<幅跳びのポイント>第1回:幅跳びで6m跳ぶ方法(踏切が大事編)

6m跳ぶための方法(踏切り編), 幅跳びのポイント

私、現役時代は幅跳びが専門でした。で、7mジャンパーでした。
幅跳びって陸上の中ではわりとメジャーな種目だと思うのですが、巷には幅跳びの跳び方について紹介している情報がぜんぜん見当たらないので、何回かに分けて幅跳びで跳ぶ方法をご紹介しようかと思います。

第1回:幅跳びで6m跳ぶ方法(踏切が大事編)
ってことでとりあえず6m跳ぶ方法紹介してみます。何回やるかは今のところ未定です!!
6m跳ぶ方法は1回でやろうと思っていましたが、やたら長くなったので分けます。今回は踏切が大事だっていうお話。

 

 

最初の大台!!6mは基礎さえ押さえれば誰でも跳べる!

誰でもったって男子の話です。女子の場合は1m下げて5m跳ぶ方法だと思って下さい。
6mっていのはそれほど難しくなく、基本的な技術を押さえれば誰でも到達できる記録です。

6mは大台だ!!

おそらく、男子で幅跳びをしていて初の大台、あるいは壁となるのは6mだと思います。私は中学からサッカーのかたわら遊びで陸上を始めましたが、5m50くらいは何も考えずに跳べました。中学校の体育では5m跳べば学年上位だと思います。学年でデカくて運動神経が良いやつが1人くらいは陸上やってなくても5m50くらい跳べちゃうかも。
中学なら6mくらい跳べると市町村大会を突破して都道府県大会くらいまで出れるかもしれません。

6m跳べれば一人前

学校で一番運動神経が良い奴でもなかなか6mは跳べないし、大会でも勝てるようになって都道府県大会に出られるかもしれないラインが6mです。そういう意味でも6m跳べる人っていうのはそれなりの競技力があると言えるでしょう。
つまり、6m跳べるかどうかが分かれ目、つまり大台です。6mを突破すれば1人前の幅跳び選手です。今何も考えずに6m跳べてしまっている人は才能ありです。

100mで言えば11秒台くらいだぞ!!

根拠はありませんが、幅跳びで6m跳べるっていうレベルは100mで12秒を切れるっていうのと同じようなレベルだと思います。誰しもが行ける領域ではありませんが、決して難しいものではありません。一般的にはすごい記録だと思いますが、競技者の中では珍しくない記録。

 

6m跳ぶのは100mで11秒台を出すより簡単だよ!

簡単だと言い切れます。
100mは筋力やスタート技術や疾走技術など複雑な技術の組み合わせによってタイムが変わってきます。
幅跳びだって複雑ではあるのですが、
幅跳びは踏み切りだけ決まれば6mくらいは跳べる
というのが最も大きな理由です。
つまり、6mだったら着地とか無視して踏切技術だけ出来ていれば跳べるということです。まあ、最低限の走力は必要ですが。

幅跳びの技術がある選手やコーチなんてほとんどいない

簡単なはずの幅跳び6mが大台になっている理由はひとつ、6mを跳ぶための技術が出来ている人がいないから。
ほとんどの選手が技術が全くない状態で競技しているのが幅跳びの実態だと思います。
中学校の先生が偉そうにコーチングしている内容は総じて意味不明です。いや、ちゃんとした先生もいると思いますが、私が行ったことある競技場でまともな先生は観たことありません。
それもそのはず、普通の公立中学校の先生は素人です。集団を動かすことは出来ても、陸上の技術を教えることはできません。っていうか、それは本来先生の仕事ではありませんので部活の顧問に技術的指導を求めるのは間違っています。技術的指導をしている先生もいますが、そういう先生は大体態度がデカイだけ。そんな人に教わったって技術なんか身に付きません。技術指導が出来るのは私立などの一部の先生だけだと思います。

自分だけ技術をもっていれば抜け出せる

100mは才能の世界です。どうやったって足の速いやつには追いつけません。
が、幅跳びは違います。一部のモンスターを除けば、先述の通り技術を持っている選手なんていません。そんななかで自分だけ幅跳びの技術を持っていれば、ライバルより跳べます。
周りが才能と勘だけで競技している中で自分だけ基本的な技術を身につければ簡単に抜け出すことができるのです。それが幅跳び。

 

 

幅跳びで重要なのは?

で、偉そうなことを述べていますが、私が提唱するこれだけやっておけば6mくらい跳べるよ!っていう超基本的な技術を紹介していきます。
一般的には、助走踏切着地の3つの動作になると思います。指導を受けないと踏切なんてやりかた分からないと思いますので、着地ばっかり練習することになると思います。私も昔はそうでした。
でも、確実に言えることは、着地なんて練習したって20センチくらいしか変わらないということ。着地の優先順位は一番低いです。
助走は結局は走力なので練習したところで速い助走なんか出来るようになりません。助走技術は大切ですが、6m跳ぶのにはそれほど必要ありません。
何より大切なのは踏切動作です。踏切を練習してマスターすれば1mくらい記録は伸びます。踏切だけできれば6mは跳べます
今回は踏切技術を中心に、6m跳ぶために必要な基本的技術をご紹介します。

 

これだけ出来れば6m!!踏切の技術

何は無くとも踏切です。踏み切りさえ決まればあとはなるがままやっていれば6mは跳べるでしょう。踏切技術に関しては才能はあまり関係ありません。知っているかどうか、それが出来るかどうかの問題です。とにかくイメージをして、そのイメージ通りに体を動かして重心を移動させることができるように繰り返し練習しましょう。

踏切は3局面にわけて考えろ!!

踏切って一瞬なので、踏切は踏みきりだと思っている人がほとんどだと思いますが、幅跳びを専門にするのであれば踏切の局面を3つに分けて考えるようにしましょう。

第1局面 踏切足の接地

最初は踏切足が踏切板に接地する瞬間からローリングするところまでを考えます。
3つの局面のうちでこの局面が最も大切です。これができなければその後もできません。

この絵の瞬間が第1局面です。ここで重要なポイントは2つ!!この2つを押さえればほぼ6m跳べたようなものです。

ポイント1:膝は思いっきり伸ばせ!!
ポイント2:接地は叩くな!!足を置くイメージ

ポイント1の『膝は思いっきり伸ばせ!!』について。
これができればもう6m跳べると言って過言ではありません。膝がほぼ伸びきった状態で接地して下さい。これ、非常に重要でありながら教えてくれる人ほとんどいません。これができないと6mは跳べないですし、これができれば6m跳べます。『腰を高く』とか『階段を昇るイメージ』とか言われるのもこれだと思っていいです。
実際にやってみると最初はめちゃくちゃぎこちなくなると思います。トップスピードから急に膝を伸ばして接地するのって案外難しい。まずは遅いスピードから練習してだんだん速度を上げるようにして下さい。
コツはつま先を上げること。つま先を思いっきり上げると自然と膝も伸びるはずです。
他のことはなにも出来なくてもいいからこれだけはマスター出来るように頑張りましょう。

ポイント2の『接地は叩くな!!足を置くイメージ』について。
よく『踏切板を叩くな!!』って言われると思いますが、それのことです。踏切っていうのは地面に大きな力を加えて、その反力で宙に浮くことが目的です。踏切を3局面で考えた時、1で強く叩いてしまうと、本来最も力を加えるべき2の局面で地面への力が減ります
その結果、弱い踏切になってしまいます。
難しい事は考えずに、1の局面では踏切板には足を置くイメージが大切です。

第2局面 振り足が踏切足を追い越す瞬間

第2局面は、後ろにあった振り足が踏切足を追い越す局面です。
細かく見て行くと、助走してきたスピードが踏切のブレーキによって地面への力に変換され、それが反力として戻ってくる瞬間と言えます。

このときのポイントも2つです。

ポイント1:体より先に振り足が踏切足を追い越す前に追い越すように
ポイント2:腕はまっすぐ高く振ろう

ポイント1の『体より先に振り足が踏切足を追い越す前に追い越すように』について
早い話が、が流れないようにすることが必要です。ランニング動作は連続なので多少足が流れてもなんとかなりますが、踏切は1歩しかありません。足が流れることで反力をもらいそこねると、それが直接記録に繋がってしまいます。反力を逃さずに受け止める為には、体が踏切板の上を通過するその瞬間には振り足は体よりも前に出ていないといけません。

ポイント2の『腕はまっすぐ高く振ろう』について
踏切局面はまだ2/3です。この段階で着地を意識してしまうと腕が下がってしまい、体も上がりません。振り足を前に持ってくるのに伴って、モモアゲの時ように腕も大きく引き上げるようにしましょう。振り足を上げるのと一緒に腕が振り上がってくる、足と腕の動きがうまく連動した動作が理想です。
高く上げることを意識する必要はそれほどありませんが、真っ直ぐに振れるようになれば自然と高く上がるようになると思います。
もっと専門的な事を言えば、腕が流れないように肩を入れる必要がありますが、それは6m跳ぶのには必要ありません。6m跳ぶなら真っ直ぐな腕振りを身につけましょう。

第3局面 跳び出し

踏切板から足が離れて空中に飛び出す局面です。この時、体は上に向かっていますので踏切板への力は急激に減っています。そして最後は跳び出します。

力が加わらないのですからなにもやることがないように思えますが、このときにもしっかり意識しておかないといけないポイントがあります。

ポイント1:ブロックを確実に!!
ポイント2:踏切足は巻かないで!

ポイント1の『ブロックを確実に!!』について
ブロック動作という専門的な技術があります。やることは簡単。跳び出した瞬間のモモアゲのポーズをガチっと固めて崩さないままポーンと跳んで行くだけ。たったそれだけですが、跳躍距離は飛躍的に伸びます。いざやってみると、腕がバタバタしてしまったり、足がクルクルまわしてしまって、ブロックしながら跳んでいくのが案外難しいのが分かると思います。
それは、『前方回転力』という力が働いているからで、それに対して体が勝手に打ち消す動きをしてしまっているから。前方回転力はその後の空中動作でどうにでもできるので、踏切ではとにかくブロック動作をすることでポーンと浮いて空中で回ってしまう感覚を得てください。
空中で回ってしまう感覚があるということは踏み切れているということです。
空中で回る感覚がないということは、踏切の1と2が出来ていないということ。反復練習して下さい。
ブロック動作をするだけで跳躍の質は別次元へ進歩します

ポイント2の『踏切足は巻かないで!』について
踏み切ったあとに足が巻いてしまう選手は非常に多いです。足を巻いてしまうというのは、バウンディングのような動きになってしまっているということ。
この絵がダメな状態。足を巻いてしまうと踏切の反発が逃げてしまいます。バウンディングや三段跳びのように次の1歩がある場合には足を巻かないと前に持ってこられないので巻くのは間違っていないのですが、幅跳びの場合は巻いてしまうと弱い踏切になってしまいます
ブロック動作の延長で、モモアゲの姿勢を維持できれば足が巻いてくることもなくなると思います。
前方回転力もあって巻きたくなってしまいますが、足を巻くのは跳び出しより後の空中動作までグっと我慢しましょう

 

記録に影響するのは踏切だけ

野球で打ったあとに何をしたってボールの飛距離が変わらないのと同じで、幅跳びで踏み切ったあとはなにをやっても飛距離は変わりません
助走がどんなに速くても踏切が下手なら5mちょっとしか飛べません。大学時代に10秒台の選手に遊びで幅跳びをさせても6m以上跳べる選手ってほとんどいませんでした。
結局は踏切が幅跳びの最重要項目。走るのも大事だけど、技術連をおろそかにするくらいなら走らない方が良い記録が出ると思います。
とはいえ、助走が下手だと踏切準備動作ができませんので、踏切のための助走技術は必要です。

 

 

ってことで、踏切がとっても大事なので第1回目は踏切が大事だよっていうお話だけでおしまいです。
次回は6m跳ぶために最低限必要な助走技術についてご紹介しようと思います。

 












Twitterで更新をお知らせしています↓