第105回(2021年)日本選手権の参加標準が発表!!この記録を上回れば超一流選手の仲間入り!!

日本選手権

陸上は記録を競う競技。
一定以上の記録を持っていれば日本選手権に出場することができます。そのラインとなる記録が参加標準記録。毎年行われる日本選手権ですが、延期されたオリンピックイヤーとなった(やるのかわかりませんが)2021年の日本選手権はまたいつもと違った特別なものになるはずです。

ってことで、今回は
第105回日本選手権の標準が発表!!
っていうお話です。この記録を上回っていればあなたも超一流!!

 

 

第105回日本選手権の参加標準

今回、まぎらわしいことに「参加標準記録」「申込資格記録」の2つがあります。ざっくり言えば、ターゲットナンバーを超える申し込みがあった場合には申し込み資格記録を持っていても人数制限で出場できないかもしれないというもの。
つまり、申し込みはできるけど人数が多いと参加できないかもしれないのが申し込み資格記録で、2020年まではA標準とB標準(A標準突破で出場できる、B標準突破と地域の選手権突破で参加できる)となっていたものをコロナの状況で大会が中止になっていることを考慮してわかりやすくしたのでしょう。
まあでも申込資格記録が前回大会までのA標準とだいたい同じなので、申し込み資格を上回っていれば多くの種目で出場できると思います。
ややこし…

参加標準・申込資格記録一覧

第105回日本選手権 参加標準・申込資格記録
男子 種目 女子
標準 申込 標準 申込
10.25 10.45 100m 11.62 11.84
20.60 21.00 200m 23.82 24.22
46.00 47.00 400m 53.82 54.99
1.48.50 1.49.50 800m 2.06.00 2.09.00
3.42.00 3.46.00 1500m 4.17.80 4.22.80
13.32.00 13.40.00 5000m 15.26.00 15.42.00
13.60 13.92 ハードル 13.35 13.70
50.30 50.50 400mH 58.00 59.00
8.40.00 8.55.00 3000mSC 10.10.00 10.45.00
5.50 5.25 走高跳 1.78 1.76
2.25 2.17 棒高跳 4.13 3.83
8.00 7.80 走幅跳 6.25 6.05
16.35 15.80 三段跳 12.95 12.64
17.80 16.40 砲丸投 15.40 14.00
56.50 51.00 円盤投 51.00 46.20
69.50 62.40 ハンマー投 61.00 55.90
80.00 73.30 やり投 58.50 53.80

記録有効期間は2019年~

今回の日本選手権の標準突破の有効期限は
参加標準記録が2019年1月1日~2021年5月31日
申込資格記録が2020年1月1日~2021年5月31日

となっています。
つまり、昨年の日本選手権で上位入賞できたようなレベルのトップ選手は2020年に大会に出ていなくても今年の日本選手権には出場できる可能性があります。

 

日本選手権に出場できれば超一流。最終的にはこの記録を目指せるくらいのレベルになりたいものです。
男子高校生なら女子の参加標準記録を最初の目標にするとちょうどいいかも。






Twitterで更新をお知らせしています↓