100m10秒台を他の種目に換算すると?スコアで競技力をみてみよう

陸上のいろいろ, 陸上知識八百万, 陸上を始めよう, 雑記

Twitterもありまぁす↓

陸上は多くの種目があるのでどの種目の人が偉いというのはないことにはなっています。実際には100mの選手が偉いですが。
種目によってやっていることが全然違うので記録を比較することが難しい陸上競技ですが、100mの記録も幅跳びも記録も『スコア』というものに変換することで疑似的に種目間での競争が出来るのです。
そして、そのスコアというのは世界陸連(WA)が決めていて、それが2022年1月に改訂されました。

ってことで今回は
スコアで自分の記録を100mに換算してみよう!!
っというテーマのお話。

100m10秒台というと一般人にも通じる程のすごさがありますが、ではそれは幅跳び7mや高跳び2mあるいは砲丸投げ15mと比べるとどっちの方がすごいのか?
そんな疑問に一瞬で回答してくれるのがスコアです。
自分の記録をスコアに換算して他種目の選手にマウントをとってみましょう!!

 

 

100m10秒99は889点!
幅跳び7m00は922点で幅跳びの勝ち!!

幅跳び7mを跳んだときに10秒台のやつに『競技人口が違うんだから100m10秒台の方がすごい』っといわれてぐぅの音も出ない経験をした人もいるのではないでしょうか?
まあたしかに100mで10秒台の方がすごい気はしますが、そんな議論にもはや意味はないのです。なぜならスコアで比べられるから。
スコアに換算すると10秒99は889点、7m00は922点なので幅跳び7mの方がすごいのです!!
これからは10秒99より7m00の方が33ポイントすごいっと言ってやりましょう。
ちなみに922ptは100mでは10秒88で、889ptは幅跳びでは6m85です。そう考えると、7mってのはけっこうすごい。
そんな感じで、他の種目の記録を比べてマウト合戦ができるのがスコアという考え方。節目のポイントを紹介するので自分が100mに換算するとどれくらいの記録になるのかみてみましょう!!

スコアで100mと他の種目の記録と比べてみよう!!

100mの記録と他の種目の記録を表に並べてスコアを比較できるようにしてみました。
自分の記録が100mに換算するとだいたいどれくらいなのかを確認してみましょう!!

100m vs トラック種目

100mとトラック種目を比べよう
pt\種目 100m 200m 400m 110mH 400mH 800m 1500m
1206pt 10秒00 20秒09 44秒63 13秒25 48秒50 1分43秒95 3分32秒77
1040pt 10秒50 21秒19 47秒08 14秒14
(1041pt)
51秒85 1分49秒52 3分45秒06
946pt 10秒80 21秒85 48秒56 14秒68
(947pt)
53秒87 1分52秒87 3分52秒46
916pt 10秒90 22秒07 49秒04 14秒86 54秒54 1分53秒98 3分54秒90
886pt 11秒00 22秒29 49秒54 15秒04 55秒21 1分55秒10 3分57秒38
828pt 11秒20 22秒73 50秒52 15秒40 56秒55 1分57秒33 4分02秒29
745pt 11秒50 23秒38
(746pt)
51秒98 15秒93
(746pt)
58秒56 2分00秒65 4分09秒63
691pt 11秒70 23秒83 52秒98 16秒30 59秒92 2分02秒92 4分14秒63
640pt 11秒90 24秒27 53秒96 16秒65
(641pt)
61秒26 2分05秒14 4分19秒53
615pt 12秒00 24秒49 54秒45 16秒83
(616pt)
61秒93 2分06秒26 4分22秒01
567pt 12秒20 24秒93 54秒43 17秒19 63秒27 2分08秒48 4分26秒91
498pt 12秒50 25秒59 56秒91 17秒73 65秒29 2分11秒84 4分34秒32
434pt 12秒80 26秒25 58秒38 18秒27 67秒30 2分15秒18 4分41秒68
394pt 13秒00 26秒69 59秒35 18秒62 68秒63 2分17秒39 4分46秒56

100m10秒台と200mは21秒台が同じくらいで語られることが多いのですが、スコア的には21秒台の方がだいぶレベルが高いことが分かります。
400mの大台である49秒台は10秒台とだいたい同じくらいなのでここはイメージ通りといったところ。
また、800mと1500mをみると大台である3分台より2分台の方が難易度が低いらしいです。800m専門で上を目指すなら1分55秒は必須か?

 

100m vs フィールド種目

幅跳び高跳びで大台と言われる7mと2mが100mの10秒9とだいたい同じポイントと言うことがわかります。
やっぱり大台はみんなが意識すべき記録なんですね。

100mとフィールド種目を比べよう
pt\種目 100m 幅跳び 三段跳 高跳び 棒高跳 砲丸投 円盤投 やり投 ハンマー
1206pt 10秒00 8m32
(1208pt)
17m39 2m33 5m78 21m42 67m89 87m33 80m19
1040pt 10秒50 7m55 15m83 2m14
(1037pt)
5m17 18m64 58m87 75m67 69m49
946pt 10秒80 7m11 14m93 2m04
(949pt)
4m83
(948pt)
17m06 53m75 69m04 53m75
916pt 10秒90 6m97 14m65
(917pt)
2m00
(914pt)
4m71 16m56 52m11 66m92 61m46
886pt 11秒00 6m83 14m36 1m97
(888pt)
4m60 16m05 50m47 64m80 59m52
828pt 11秒20 6m56 13m80 1m90
(827pt)
4m38
(827pt)
15m07 47m30 60m70 55m75
745pt 11秒50 6m17
(746pt)
13m00 1m80
(741pt)
4m07 13m67 42m75 54m82 50m36
691pt 11秒70 5m91 12m47 1m74
(689pt)
3m87
(5140pt)
12m76 39m79 50m99 46m84
640pt 11秒90 5m67
(641pt)
11m97 1m68
(638pt)
3m67 11m89 36m98 47m37 43m52
615pt 12秒00 5m55
(616pt)
11m73 1m65
(612pt)
3m58
(616pt)
11m47 35m61 45m59 41m89
567pt 12秒20 5m32
(568pt)
11m25 1m60
(570pt)
3m39 10m66 32m97 42m18 38m75
498pt 12秒50 4m98 10m57 1m51
(494pt)
3m13
(499pt)
10m57 29m16 37m26 34m24
434pt 12秒80 4m67 9m93 1m44
(435pt)
2m88
(435pt)
8m39 25m63 32m69 30m04
394pt 13秒00 4m47 9m53 1m39
(393pt)
2m72
(394pt)
7m71 23m42 29m83 27m42

100m10秒台が1つの目標となっていることを考えると、幅跳び専門の高校生が目標とすべき1つの記録は6m80だと言えるでしょう!!
100m11秒00(886pt)をひとつの水準として、これ以上選手であれば関カレ2部での標準が狙えるので
大学でもある程度通用するレベルだと言って良いと思います。
『元陸上部』として将来人に体力自慢できるのは100m12秒00(615pt)です。陸上部に入ったからにはまずは615ptを越えることを目標に頑張ろう!!

 

ちなみに…
男子と女子ではスコアが違います。今回紹介したのは男子のスコアなので女子はこの表とはズレがあるのでご了承ください。
インドアトアウトドアでも違うので、詳細をみたい方はこのpdfをみると1日楽しめると思います↓
スコアテーブルpdf(World Athletics Scoring Tables of Athletics – Outd

 

 

今回のまとめ

あまり知られていませんが、陸上競技は記録をスコア化することで種目間での比較ができるのです。
イメージ的に『大台』といわれている記録はスコアでみても他の種目の大台に相当する程度の記録で、各カテゴリーで勝負するにはそれぞれ大台を目指すというのが一つの目標になりそう。
100mで10秒台なら大学でもある程度走れますが、これは400m49秒台、幅跳び7m程度、髙跳び2m程度と言う感じでザックリと大台になる記録に相当する記録です。
種目選びというのは陸上人生においてかなり重要なものですが、種目選びに迷っているならいろんな種目を計測してみてポイント換算してみるとあなたがどの種目に適性があるのか分かるかも!?
ただ、やっぱり100m10秒台のやつは尊敬されるのでいくらスコアが高くてもマイナー種目よりメジャー種目の方がすごいよね。

 

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓