三段跳びで室内世界新!!ザンゴが18m07の大跳躍で師匠のタムゴー越え!!

陸上ニュース

Twitterもありまぁす↓

ユーグ・ファブリス・ザンゴが18m07の室内世界新!!

近年盛り上がっている男子三段跳びで室内世界新記録が誕生しました!!
とりあえず動画を見ましょう。


いまいちわかりにくいかもしれませんが、なかなかとんでもない跳躍です!!

 

 

ザンゴ選手って誰?

今回世界新をだしたザンゴ選手、知っている人は知っているでしょうが、ほとんどの人が知らないことでしょう。
ってことで情報を。

画像:https://worldathletics.org
名前:ユーグ・ファブリス・ザンゴ(Hugues Fabrice ZANGO)
生年月日:1993年6月25日
国:ブルキナ・ファソ
自己ベスト:17m66(世界歴代32位)
主な実績:世陸ドーハ男子三段跳び3位(17m66)

ブルキナファソっていうのは、ガーナとかマリの隣にある西アフリカの国だそうです。
ザンゴ選手のコーチには前室内世界記録(17m92)保持者で屋外で18m04(世界歴代6位)の記録を持つテディ・タムゴーがついています。そのおかげもあってか、ザンゴは世陸ドーハでPBとなる17m66を跳んで銅メダルを獲得しています。
また、跳躍種目でアフリカ人選手が世界記録保持者になるのは意外にも今回が初。

男子三段跳びは戦国時代へ!!

近年、好記録が連発していて盛り上がりを見せている男子三段跳び。
ザンゴが室内とはいえ18mオーバーしたことにより、現役の18m選手が4名となりました。まさに戦国時代!!

選手 PB 実績
C.テイラー 18m21 USA リオ・ロンドン五輪優勝
世陸テグ・北京・ロンドン・ドーハ優勝
W.クレイ 18m14 USA リオ・ロンドン五輪2位
世陸ロンドン・ドーハ連続2位
P.P.ピチャルド 18m08 CUB 世陸モスクワ・北京連続2位
H.F.ザンゴ 18m07
(室内)
BUR 世陸ドーハ3位

世界記録の18m29に最も近く、現役最強のテイラーと、ライバルであるクレイ、ピチャルドが勝負の中心になっています。
そこにザンゴが加わります。
ザンゴのコーチであるタムゴーは世陸モスクワ(2013)の優勝者であり、テイラーはこのとき4位。テイラーが出場した2011年以降の世界陸上で唯一勝てなかったこのタムゴーです。
そう考えると、ザンゴが出てきたことによってテイラーの時代からザンゴの時代へと転換するのも非常にドラマチック!!

そんな感じで、2021年が動き始めた陸上界。
東京五輪が中止になるとかならないとかいろいろ言われていたり、世陸開催予定年だけどこれもどうなるかわからないのですが選手たちは昨年に引き続き非常にいい記録をだしています。

 






Twitterで更新をお知らせしています↓