単純なスポーツである陸上競技ですが、よくわからないパーツがあります。 それがレジナスガードやアタッチメントと呼ばれるパーツ。これらはスパイクに土用ピンを付けるために使うパーツなのですが、その必要性や役割とはいったいなんなのでしょう? また、土用ピン(アンツーカピン)とタータン用ピン(平行ピン)の違いも最初はよくわからない。 今回は、基礎知識としてスパイク部品であるこのアタッチメントとピンについてご紹介します。 今回の内容は以前の記事でもちょっと解説しています。 初心者向けのスパイクについては以前の記事をご参照ください。     スパイクのピンは大きく2種類ある 陸上のスパイクピンには大きく2種類あります。 土用ピンとタータン用ピンです。 土用ピンはアンツーカピンとも言われる先端が尖っている長い針のタイプのピン。 タータン用ピンは平行ピンと言われる銀色で先端が平たくなった ...

またピンのお話です。 先日アシックスのAS-A(TTP981)という1段平行ピンを紹介しました。 今回は、このアシックスの1段平行ピンが普通の2段平行ピンとどう違うのかと言うお話です。     2段平行ピンと1段平行ピンを比較してみる 見ればわかるその違い。個人的趣味でピンもミズノを使うことが多いのですが、前回紹介したように1段平行ピンだけはアシックスを使っています。 比較にはミズノの2段平行ピンを使っていますが、アシックスでもミズノでも一緒です。 比較したのはこの2種類   陸上スパイクピン パウピラ AS-A(18本)   ミズノ オールウェザー用スパイクピン 8ZA127 7 見た目の比較はみたまんま まずはパッケージ。これは別に何も言う事ありません!! 両方とも7mmで比較してみます。   取り出して並べてみました。 みたまんまです。比べると2段平行は ...

アシックス・ミズノのスパイクにはいわゆる平行ピンが付いてきますが、ナイキ、アディダス、ニューバランス等の海外メーカーのスパイクを買うとニードルピンがついてくることがあります。 っていうことを以前ご紹介しました 抜けがいいピンが欲しければ中華ニードルピンをアマゾンで買うのがベストだと思いますが、大会や競技場によってはニードルピンの使用が禁止されている場合もあります。 今回は、ニードルピンのような抜けの良さを持つ平行ピン『AS-A(TTP981)』をご紹介します。     アシックスの平行ピンAS-A(TTP981) まずはAS-A(TTP981)とは何か?をご紹介。 早い話が、これです   asicsパウピラ AS-A(18本) TTP981 7mm 型が『AS-A』となっているアシックスの販売する平行ピンの1種で、一般的な平行ピンである『2段平行』や『ツリー型』のピンと ...

スパイクを買うとピンは付いてきます。 初心者用であれば土用のピンが、タータン専用スパイクであれば平行ピンが付いてくるとおもいます。このピンにメーカーごとの違いはあるのでしょうか? まず、ミズノとアシックスのピンには互換性があります!! 平行ピンでも土用のピンでも、ミズノとアシックスであればごちゃ混ぜにして使えます。 10年前くらいまではミズノは独自規格の星型ピンだったため、ミズノのスパイクであればミズノのピンを使う必要がありましたが。 今ではミズノとアシックスの両メーカーとも国際規格(?)の楕円型になっているため互換性があり、どちらのメーカーのピンだろうと関係なく使えます。 ミズノ・アシックスはそれでいいのですが、最近よくみる海外メーカーのスパイクではどうでしょう? 海外メーカーのスパイクは出荷状態だと平行ピンではなくニードルピンがついてきます。 今回は、海外メーカーのニードルピンにメーカ ...