【中学生】陸上スパイクを選ぶポイント

スパイク, 初心者のスパイク選び

Twitterもありまぁす↓

中学の部活陸上部に入ったことで陸上デビューをする選手がほとんどだと思います。私もそうでした。
そんな陸上初心者の中学生に『とりあえずスパイクを買え』なんて言われても最初は何もわからない!!

ってことで今回は
中学生のための陸上スパイク選びのポイント
をご紹介。
『上級者向け』とか『短距離向け』とか言われてもどれを選べばいいのか分からない!!
そんな選手でもポイントをいくつか絞って考えれば最適なスパイク選びができるはず。

 

 

土で使えるスパイクとタータン専用のスパイク

スパイクには2種類あり、土でも使える『兼用スパイク』とタータンでしか使えない『専用スパイク』という分け方をされます。

専用スパイクを土で使用するとネジ穴が壊れたり、プレートが曲がってしまうことがありますので、土での使用を考えているのであれば、迷わず兼用スパイクを選びましょう!

兼用スパイクのメリットとデメリット

兼用スパイクはその名の通り土とタータンで兼用できるスパイクです。
土で使用しても壊れないようにネジ穴の強度が高かったり、石を踏んでも大丈夫なように靴底が分厚くなっておりクッションがあるのが特徴です。

兼用スパイクの
メリット
・土でも使用できる
・強度が高くて壊れにくい
・クッション性が高く怪我のリスクが低い
・値段が安い
兼用スパイクの
デメリット
・重量がある
・反発が少ない
・ソールが分厚くて接地感覚が悪い
・フィット性が悪い

また、兼用スパイクは速く走ることよりも怪我なく練習を積むことに重点を置いて作られています!!
中学生は成長期ですので、反発性よりもクッションや耐久性を重視した兼用スパイクを選ぶのが良いとされています。
全中などの大きな大会に出るのであれば、試合用に上級者向けをもう1足買うのもいいですが、練習では反発の低いスパイクの方が良いと思います。

 

 

中学生におすすめの兼用スパイク

初心者向けの兼用スパイクにもいろいろあるので、きっとどれをえらべば分からないと悩んでいることでしょう。
そんなあなたに、これを選んでおけ!!っていうスパイクをシチュエーション別にご紹介。
①最初の1足でなにもわからない場合
②どうせならちょっと良いスパイクが欲しい場合
③サッカー等をやっていてある程度体ができている場合
兼用スパイクはどのモデルも初心者向けなので足入れが柔らかくて反発も少ないため、長い間履いていても足が痛くなりにくいようになっています。ただ、その分速く走るために特化している訳ではありません。

①最初の1足なら定番の初心者向けモデル!!

エフォート(アシックス)、ブレイブウイング(ミズノ)

初心者が最初の1足で買うならこれ!!
管理人も最初の1足はこのクラスのスパイクでした。
初心者のエントリーモデルとしてアシックスはエフォート、ミズノはブレイブウイングというモデルをラインナップしています。
短距離はもちろん跳躍なんかにも使えるいわゆる『オールラウンド』で、クッション性が非常に高いため足への負担が少なくて怪我しにくいのが特徴のスパイクです
アウトソールソールにはゴムが使用されていて耐久性が非常に高く、アッパーもランニングシューズのような少し緩めの作りになっているので長い時間履いていても足が痛くなりにくい。

 

 

②ちょっと上のランクの初心者向けスパイク

ヒートスプリント・ヒートフラット(アシックス)、シティウスウィング(ミズノ)

初心者だけどどうせなら少し良いスパイクが欲しいならこれ!!
初心者向けの兼用スパイクでありながら、少しだけ軽量化されていたりするモデル。初心者向けなのでエフォート等と同じようにクッション性や耐久性が高くなっているので怪我のリスクは低く、それでいて少しだけ走りやすいのが特徴です。
アウトソールがゴムではなく軽量素材になっていたり、かかとの角が丸く削られていることでスプリント動作がしやすくなっています
初心者だけど他の人と同じスパイクじゃ嫌だとか、少しだけ走りやすいスパイクが欲しいのであればこのクラスのスパイクを選べば満足出来るはず!!
ちなみに、ヒートスプリントとヒートフラットの違いはかかとの構造で、スプリントの方が短距離で使いやすくなっています。

③運動経験があるなら特化スパイク!!

ハイパースプリント(アシックス)

陸上は初心者でもサッカー等をやっていてある程度体ができているならこれ!!
兼用スパイクは速く走ることよりも怪我をしないことを重視しているものがほとんどですが、ハイパースプリントだけは別で短距離に特化したスパイクです。見た目は中級者向けとそっくりだし、履いた感覚も中級者向けに非常に近い。
兼用スパイクでありながら専用スパイク並みのフィット感や走り心地を実現したモデルです

とはいえ、初心者向けなので反発は少ないので足への負担は少なく、クッション性も高いので非常に扱いやすく、ある程度の運動経験がある人にはこれくらいのスパイクの方が走りやすいと思います。
また、柔軟性が高くて接地感覚もいいので中級者向けスパイクへのステップアップにも最適

 

 

 

速さを求めるなら専用スパイクのほうがおすすめ

兼用スパイクは『練習向け』のスパイクです。初心者なら怪我のリスクを抑えるに兼用スパイクの方がおすすめ。
しかし、『速く走る』ためには専用スパイクのほうがおすすめです。
専用スパイクは速く走れるようにクッションが少なかったり、プレートが硬くなっているので中級者向けになっていて、速く走れる一方で怪我のリスクも大きくなります。また、その名の通り『競技場専用』なので土で使うことは出来ません。
そのため、中学生が部活で使うスパイクとしては兼用スパイクの方が良いと思います。ただ、中学生であっても試合用だったり週末の競技場練習だけ使うというシチュエーションの場合には専用スパイクを選ぶのもアリです!!
そんなあなたに
①専用なのに初心者向けのスパイク
②中級者向けだけど初心者にも扱えるスパイク
の2パターンをご紹介します。

専用スパイクなのに初心者向けのスパイク

ジオバーサス(ミズノ)

初心者だけど専用スパイクが欲しいならこれ!!
初心者向けでありながらオールウェザー専用のスパイクで、土での使用ができない分、柔軟性が非常に高くなっていてめちゃくちゃ走りやすいのが特徴。
屈曲性・クッション性・足入れ感・適度な反発を兼ね揃えたモデルで、ほかの初心者向けモデルとは比べ物にならないほどスプリントで使いやすくなっています。
コンセプト的にはハイパースプリントと似てはいるものの、ハイパースプリントよりも反発があり、地面からダイレクトに感覚が伝わってくるので接地の良さではジオバーサスに分があると思います。
学校のグラウンドで使わないのであれば兼用スパイクよりもジオバーサスの方がおすすめです。

 

初心者でも扱える中級者向けスパイク

SP・サイバーブレード(アシックス)

短距離用の扱いやすいスパイクが欲しいのであればこれ!!
ベルトのサイバーブレードと紐のSPブレードの2つありますが、プレートなどは同じですのでどちらも同じと考えて下さい。20年くらい続いている超ロングセラーモデルで昔から現代までほとんど形が変わっておらず、傾斜もあって拇指球で地面を蹴って走るようなスパイクです。
ブレードはロングスプリントスパイクのド定番モデルで、対応距離も100mから400mまでと幅広く、初心者から上級者まで誰が履いても満足出来る非常に扱いやすいモデルです。
短距離用スパイクとして非常にバランスが良いのが特徴で、そこそこの反発性がありながらクッションや安定感も高いので初心者であっても十分に扱えます
管理人も使っていて、レビューもしているのでご参照下さい…

Xレーザーネクスト(ミズノ)

扱いやすいスパイクが欲しいならこれ!!
2021年に新発売したモデルで、ロングセラーのサイバーブレードとは違い最新のスパイクです。
ピン配置なども現代的で、ガシガシ地面を蹴るのではなく優しく接地してスムーズに重心移動をしていくタイプのスパイクなので、筋力が弱い初心者でも十分に扱えます。
ロングスプリント向けなのでクッションも強くて安定性があるため足への負担が少ないのもいいところ。
プレートはそれなりに反発はあるものの非常に柔軟性が高く、見た目の傾斜はあるもののフラットな接地にも使えます。

 

 

中学生なら初心者~中級者向けモデルを選ぼう

ここからは、スパイクの選び方について基本的な考え方をご紹介します。
中学生がスパイクを選ぶときに考えるべきなのは『土で使うかどうか』が第一ですが、それ以外にも『クッション性』『プレートの硬さ』という要素があり、このクッションとプレートの硬さの組み合わせによって初心者向けや上級者向けといったスパイクの特性が決まります。
上級者向けというのはクッション性を最低限にしてプレートをギリギリまで硬くしたモデル。このようなスパイクは筋力や技術がある人にしか性能を引き出すことができず、扱いにくいと言われます。
そのため、中学生であれば初心者向けか中級者向けを選びましょう!!

最適なプレートの硬さとクッション性を選べ!!


スパイクの対応距離によって硬さとクッション性のバランスが変わってきます。
中学生が選ぶべきスパイクはプレートの硬さはそこそこで、クッション性のあるスパイクです!!
プレートが硬くてクッションが薄いスパイクは上級者向けで、プレートが軟らかくてクッションが多いスパイクは初心者向けと思って問題ありません。
そこそこの硬さでクッションもあるスパイクっていうのはつまりは初心者向けから中級者向けのスパイク。中学生であれば、特に理由がない限りは初心者向けか中級者向けのスパイク選ぶようにしましょう

短いピンって負担を減らすこともできる

スパイクは『ピン』で特性を変えることも出来ます。
通常は土だと12mm、タータンだと7~8mmのピンを使用しますが、5mmや3mmと言ったピンを使用することで足への負担を軽くすることが可能です
中級者向けのスパイクであっても、短いピンを付ければ足への負担が減るため、走りやすさはそのままに初心者でも履けるスパイク特性になりますので、タータン専用スパイクに不安があるなら、元々付いているピンを外して5mmのピンに変えることをオススメします。

 

 

今回のまとめ

中学生は初心者向けの兼用モデルを選んでおけば間違いはありません。
中学生が優先すべきなのは『怪我のリスクを低くすること』で、そのためには初心者向けを選ぶべき。
ただ、初心者向けにもいろいろあるので自分にどのスパイクが合うのかはちゃんと考えましょう。
本当に初心者であればエフォートやブレイブウイングを選べばオッケー!!
サッカーなんかをやっていて体がある程度できているのであればハイパースプリントやジオバーサスなんかが最適です。
場合によっては中級者向けスパイクを選ぶのもアリ!!
クッションやプレートの硬さなんかをいろいろ考えて、最適な1足を探しましょう。






Twitterで更新をお知らせしています↓