で言えばオークリーのほうが良いのは間違いありません。
ただ、オークリーは鼻や顔の形によってフィット感に差があるので調整ができないというのはけっこう致命的な欠点だったりします。

 

 

イヤーソックスは良くはないけどズレるほどではない


イヤーソックスっていうのは耳にかけるぶぶんのこと。スポーツサングラスは鼻だけでなくイヤーソックスが頭にフィットすることでズレにくくなっています。
オークリーはイヤーソックスが柔らかくしなって頭に沿ってフィットするためものすごくフィット感がいいのですが、フェリーはゴムのなんの変哲もないグリップです。
比べればフィット感には桁違いの差があるのですが、だからといってフェリーがズレるかといえばそんなことはありません。
オークリーは本当にプロが試合で使えるレベルのクオリティなので、素人レベルなら完全にオーバースペックなんです。いいものを突き詰めればオークリーのほうが良いのは間違いありませんが、そこまでの質が必要か?といえば疑問です。
少なくとも、フェリーであっても8月に汗だくになりながら5Km走っただけではズレませんでした。試しに首を振ったり下を向いたりジャンプをしたり…そういうことをやってもずれることはなかったので実用上は特に問題はないでしょう。

 

重さは31.5gで重いっちゃ重い

家にあったTANITAで計ってみるとフェリーは31.5gでした。比較したオークリーは23.5gでしたので10g弱の重量差があります。
とはいえ、手で持った感じやかけてみた感じではその違いは正直言ってよくわからない…
オークリーのほうが質感が高くてしっかりしているのでここまで実測で差があるとは思いませんでした。
普通にランニングしたりダッシュした限りではフェリーであっても特に不快に思うようなことはなかったのですが、フェリーからオークリーに付け替えるとやっぱり軽量感はちょっと感じますね。
これは直接比較したからなんとなくわかるという程度なので、フェリー単体で重いという印象はありませんでした。

 

 

ランニングにはフェリーで十分!!だけど自転車などではオークリーを使いたい

ランニングとダッシュで使った限りではフェリーのサングラスで特に不満はありませんでした!!
っというか、値段を考えると許せる程度の欠点しかないように思います。
多少重くても、多少フィット感が悪くても「この値段なら全然許せる」範囲です。これがもし1万円だったら返品するかもしれませんが、2480円で2本ついてきたと思えば何の不満がありましょうか?
ただ、それはあくまでランニングという用途だからです…

『眼を守る』ならオークリーなどの大手メーカーじゃないと不安すぎる!!

サングラスの最大の用途は『まぶしさを低減する』ことですが、同時に『紫外線から目を守る』『飛来物などから目を守る』という重要な役割があります。
陸上の用途だと競技場やランニングコースが多いのでそもそも安全性が高いですし、ランニングなら速度が低くて目が物理的な危険にさらされるということはまずありません。
しかし、自転車や球技ではどうでしょう?
自転車だと出っ張っている枝が目に入りそうになったり、転倒してサングラスが割れるような衝撃が加わったら…
眼を守るということを考えると謎の中華製サングラスを信頼することなどできません!!
じゃあ大手なら大丈夫なのか?っといえばそんなことはないんでしょうが、その安心感がメーカーのブランド力と言えます。
オークリーであれば突起物をぶつけるテストなどをしているそうなので、安心を買うという意味でも自転車で使うならオークリーでしょう!!
っていうか、目を守る目的であればフェリーを使うのは不安すぎる。
そもそも、紫外線もどのレベルでカットできているか信用できないので、大丈夫だとは思うけどまぶしくないけど紫外線で目が痛くなるなんてこともあるのかもしれません。
そういう安心を担保したいのであればオークリーなどの大手メーカーを買ったほうが幸せになるはず。

 

 

フェリーも一応UVカットにはなっている

不安とは言ったものの、現代において商品説明に嘘があるっていうことはあんまりないはず。
フェリーは一応「UV400」レンズで、スモークは「偏光スモーク」と書いてあるので一応紫外線をカットしていてスモークは偏光レンズなんだとは思います。これがどこまで信用できるものなのかはわかりませんが、そこはアマゾンを信じるしかありません。
サングラスに機能性を求めるならオークリーを買うべきです。それが一番安心だし、長い目で見ればかえって安上がりでしょう。
しかし、「まぶしくなければそれでいい」のであればフェリーで十分。自転車で使いたいとは思いませんが、夏のランニングで使うためならフェリーで十分。

 

 

~まとめ~ランニング用途ならフェリーはコスパ最強でおすすめできる!!

フェリーのサングラスはアマゾンで2480円という文句なしの格安サングラスです。
安いものは品質も悪いのがふつうですが、このサングラスはコスパという意味では最強と言っても過言ではありませんでした。
実際に買って夏の暑い時間帯にランニングやダッシュで使用した感想としては…
最高ではないけどつけていて違和感はないし特になにも不満はない!!
っていう感じです。
スポーツサングラスとして最高級のオークリーと比べれば重さがあってレンズの質も悪いのでしょうが、直接比較してもそれほど大きな差は感じませんでした。
プロであればオークリーを選ぶべきだし、自転車などで使うなら『安心を買う』という意味でも値段が高くてもオークリーのほうがおすすめです。しかし、素人が趣味の範囲でサングラスを購入するのであれば、とりあえずフェリーを買っておいた方が幸せになれるはず!!
っというのも、フェリーはなんといっても値段が安い!!
フェリーはオークリーの10分の1の値段で買えるにもかかわらず、満足度は10分の1というわけではありません。趣味でやるのであれば、オークリーを買うお金でスパイクを買った方が、あるいはランニングシューズを買った方が満足度は高いはずです。そもそもサングラスなんてものはなければないでなとでもなるもので、絶対に必要なものではないはず。
趣味という枠でお金を使うなら、オークリーよりもっと他に買うべきものがあるでしょう。
ただ、フェリーのサングラスに関しては買って損はなし。だって2480円だから。
ビールをちょっと我慢すれば買える値段でサングラスが手に入るのだから、誰にも文句言われないはず。
安いけど眩しさを軽減してくれてUVカットで目への負担を減らしてくれるし、激しく動いてもずれることがないサングラス。それがフェリーです。
フェリーのサングラスはコスパという評価をすれば最強です!!おすすめ!!
っとここまでが今回のお話。

フェリーはコスパ最強なので買って損はありません!!

しかし、ランニング界にはもっとおしゃれでちゃんとしたコスパ最強サングラスがあるのです。
それが『グダー(goodr)』のサングラス。
本当のコスパ最強はフェリーなのか?それともグダーなのか?そのうちまとめようと思います…






Twitterで更新をお知らせしています↓