【社会人】大人から始める陸上競技!!市民スプリンターになろう

大人から始める陸上競技, 陸上を始めよう

Twitterもありまぁす↓

健康のために走っている人は大勢いますが、そのほぼすべてがランニング、マラソンのことです。大人になって短距離・跳躍を始める人はほとんどいません。市民ランナーは大勢いれど、市民スプリンターはちょっとしかいないというのが現状。陸上をやっているのはほとんどが学生です。

ってことで今回は
市民スプリンターになるために必要なことはなに?
をテーマにご紹介。

社会人になってから陸上競技を始めたいと考えている人が最初の一歩を踏み出せるようにしたい!!
っていうか、社会人からでも陸上を始められると知ってほしい。スポーツの選択肢に短距離(スプリント)が入ってくれればいいと思っています。マラソンに比べるとやり始めるまでの壁が高く、排他的な雰囲気すらある短距離界。でも大丈夫!!最初の一歩さえ踏み出してしまえばどうということはありません。
陸上歴20年の管理人が、陸上の始め方と陸上界特有の注意点をご紹介!!

 

 

陸上は誰でも簡単に始められるスポーツなんです

陸上をする社会人を市民スプリンターとでも言いましょう。
市民ランナーという言葉は広く認知されていますが、世の中には趣味で競技場で走っていたり、年に数回だけ市民大会に出場しているような市民スプリンターっていうのが存在します。ほとんどが元陸上部の陸上経験者なのですが、マラソンと変わらずに、全くの未経験からでも大人になってから個人で陸上を始めることもできます!!

市民スプリンターになるにはどうすればいい?

自分が市民スプリンターだと思っていればそれはもう市民スプリンターです。試合に出る必要もないし、競技場で練習する必要もありません。ほかの競技と違って陸上は自分次第。どうせやるなら一度くらいは大会で走ってみてほしいとは思いますが、管理人も大会に出ない年があります。
試合に出たいなら申し込みをすれば簡単に出られますし、競技場で走りたいだけなら300円くらいでできます。
今、この瞬間からあなたは市民スプリンターです。

市民スプリンターはケガに気を付けよう

陸上は簡単に始められるスポーツですが、生涯スポーツのなかでは著しくケガのリスクが高いので注意しましょう。注意一秒ケガ一生というのが嫌でもわかります。
スプリントでは普段の生活では絶対に体験しえない高い負荷が一瞬にかかるため、学生であっても肉離れをよく起こします。大人になって始めた場合には、アキレス腱の断裂などの重大なケガをする可能性もあります。
ストレッチやウォーミングアップでは防ぎきれないので着圧式のサポーターや分厚いシューズなど、道具でもケガを防ぐ工夫をしましょう。

市民スプリンターはチームに所属する必要はない!!

スポーツを始めるうえでけっこう引っかかるのが『チーム』の存在です。
陸上はチームに所属する必要はありません!!
管理人も大学卒業してからはチームに所属せずに個人でやっています。公式戦でリレーに出るためにはチームの登録が必要なのですが、個人種目で出場するにはチームは必要ありません。
もちろん、社会人チームやサークルもあるので興味があればコンタクトをとってみるのもいいでしょう。チームに入ればいろいろと教えてもらえるはずです。

陸上は個人で練習から大会まで全部完結できる

陸上はそもそも個人競技ですので、練習も試合も全部個人でできます。日本選手権に出ている選手でも個人で活動している選手はけっこういて、『○○陸協』という所属になっている選手はチームではなく個人参加です
とはいえ、自分ひとりで練習とか試合とかできるのでしょうか…?
そんな不安もこれからいろいろ書いてあることを読んでおけば大丈夫!!安心して陸上を始めましょう。

市民スプリンターになるメリットとデメリット

多くのスポーツのなかで、あえて陸上競技を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。

短距離をやるメリット

  • 個人でも100%楽しめる
  • 身体能力が上がる
  • ボディメイクにもなる

陸上競技は個人でも日本一までいくことは不可能ではありません。チームに所属する必要はなく、一人で陸上の全てを楽しむことが出来ます。
市民スプリンターってことはやっぱり『走る』ことが基本になるのですが、スプリントは大きな力を速いスピードで発揮するという動きですので、練習をするだけでパワーもスピードも身に着き身体能力が上がります。もちろん足も速くなります。
ウエイトトレーニングだけの筋トレよりも、『HIIT』といわるトレーニングを取り入れることがボディメイクでも重要されています。HIITってのはダッシュすることなので、まさにスプリント。スプリントはボディメイクにも有効なのです。

短距離のデメリット

  • 怪我のリスクが非常に高い
  • 練習をしても記録が良くなるとは限らない
  • 競技場で学生に混じって走るのはメンタルがけっこうきつい

おじさんがいきなり走ると絶対に怪我をします。しかもけっこう大けがをします。
陸上は現役の学生選手でも怪我が多い競技で、管理人も毎年怪我をしています。負荷が非常に高いスポーツなので怪我のリスクは生涯スポーツの中ではダントツで高いと思います。マラソンなどの遅いスピードの競技とは違うということをよく考えて、自制する心も大切です。
また、頑張って練習をしたところで足が速くなるとは限りません。最初のうちは体重が減ったり筋力が増えて記録も良くなるとは思いますが、スタートでちょっと失敗するだけで0.1秒くらいは簡単に遅くなってしまうのが陸上。頑張っても結果が出にくいのが陸上の難しさであり楽しさです。
競技場で練習をしていると、部活の学生が大勢いることもよくあります。特に土曜の午前中はかなり混雑していることも。バリバリでやっている学生に混じっておじさんが走っているとどうしても恥ずかしい気になってしてしまうもの。管理人も土曜の午前は避けています。

 

競技場で走るにはどうすればいい?

スプリンターなら競技場で走りたいもの。しかし、競技場で走ったことがない人にとっては『競技場で走る』ことが大変な事に思えるかも。そもそもスタジアムのなかに個人で入れる事を知らない人もいるでしょう。
でも大丈夫、競技場はサッカーの試合など専用利用の予定がない日には一般開放されていますので、簡単に入場できます!!

競技場の使い方

本当にびっくりするくらい簡単です。
やることは…
①競技場の開放状況を確認
②チケットを買って受付に出して入場
たったこれだけ!!誰でも簡単に競技場で走ることができるんです!!

①まず、HPや電話で競技場の開放状況を確認しましょう。ほとんどの競技場は一般開放しており、サッカーの試合や大会がない日には個人利用ができます。駒沢公園の競技場や2000年のワールドカップ決勝が行われた日産スタジアム(横浜国際競技場)も個人で走ることができるんです

一般開放されている日に競技場の受付に行くと券売機があって入場券が買えます。そのまんま受付に出せば中に入って走れます。大体300円くらいが相場。競技場によって9時から12時までとか12時から15時までとか時間が区切ってある場合もあれば、1日中にいられるばあいもあります。時間が区切ってあるところは11時に入っても12時に退場しないといけないのでクソ。従業員がサボっているだけなので役所に電話して改善を要求しましょう。

道具も競技場で貸し出してくれる

ハードル、メジャー、マーカー、スタブロなどの道具は競技場で貸し出しをしています。たまに50円とられるところとかもありますが、基本的には無料貸し出しです。シューズとスパイクと着替えさえ持っていけばほかには何も持っていかなくて大丈夫。
道具を使う練習なんて最初はしないのですが、もしyoutubeとかで面白そうな練習を見つけたら道具を借りてマネしてみるのもいいでしょう。
幅跳びの砂場も受付に言えば貸してくれます。

競技場を走るときのルールは?

競技場で走る時には気を付けないといけないことがいくつかあるので知っておきましょう。

  1. 逆走は禁止
  2. 横切る時は左右を確認!!
  3. 走り終わったらさっさとレーンから出よう
  4. 1・2レーンはあんまり走らない
  5. 芝生は立ち入り禁止
  6. 給水以外の飲食は禁止
  7. スパイクで室内に入っちゃダメ
  8. ツバを吐くな!!
  9. 道具は共用!!

まあ、常識的に行動すれば怒られることはありません。注意して欲しいのは安全に関することでしょうか。
それぞれ解説すると…
1~3は安全に関すること。走っている人は30キロ以上のスピードがでていますので、ぶつかると死にます。実際死亡事故があります。レーンは走る時以外には立ち入らず、走り終わったらさっさとトラックの外に出て下さい
4~7は競技場のルール。ほとんどの競技場では1・2レーンはタータンがボロボロにならないように立ち入り禁止でコーンが置いてあります。タイムトライアルをするとき等には係の人に言えば使えますが、短距離なら3レーンより外を使えばいい。あと、芝生は立ち入り禁止って書いてあると思うのですが、端っこにちょっと入っただけでも係のおじさんが飛んできて鬼のように怒鳴られたり罵倒されることがあります。
はマナーの問題です。トラックの内側や外側はフィールドの選手がいる場所ですし、トラック内は走る場所なのでツバを履くのは絶対ダメそもそもトラックであろうがなかろうが地面にツバ吐くのがダメ。私の近所の競技場では車いす競技の人がツバ吐いていて最悪。
9は道具の使い方です。貸し出しの道具は早い者勝ちではなくて共用品です。一緒に使いたいと申し出があった場合には断ることはできませんし、絶対に断ってはいけません。

 

 

本格的に陸上をやってみよう

とりあえず競技場にいって走ってみたら、ちょっとずつ本格的にやってみるともっと陸上が楽しくなるはず。
①スパイクを履く、②大会に出るの2ステップで本格感を上げて行きましょう。

陸上をするのに必要な道具は?

基本的に陸上をするのにも最低限必要な道具はあります。
別記事でまとめているので詳しいことはそちらで↓


ザックリ言えば、シャツとジャージとシューズとスパイクがあれば大丈夫。最初はスパイクはなくてもいいですが、大会に出るなら必要です。
練習だけなら上下のウエアとランニングシューズさえあればOK。とりあえずシューズだけ買って競技場に行って走ってみて、ちょっとずついろいろ買い足していきましょう。

ちゃんとしたランシューとスパイクを買おう!!

シャツはユニクロでじゅうぶんですが、ランニングシューズはちゃんとしたものを買いましょう。シューズは型落ちとかならは5000円くらいでもちゃんとしたものが買えます。ちゃんとしたやつなら値段が安くても性能が悪いわけではありません。
悪いことは言わないので最初はミズノかアシックスにしておくべき↓

シューズの次はスパイクです。試合に出ないなら要りませんが、趣味でやるならスパイクを履いた方が楽しい。
スパイクを履けばそれだけで誰もが認めるスプリンターです。是非スパイクも買いましょう。
初心者には初心者向けスパイクがおすすめなんですが、大人なら最初から中級者向けを履くことをおすすめします!!
スパイクで走る醍醐味は中級者向け以上でないと味わえません!!
学生であれば怪我をすると人生に大きな影響を与えかねないのですが、大人は怪我したら休めばいいだけ。怪我はしない方がいいのですが、大人だと練習機会が少ないので週に1回か2回しかスパイクを履くこともないでしょう。負荷が高くても怪我のリスクは少ないと言えます。

大人におすすめなのはサイバーブレードXレーザーというスパイクです。これらのスパイクなら反発が少なく軟らかいから大丈夫!!
微妙に違いますが、Xブラストとサイバーブレードの比較もしていますので参考にして下さい↓

カーフサポーター(ふくらはぎサポーター)を絶対におすすめします

シューズやスパイクなどの基本の道具いがいに管理人がおすすめする道具があるとすればカーフサポーターです。
こんなやつ↓

管理人も使っていますが、本当に全然違う。今年はさっそくこれを忘れて練習をした日に肉離れをしました。
ギュッと強めに締め付けるいわゆる『着圧』によって筋肉が余計に震えることを抑えるもので、肉離れを予防する効果もあります。これをしたから絶対に大丈夫ということではないのですが、するとしないとでは大違いだと思います。
このカーフサポーターはふくらはぎに巻く靴下みたいなもので、タイツタイプのものなどよりも締め付けが強くて効果がある感じがします。
太ももを締め付けるタイツタイプのものもありますので、肉離れが怖いならこういった道具でケガの予防をしましょう

 

陸連登録をして大会に出よう

スパイクを買ったら試しに大会に出たくなるはず。小さな大会でも100mを写真判定で測ってくれるので(田舎だと手動かも)、大会では趣味であっても世界選手権と同じように正確なタイムを測ることができます!!
記録会なら記録証を発行してもらうことも出来ますので記念にもなるかも。
で、大会に出るためには2ステップ。
陸連登録大会申し込みです。
やることは超簡単なので説明します。

まずは陸連登録をしよう!!

公認大会に出るためには『陸連登録』が必要です。
登録をするとその人の番号がもらえ、大会申し込みの時にはこの番号が必要になります。3000~5000円くらい登録料がかかりますが、税金みたいなものだと思って諦めましょう。
各都道府県や市町村に窓口があるので住んでいる所によって申し込み先が違うのですが、たとえば東京在住もしくは在勤の人は『東京陸協』に申し込みをします。そうすると陸協が日本陸連に登録してくれますので、やることは東京陸協に申し込みをするだけ。その場合は所属が『東京陸協』になります。
もし、チームで登録がしたければ5人以上集めて申請をすればまとめて陸連登録できます。
東京ならインターネットで申し込みできるので数分で終わりますが、郵送が必要な県もあるそうです。わからなければ地域の陸協に電話して下さい。めちゃくちゃ時間がかかる場合もあるらしい。
ちなみに登録はその年ごとになるので、大会に出たい年には毎年登録が必要です。

大会の申し込みは要綱を探してメールで送るだけ!!

陸連登録が終わったらあとは大会に申し込むのですが、大会はそれぞれ『要項』という案内があり、そこに申し込み方法が書いてあります。エクセルに名前や登録番号を入力してメールで送る場合もあれば、手書きで郵送する場合もありますし、中には直接申し込み会場に行かなければいけない場合もあります。
いずれにしても、まずは大会要項を探しましょう。そこに申し込み方法が書いてあります。
大会要項は『○○市 陸上大会』って感じで調べれば出て来ますし、都道府県の陸協のHPにリンクがある場合もあります。しかし、ここはかなり閉鎖的で、要項が出てから申し込み締め切りまでが2週間くらいしかない場合もザラにあります。こればっかりはしょうがないのですが、どうしても出たい大会があるならこまめにチェックしましょう。
ちなみに公認大会はどの都道府県のものでも自由に参加できます。なかには参加資格に『市内在住』とかある場合もありますが、電話して聞いてみたら多分出られます。社会人で出場する選手は少ないので断られることはないんじゃないかと思います。

公認大会と非公認大会がある

一応、『公認大会』『非公認大会』があるという事を知っておきましょう。併催されている場合には『登録者の部』と『市民の部』のように同じ種目でもわかれています。
趣味でやるだけなら非公認大会で十分。都道府県の選手権を目指すなら公認大会に出ないとダメです。
非公認大会は陸連登録をしていなくても『市内在住』なら出場できますが、公認大会に出るなら登録は必須です。
まあ、大会の規模ややりかたは公認だろうが非公認だろうが変わらないので別に非公認でも何の問題もありません。公認大会で出た記録だけが『公認記録』として残ると言うだけの話。
登録者と非登録者は同じレースでは公認されなくなってしまうので建前上は別レースになっているので、マラソン大会なんかでは登録者の部と市民の部が同時にスタートするために登録者は市民の部より前の列からスタートすることもあります。

大会当日の流れと注意すること

とにかく一番注意しないといけないのは『コール漏れ』です。ほかのことは適当にやればどうにでもなる。
なんだそりゃって感じですが、陸上の大会ではスタート時間の1時間前くらいにコール(招集)があります。コールとは指定された時間に『招集場所』に行って係のおじさんにゼッケンを見せることなのですが、指定の時間にコールを受けないとレースに出走することができず失格になります。
管理人も中学生の時に失格になったことがありますし、コール漏れで失格になって困っている人はどの大会でも必ずいます。
で、コールに間に合わずに失格になることをコール漏れといいます。
何も知らずにレースの時間に合わせて会場にいっても走れないんです!!
せっかく練習して準備していても、コール漏れになったら帰るしかありません。
なんのためにコールがあるのかはよくわかりませんが、そういうものなので注意しましょう。

大会当日は準備してコールして走って帰るだけ

大会に出ること自体はかんたんです。特にやることと言えば…
・受付でゼッケンをもらう
・ゼッケンを胸と背中につける
・コールをする(腰番を付ける)
・レースで走る
これだけ。
一番注意が必要なのはコールです。コールの時に『腰番』というちっちゃいゼッケンをくれます。これは写真判定の時に何レーンの人かがわかるようにつけるものです。世界大会とかでもズボンに番号をつけていますが、あれです。腰番は右側のちょっとお尻よりに付けましょう
あとは最初からユニフォームを着ていってしまうとゼッケンをつけるときに困るので気を付けましょう。アップ用のシャツを着ていき、ゼッケンをつけてからユニフォームを着るようにしましょう。シャツ1枚だとゼッケンをつけるときに裸にならざるをえません。
また、ゼッケンは安全ピンでつけるのですが、大会によって安全をくれる場合とくれない場合があるので、カバンの中には安全ピンを最低8本入れておきましょう

そのへんのことは昔まとめた記事があるのでそちらも参照してください↓

 

今回のまとめ

生涯スポーツとして人気がない陸上競技。敷居が高そうでとっつきにくいと思いますが、一度やってみれば道具もいらないしチームにも入らないで良いので楽ちん。
思い立ったその日からあなたは市民スプリンターです!!
競技場で走ってみるとまた違った楽しさを感じることができるでしょう。シューズやスパイクを買って、気が向いたら大会に出てみるといいでしょう。
大会なんて大変そうですが、陸連登録しなくても市民大会なら出場可能。公認記録がほしければ登録をして公認大会にでるのもいいでしょう。
コール漏れにさえ注意しておけばあとは周りを見ながらマネをして適当に走るだけ!!
生涯スポーツとして陸上がブームになる日も遠くない!!

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓