陸上で一番大事な道具である『スパイク』。 初心者はエフォートを買っておけばいいのですが、高校生や中級者にはどんなスパイクがおすすめ? ってことで今回は... 【2024年版】中級者におすすめの陸上スパイクはどれ? をテーマにご紹介! スパイクマニアなら選ぶ基準もわかりますが、詳しくないとどれを選べばいいのかわからない...でも、どれを選ぶかでその後の陸上人生が大きく変わっちゃうかもしれません! スパイクを買いまくっていて、2月なのにすでに今年2足もスパイクを買っちゃった管理人が、日本メーカー(ミズノ、アシックス)と海外メーカー(ナイキ、アディダス)のスパイクラインナップから、中級者におすすめなスパイクと選び方をご紹介!!     【11モデル】 管理人のおすすめモデルはこれだ!! 2024年の中級者おすすめモデルを一覧にしたぞ!! ↓ ↓ ↓ メーカー モデル 特徴 ア ...

トラックでもタイムを求めれば厚底を選ぶべき時代です。 でも、『マックスフライ』や『プライムSP2』はカーボンガチガチで扱いが難しいし、値段も高くてそもそも品薄で売ってすらいない!!じゃあ、手に入る厚底スパイクを短距離で使うのはどう? ってことで今回は 【レビュー】アディゼロ『アンビション』は中距離スパイクだけど短距離でもバリバリ使える!! むしろこれ履けばベスト出るんじゃね? をテーマにご紹介。 薄底スパイクは距離や種目によって選ぶべきスパイクが分かれていましたが、厚底スパイクは種目にかかわらず『走力』によってスパイクを選ぶのがいいんです。 今回は、管理人がアディダスの中級者向けスパイクである『アンビション』を実際に使ってみてのレビュー。 今まで薄底で頑張っていた選手でも、これを履いたらベスト出んじゃね?ってくらい、良いスパイクでした!! スパイクレビューって相対的で、何と比べるか?っての ...

今回は雑記です... 2024年、アシックスの『薄底スパイク』はサイバー/SPブレードを残して絶滅しました! 薄底だけでなく、それまでアシックスが推してた「HL-0メッシュ」と「ダイナラップ」の組み合わせもを組み合わせたメタスプリントを中心とした商品群も一気に消滅!! 「メタスプリント、ソニックスプリントエリート2、ジェットスプリント2ってなぁに?」状態。 ってことは、薄底は旧世代のスパイクですか!? ってことで今回は 薄底の最終形態「サイバーブレード」と「ジェットスプリント2」を比べてみた をテーマに、最後の(!?)薄底スパイクである2モデルを比較してみます。レビューではない! 同じメーカーの同じ薄底でも、設計の古いサイバーブレードと薄底時代末期のジェットスプリント2ではずいぶん違いがあって、履き比べてみると設計思想の違いがあるんです。 両者それぞれにクセもあって、比べてみるとおもしろい ...

今回の記事は全2回にわたるレビュー記事の2回目です。 第1回目:エフォートが初心者におすすめな4つの理由 第2回目:(今ココ)エフォートを購入!実際に履いてレビュー! 1回目ではエフォートが初心者におすすめである4つの理由をご紹介しました。2回目の今回は、管理人がエフォートを購入して使用したレビューをご紹介していきます。 ってことで今回は 【レビュー②】アシックス『エフォート』のメリットとデメリットを実際に履いてご紹介! をテーマにご紹介。 エフォートは初心者には間違いなくベストな1足ですが、しかし初心者以外には別のスパイクをおすすめしたいのも事実。 アシックスの『エフォート』は初心者向けのド定番モデルで、前回は4つの理由をあげて陸上chの見解としても初心者の最初の一足ならエフォートがベストという結論に至っています。初心者が店舗でおすすめを聞けばほぼ間違いなくこれが出てきますし、初心者であ ...

    今回の記事は全2回にわたるレビュー記事の1回目です。 第1回目:(今ココ)エフォートが初心者におすすめな4つの理由 第2回目:エフォートを購入!実際に履いてレビュー! 1回目の今回はエフォートが初心者におすすめである理由を、2回目の次回は管理人が実際に購入して使用したレビューをご紹介します。 ってことで今回は 【レビュー①】アシックス『エフォート』が初心者におすすめな4つの理由! をテーマにご紹介。 ハッキリ言って、初心者の最初の一足なら『エフォート』を選ぶのがベストだと思います! 陸上競技を始めたらまず必要となるのが「陸上スパイク」です。初心者はどのようなスパイクを選べば良いかで迷うこともあるでしょう。そんな初心者におすすめのスパイクが、アシックスの「エフォート」です。 エフォートは初心者向けスパイクの代名詞的モデルで、陸上選手の最初に履いたスパイクは大体がこのエフォートか、ミズ ...

202X年 陸上界は厚底の炎に包まれた 2023年現在、「速く走りたい」のが目的であれば厚底スパイクを選ばない理由がないです。 しかし、ほんの数年ままでは薄くて硬いスパイクこそが「上級者向けスプリントスパイク」で、硬ければ硬いほど薄ければ薄ほど尊敬の眼差しを受けたものです。 そして薄底世紀末にリリースされたのが「メタスプリント」「ジェットスプリント2」「ソニックスプリントエリート2」のフラット3兄弟。 従来のスパイク技術の結晶と言える薄底時代末期のモデルのほうが厚底より速く走れるってことはなかろうか? ってことで今回は 【レビュー】『メタスプリント』は意外にもシューズっぽくて走りやすい! だけど反発を使うには高いスプリントスキルが必要だ!! をテーマにご紹介。 アシックス メタスプリント posted with カエレバ   楽天市場 Amazon Yahooショッピング   アシックスが ...

時代は厚底で、アシックスも厚底の「メタスピードSP/MD」をリリース。10秒台でさらにタイムを狙う超上級者は厚底を選ぶのがベストだと思います。しかし、11秒台のいわゆる中級者に厚底がほんとうに必要か!?ボルトの世界記録だって薄底だし、マックスフライ登場前は9秒台の選手でも全員薄底だったんだぞ!! そして、「薄底時代」最後の商品群であるアシックスのフラットスパイクは多くの中・上級者選手にとって最適なスパイクであるはず! ってことで今回は 【レビュー】 『ジェットスプリント2』はフラットで走りやすい!! 裸足感覚で接地感バツグンな中級者にもオススメできるスパイクだ!! をテーマにご紹介。 アシックス ジェットスプリント 2 posted with カエレバ   楽天市場 Amazon Yahooショッピング   アシックスと言えば「フラットスパイク」!! なかでも桐生モデルとして誕生した初代『 ...

日本メーカー(ミズノ・アシックス)と海外メーカー(ナイキ・アディダスなど)のスパイクの最大の違いはなんでしょう? そう、ピンが違うんです。プレートとか以前に、そもそもついているピンが違う。 海外メーカーは『ニードルピン』が、ミズノ・アシックスは『平行ピン』が標準採用されており、海外スパイクを買ってビックリした人も多いでしょう。 海外にはそもそも平行ピンがないそうで、世界的にはニードルピンが普通らしい。日本では数年前までルールでニードルピンが禁止されていたこともあり、今でも日本メーカーのスパイクは平行ピンを使用していて、ニードルピンは用品店でもほとんど売っていません。 また、ニードルピンは刺さりやすいので抵抗が少なくてグリップが良いのですが、タータンへのダメージが大きいため日本の競技場では今でも使用を禁止しているところもあります。(そのおかげで日本は高反発のタータンが多いらしいです) そんな ...

2023年6月29日、待望のアシックス厚底スパイク『メタスピードSP』が発売となりました。 依然としてナイキ『マックスフライ』とアディダス『プライムSP2』の2強状態ではあるものの、本格的なハイパースパイク時代真っただ中!! でも、厚底スパイクって必要!? あなたの力を本当に引き出してくれるのは、最新の厚底じゃなくてもっと扱いやすい薄底スパイクなんじゃない!? ってことで今回は 【2023年】今が買いドキ!!「ジェットスプリント2」をすぐ買え!! をテーマにご紹介。 厚底スパイクはあいかわらずの品薄で入手困難。価格も平気で3万近くして、10年前くらいのスパイクからしたら倍くらいの値段です... しかし!!ほとんどの選手にとって実は薄底スパイクで十分なんじゃん!? 翻って考えると、今の『厚底ブーム』の裏では『薄底投げ売り』が起こっているんです!! 紹介している値段は執筆日(2023.06.3 ...

『厚底』と言えばナイキのヴェイパーフライ。 2017年、ヴェイパー登場当初は色モノ扱いだったものの、たった数年でマラソン界は薄底がほぼ完全に淘汰されいまやマラソン=厚底シューズが常識に。その波は短距離スパイクにも波及し、現在の短距離界ではナイキ「マックスフライ」、アディダス「プライムSP2」が世界大会で猛威をふるっています。 ちょっと期待外れだったけどミズノも「エックスブラストNEO」をリリースし、残るはアシックス... そこででてきたのが 100m世界チャンピオンフレッド・カーリーとアシックスの契約!!からの新型厚底スパイク発売!! カーリーの他にも山縣選手も履くことが発表されたりとチラチラと露出していた新型スパイクでしたが、諸々発表になりました。 ってことで今回は アシックスの新型厚底スパイク『メタスピードSP』が出るぞ!! をテーマにご紹介。 やっとですね。アシックスの新型厚底スプリ ...

陸上で一番重要な道具であるスパイク。 種目や用途によって選ぶのはもちろんですが、レベルによっても最適なモデルがあるはず! ってことで今回は 中級者におすすめの陸上スパイクは? をテーマにご紹介。 巷にあふれる「おすすめ20選」みたいなのはほぼ全部ウソ。だって、そんなにいっぱいスパイクの種類ないもん。ってことで、管理人が実際のおすすめ情報をご紹介します。 以前にも似たテーマの記事を書いたのですが、情報が古くなりつつあるのでバージョンアップ。できるだけシンプルに、これがこう良いっていうポイントをお届けしたいと思います...     まずは【定番】 ①SPブレード ②エックスブラスト ③エックスレーザー この3モデルから選ぶのがおすすめ まずはなにはなくとも日本メーカーの中級者向けモデルを選ぶのがおすすめです。3系統あって... ①SPブレード・サイバーブレード ②エックスブ ...

陸上スパイクは、大きく「専用スパイク」と「兼用スパイク」に分かれています。 専用っていうのはタータン(競技場)だけで使えて、兼用ってのはピンを付け変えればタータンでも土(校庭)でも使えるって言う意味。 そして兼用スパイクは”初心者向けオールラウンド”とも呼ばれ、全種目に対応しています。 兼用スパイクは2023年のラインナップではミズノから2種類「Xファースト」と「Xスピリット」が、アシックスからは3種類「エフォート」と「ヒートスプリント」と「ヒートフラット」が出ています。 ってことで今回は アシックスの初心者向けスパイク「ヒートスプリント」と「ヒートフラット」はなにが違う? をテーマにご紹介。 兼用スパイクはどれも初心者向けオールラウンドなので、シューズチャートでは短距離のみならず跳躍や中距離にも対応しています。 全種目に対応してるなら1種類あればいいんじゃない?って感じですが、なぜかアシ ...

世陸ブダペスト大会のある2023年、アシックスはなんと100mチャンピオンのフレッド・カーリーと契約しました!! そして、カーリーは厚底カーボンっぽいアシックスの新型スパイクを試合で使用しており、いよいよアシックスも厚底スパイクをリリースか!?っていうのが2023年春(執筆時点)の現状。 ってことで今回は 2023年スパイク事情~アシックス編~ をテーマにご紹介。 新作 ・メタスピードLD LE モデルチェンジ ・ヒートスプリント13 ・ヒートフラット12 継続 ・メタスプリント ・ソニックスプリントエリート2 ・ジェットスプリント2 ・SPブレード9 ・サイバーブレード16 ・エフォート13 ・コスモレーサーMD2 ・コスモレーサーLD2 ・ガンラップ2 ・メタスピードLD 廃盤? ・ハイパースプリント ・ハイパーMD ・ハイパーLD とにかく今年はカーリーモデルが出るのか!?が最大の注 ...

次世代短距離スパイクとして2022年にミズノが出したのが『Xブラストネオ』という厚底スパイク。 歴史的な日本メーカー初の「厚底スパイク」であり、ミズノ史上最強の反発力をもつというこのモデルですが、この時代のトップ選手はすでにナイキ・アディダスにどっぷり!! さらにはミズノの選手ですらXブラストではなく別の特注モデル(インクスの厚底版)を履くというなんとも残念なスパイクなのです。 ってことで今回は ミズノ『Xブラストネオ』レビュー!!厚底がもたらす反発力は別次元!! をご紹介。 いよいよというタイミングでミズノがリリースしたのは誰もが望んでいた「インクスの厚底版」ではなく、この『Xブラストネオ』なる謎のモデル。管理人も最初は「これじゃねぇ...」っと思わざるを得ませんでした。 スペック的には重量がかなりあり、さらに値段は3万弱。ナイキ・アディダスがあるなか、あえてミズノを選ぶ選手は多くありま ...

個人的にはエックスシリーズのプレートって結構いい感じだと思うのですが、競技場で周りを見るとあまりシェアは高くない様子... 海外メーカーのスパイクの出来が良いからあえて選ばないっていうのも一因だと思いますが、Xシリーズは違いがわかりにくくてイマイチ手に取りずらいっていうのが原因なんじゃないかと思っています。 ってことで今回は 【スパイクレビュー】 Xレーザーエリート2は「高い柔軟性」と「適度な反発」で中級者にもおすすめなスパイクだった!! をテーマにご紹介。 固定ピンということもあり”上級者向け”としてラインナップされているXレーザーエリートですが、実際に履いてみると他の上級者向けモデルのようなクセが全くなく、「エリート」名をもちながらも中級者でも十分に扱えるスパイクであることがわかりました。 不人気ゆえにかなりかなり安値で買える場合もあり、歴代をみても屈指のコスパ最強スパイクかも!? サ ...

事件は2021年。それまでミズノの中・上級者向けシリーズだった「ジオシリーズ」が廃止され、かわりに「エックスシリーズ」がラインナップされたことでスパイク選びがややこしくなりました。この「Xシリーズ」は特殊な技術で同じ形状ながら硬さの異なるいろんなスパイクを作れるという画期的なもので、その詳細は特許なので誰でもみることが出来ます(特許6903088)。 で、この技術のおかげでミズノはみためがそっくりなのに性格が違うスパイクを3年で13モデルもリリースしてしまうのです...(21年4モデル、22年5モデル、23年4モデル。) そんなわけで、Xシリーズはもはやなにを選べばいいのかわけわからない!! ってことで今回は ミズノ『Xシリーズ』の違いはなに? 「ブラスト」と「レーザー」さらに「エリート」と「ネクスト」では何がどう違う? をテーマにご紹介。 管理人、昔からミズノのスパイクを愛用しています。 ...

管理人、『Xレーザーエリート』と『Xブラストネオ』を新たに購入しました。 で、それぞれのレビュー記事を執筆中なのですが、Xブラストネオがすごかったのでとりあえずそのすごさを伝えたくて先にこの記事を書きました。 ってことで今回は Xブラストネオはすごいスパイクだから在庫あるうちにかったほうがいい!! っていうお話です。 正直言って、Xブラストネオが出たときにはこれじゃない感ありましたし、誰もが飯塚選手が履いてるインクスの厚底バージョンを望んでいたことでしょう。管理人も厚底インクスがいいです。 しかし、Xブラストネオはこれはこれでいい!! これじゃないとか言ってごめんなさいミズノさん。 今回はファーストインプレッションってことでさわりだけ。今回は取り急ぎそのすごさだけご紹介します。 詳しいレビューは別記事で書きますので詳細はそちらでお願いします。     2022年モデルは ...

ヴェイパーに端を発する『厚底問題』ですが、近年はさらにややこしさが増して誰も特しない状況になっています。 ザックリ言うと、トラックでは24年までは短距離が20mm以下、中・長距離が25mm以下、フィールドが20mm以下で三段跳びは25mm以下のシューズが許可されています。 ややこしい... で、この規制がかかる前の設計のスパイクは20mmを超えているものもあったり、三段のスパイクを幅跳びで使うと失格になったりなんてことが世界のトップレベルですら起こっています。 そして、先日室内で8m40という超高記録を叩きだしたテントグルーもまたこのルールの犠牲となったのです。 ってことで今回は 長距離スパイクで8m40を跳んだテントグルーの記録が取り消しに! をテーマにご紹介。 スパイクは世界陸連(WA)が公表しているシューズリスト(ここのWorld Athletics Approved Shoe Li ...