【社会人】マスターズ陸上のはじめかた

陸上のいろいろ, 大人から始める陸上競技

Twitterもありまぁす↓

陸上は生涯スポーツです。とはいえ、マラソンと違って社会人から陸上を始めるという人は少ないのが現状。
陸上をやってみたい…と思いながらもやり方がわからなくて一歩を踏み出せずにいる人もいることでしょう。

ってことで今回は
マスターズ陸上のはじめかた
をテーマにご紹介。

マスターズ陸上って聞いたことがある人も多いはず。武井壮さんが世界大会のリレーで世界一になったのもマスターズの大会です。
マスターズ陸上っていうのは大人が競う陸上競技で、昔陸上をやっていた人はもちろんですが、社会人になってから陸上を始めたと言う人も子のカテゴリーには多くいます。

はじめ方がわからないって言う人も大丈夫!今回の記事を見ておけば簡単にマスターズ陸上デビュー出来ます!!
この機会にいまこそ一歩を踏み出して陸上を始めてみましょう!!

 

 

そもそもマスターズ陸上ってなに?

最初は予備知識。面倒くさいけど知っていた方が何かとスムーズです。
語弊を恐れずにザックリ言えば、
陸連とは別枠でやってる「年齢別の陸上大会」がマスターズ陸上です!!
昔は『ベテランズ』と呼ばれていて、35歳以上のための陸上カテゴリーがこのマスターズです。

もうちょっとちゃんと言えば、マスターズ陸上っていうのは『陸連』ではなくて『日本マスターズ陸上競技連合』が主催している陸上競技の事で、マスターズは5歳ごとにクラスが分かれています
35~39歳クラス、40~44歳クラスみたいな感じで年齢別に順位を競うのがマスターズ。
ちなみに、マスターズ登録が35歳以上からのため、基本的には35歳以上の選手しかいません!!(最近は34歳以下もありますが)

若いバリバリの人と同じレースに出るのが恥ずかしかったり気が引けると言う心配はマスターズなら必要ありません。誰でも、どんなレベルの人でも、安心して競技できるのがマスターズの魅力でもあります。
もちろんガチで記録を狙いにいく人もいますが、それぞれが目標を持ってやっている感じ。

まあ、競技者からしたら主催が陸連だろうがマスターズだろうが同じようなものです。

マスターズ公認と陸連公認は記録の扱いがちょっと違う

主催が違っても大きな違いはないのですが、1つだけ注意するべきなのは公認記録の取り扱い
陸上大会には『公認大会』と『非公認大会』があって、『公認大会』での記録だけが陸連で有効です。
一般に言われる『公認大会』というのは陸連の公認大会』のことです。
一方で、マスターズにはマスターズの公認大会』っていうのもあります。

ややこしいのでザックリ言えば…
陸連の公認大会での記録は全世界で有効だけど、マスターズの公認大会の記録はマスターズでのみ有効っということになります。

大会カテゴリー マスターズの
記録として
陸連の
公認記録として
マスターズの公認大会
(陸連公認)
有効 有効
マスターズの公認大会
(陸連公認)
有効 非公認
陸連の大会
(陸連公認)
有効 有効
市町村等の大会
(陸連公認)
有効 有効
市町村等の大会
(陸連公認)
非公認 非公認

つまり、マスターズでたとえ東京選手権の参加標準記録を突破したとしても、陸連的には非公認記録なので東京選手権の申し込みには使えません
ほとんどの人には関係のない話ではあるのですが、公認と非公認があるというのは頭に入れておきましょう。

また、陸連の公認大会の記録はマスターズの記録として申請することも出来ますので、マスターズの選手でも陸連の大会に出る意味はあります。
ちなみに、陸連では大会の記録を勝手に公認してくれますが、マスターズの記録は自分で申請が必要な場合があります

(もしどこか間違ってたら教えて下さい。)

 

 

マスターズ陸上のはじめかた

やっといよいよここからが本題です!!
マスターズで選手として登録して陸上競技を始める方法を具体的にご紹介。
この通りやれば簡単に陸上デビュー出来ます!!

地域のマスターズ協会によってホームページの完成度がかなり違うのでわかりにくい場合もあると思いますが、やることは基本的には一緒ですので参考にして頑張って下さい。

①マスターズに選手として登録しよう

まず、マスターズの大会に出るためには、マスターズに選手登録する必要があります!!
やることは簡単なので心配いりません。地域で微妙に違いはありますが、だいたい一緒。

たとえば東京ならこちらから登録しましょう
https://tokyomasters.org/entryguidance/
選手登録は各都道府県ごとに分かれていますので、居住地の『○○マスターズ陸上競技連盟』のHPを見て申し込みましょう。
ネットでちゃちゃっと、とはいかずに払込票に書き込んだりといった手間はかかりますが、基本的にはそこまで面倒ではないとは思います
ちなみに大会のエントリーも同じような方法でやることになるので、慣れておくとあとが楽です。

マスターズに登録すると陸連にも登録してくれる

マスターズの大会に出るには『マスターズの登録』が必要で、陸連の大会に出るには『陸連の登録』が必要です。そして、マスターズの登録をするには陸連の登録も必要です…

ややこしいことは考えなくても大丈夫!!
マスターズで選手登録をすれば、陸連登録もまとめて一緒にやってくれます!!

ってことで、マスターズでまとめて申請しておけば陸連登録は自分でやる必要はありません(その際には所属が『○○マスターズ』になります)。
マスターズで登録しておけばマスターズの試合にも陸連の試合にも出ることが出来ますので、一石二鳥と考えましょう。
登録費用はだいたい8000円くらい(マスターズ登録と陸連登録を合わせて)です。東京は入会金ってのもありますので地域によって微妙に違う。
登録は年ごとになっているので毎年行う必要があり、登録費用もその都度かかります。逆に、やめたい時は放っておけば来年からは登録も勝手に切れます。

 

②マスターズの大会に申し込もう

マスターズに選手登録をしたらあとは大会に申し込めば試合に出ることが出来ます!!なんて簡単なんでしょう。
っと思ったらここがけっこう面倒なんです。
流れとしては…
・例によって○○マスターズのHPで大会を探す
・要項を見て申込書に記入して送る
・参加費を振り込む(払込票で!?現金書留!?)
一応、これで申し込みは完了です!!
それぞれ詳しく見て行きましょう。

まずは大会を探す

地域のマスターズのHPで『大会日程』のページを探しましょう!!
そのなかにおそらく『大会要項』っていうのがあると思いますので、これさえ見つかればあとは何とかなります。
しかしこれがけっこう大変で、そもそも大会日程がどこにあるのかわからなかったり、要項がでるのが締め切りの直前だったりということは珍しくありません。こればっかりは担当者のIT技術次第。
ボランティアでやってくれているので文句は言えませんが、出たい大会があったらこまめにHPをチェックするようにしましょう!

大会要項に沿って申し込みをする

要項がでたら中身をチェック!
大会の日時開催種目申し込み方法参加費っといった申し込みに関する情報が書いてあるはずです、要項に沿って申し込みを行います。
専用の申し込み用紙がある場合、エクセルをメールで場合、払込票に全部書く場合など、やり方は地域でまちまち。わからなかったら聞けば教えてくれますが、けっこうややこしいので頑張りましょう。
とにかく、申し込み用紙に必要事項を記入して申し込み先に送ればOK!!

参加費用を振込みだ!えっ現金書留!?

要項に書いてあると思いますが、参加費用はだいたいは払込票か現金書留で支払うことになります。カードとか電子決済的なやつはたぶんできません。
払込票ってなに?どうやんの?って感じですが、郵便局にいけば嫌な顔されながらも面倒くさそうに教えてくれます。
現金書留の場合は申込書と参加費用を一緒に送る場合もありますので要項をよく見ましょう。

 

80歳の人とかってこれどうやってんですかね…
まあ、とにもかくにもここまでくればもう大会に出られたようなものです!

 

 

大会に必要なものは?

大会に申し込んだら『最低限必要なもの』を買いましょう。
・ランニングシューズ
・スパイク
・シャツとパンツ
これだけ!!

何も言わずにコレだけ買え!!

とりあえず、何も考えず何も言わずにこれを買いましょう↓

あとは競技場では競技場用のスパイクピンが必要なのでこれも買っておきましょう↓

 

買いましたか!?
ここで上げた商品は初心者が買って絶対に損にないグッズ。っていうか、最低限必要なもの。これ以外は本当になにも必要ありませんので、これだけ買っておけばあとは何も要りません。
とりあえずこれで大会に出てみて、他に欲しいものが思い浮かんだらそれはその時にはどんどん買い足していくようにしましょう。

陸上は基本的に何も道具が要りません。しかし、大会で走るにはランニングシューズとスパイクだけは絶対に必要です!!
また、ウェアはミズノかアシックスを買った方がやる気が出ます
できれば大会当日は着替え用のシャツとレース用にゼッケンを付ける用のシャツの2枚は持って行きたいのですが、なきゃないでなんとかなります。
大会当日は寒かったら適当なジャージやスウェットを着て行きましょう。

 

 

大会当日はなにをすればいい?

これに関してはメチャクチャ長くなりそうなので省略!!
っというわけではなく、別の記事でめちゃくちゃ詳細に解説していますのでそちらをご覧ください↓


おそらく世界で一番詳しく大会当日の事を書いてある気がします。
大会当日はこの通りにやっておけば絶対に大丈夫!!っていう心意気で書いたので。
とにかく、コール漏れに履きを付けましょう。

マスターズの大会でも陸連の大会でもやることは全く一緒です。

 

今回のまとめ

マスターズ陸上っていう社会人向けの陸上大会があります。
35歳以上から登録できるこのマスターズは、5歳刻みでクラス分けしてあるため同年代の選手との戦いが魅力のカテゴリー。
必ずしもタイムだけを追求する必要はなく、それぞれがそれぞれのやり方で陸上を楽しんでいます。

そんなマスターズ陸上、やってみたいけどはじめ方がわからない…って人も多はず!!
ってことでマスターズ陸上のはじめ方をテーマにご紹介しました

そもそも、マスターズってのは普通の陸上と違うの?ってところは、厳密には違うけど、主催が違うってだけで普通の人にとっては同じと考えて差し支えありません。
唯一、記録の取り扱いに違いがあるのでそれだけは気に留めておきましょう。まあ、『走る』というところは全く一緒です。

マスターズ陸上のはじめかたは実に簡単で…
・選手登録
・大会申し込み
・大会出場
っという非常にシンプルなもの。HPが見ずらかったり申し込みがアナログだったりはするものの、良く読めば多分大丈夫です!!

陸上は必要なものが少ないため、最低限のシューズ、スパイク、ウェアだけを買っておけば他のものは何も要りません
何か欲しくなったらそれはそれで買い足していきましょう。

はじめての大会当日は色々と不安だと思いますが、世界一詳しく書いた『当日の流れ』の記事を読んでもらえれば多分大丈夫!!

ってことで、あなたもこれでマスターズ陸上デビュー!!
何かわからないことがあればコメントでもツイッターでも書いてももらえればわかる範囲で答えますので、不安なら声かけて下さい。






Twitterで更新をお知らせしています↓