中学の部活陸上部に入ったことで陸上デビューをする選手がほとんどだと思います。私もそうでした。 そんな陸上初心者の中学生に『とりあえずスパイクを買え』なんて言われても最初は何もわからない!! 今回は 中学生のための陸上スパイク選びのポイント をご紹介。 『上級者向け』とか『短距離向け』とか言われてもどれを選べばいいのか分からない!! そんな選手でもポイントをいくつか絞って考えれば最適なスパイク選びができるはず。     土で使えるスパイクとタータン専用のスパイク スパイクには2種類あり、土でも使える『兼用スパイク』とタータンでしか使えない『専用スパイク』という分け方をされます。 専用スパイクを土で使用するとネジ穴が壊れたり、プレートが曲がってしまうことがありますので、土での使用を考えているのであれば、迷わず兼用スパイクを選びましょう! 兼用スパイクのメリットとデメリット ...

陸上はスパイク以外の道具を使わないため、スパイクへのこだわりが強い選手も非常に多い。 トップ選手ともなればプレートの方さやアッパーを特注することもできますが、一般的な選手はさすがにそこまではできません。 そこで、ピンの長さを変えてスパイクをカスタマイズするということがよくおこなわれています。 かつては『アタッチメント』をつけることで傾斜をつけたりグリップ力をアップさせたり、つま先に『Vピン』をつけるなどといったことも広く行われてきました。 しかしそんなことをやっている人は絶滅し、最近はピンを短くすることが流行中!! ってことで、今回は ピンの長さは何ミリがいいのか!? という命題について考えてみます。 ピンの長さを変えるだけでスパイクの特性を変えることができますので、走りにあったピンを選ぶこともまた大切なことなのです。     ピンの長さの基本 従来、ピンの長さは種目に ...

陸上部に入部して幅跳びを専門にしようと思っている人はまちがいなくスパイク選びで迷います。 私も幅跳びスパイクを買うまではその必要性をあまりわかっていませんでした。 しかし... 一度履けば幅跳びスパイクの跳びやすさは衝撃的なものだった!! 専用スパイクを履けば絶対に記録が伸びます!! 今回は 7mジャンパーが教える幅跳びスパイクと短距離スパイクの違い についてご紹介。 元7mジャンパーであり、中学から大学まで幅跳びを専門にしていた管理人が初心者のための幅跳びスパイク選びについてご紹介します。 幅跳び用スパイクと兼用スパイクは何が違うのか? 短距離用スパイクで幅跳びしちゃだめなのか? そもそも幅跳び用スパイクって必要なのか? 上記のようなことがひっかかってなかなか幅跳びスパイク購入に踏み出せずに迷っているあなた、絶対に今すぐ買うべきです!!     幅跳びスパイクは4種類 ...

トラック種目の基本が100mであれば、フィールド種目の基本は走幅跳と言えるしょう。 幅跳びが出来れば跳躍系の種目はだいたい出来ると思います。逆に、幅跳びが出来ないと他の跳躍種目も出来ないと思います。 そしてそんな幅跳びの動作に大きな影響を与えるのがスパイク。実際にはいてみると跳躍のことを考えて作られているのでメチャクチャ跳びやすい!! 今回は 幅跳びスパイクのオススメはどれ? をテーマにご紹介。 各メーカーから幅跳用スパイクが出ていますが、結局どれを買うのがオススメなのかを独断と偏見でリコメンド!! ちなみに... 幅跳びスパイクの各メーカーごとの違いについては以前まとめていますのでそちらを見てからだと話がわかりやすいと思われます!   今、最もオススメな幅跳びスパイクはアシックスだ!! 最初に、今いちばんオススメしたいスパイクについて紹介します。 それがこの LONG JUMP ...

陸上スパイクの最大の特徴は『ピン』がついていることでしょう。国産スパイクは並行ピンがついており、海外のスパイクにはニードルピンがついています。それぞれのピンには特徴があり、シューズとの組み合わせによって走りの良し悪しを左右するであろうけっこう大事なパーツです。 当ブログでもなんどかスパイクピンについての記事を書いています。 今回は 速く走りたいならニードルピンがおすすめ!! っていうことでニードルピンの良さをご紹介。トップ選手でも並行ピンを使っている選手とニードルピンを使っている選手がいますので実際のところどっちでもいいのですが、ニードルピンを使うと走りがブラッシュアップできるかも?   ニードルピンは走りやすい!! ニードルピンっていうのはこういうやつ ニードルピン 7mm 50本 陸上競技用ピン 先端がとがっていて、7mmが標準ですが中には5mmのものもあります。ねじ山部分は ...

陸上のスパイクはミズノかアシックスのどちらかを選ぶ人が多いと思います。最近はナイキ・アディダスもかなり勢力を伸ばしていますが、学生の間ではやっぱり国内メーカーが人気です。 ミズノ派、アシックス派と派閥が生まれるスパイクですが、そもそもこの両メーカーにはどんな違いがあるのでしょう? ってことで、今回は ミズノとアシックスのスパイクは何が違う? についてご紹介。ちなみに私はミズノ派です。     ミズノとアシックスの設計の違い ミズノとアシックスを比較する上で、まずは設計が違う部分を紹介します。 紹介するポイントは ①接地 ②かかとのカップ ③足幅・足型 ④アッパー これらの微妙な違いが、アシックスとミズノの違いです。 ①ミズノはフォア、アシックスはフラット ミズノはどれも傾斜が強くフォアフット向けのスパイクといえます。 アシックスは傾斜の弱いフラット系のスパイクもラインナ ...

陸上の花形である100m。専門にしている人口が一番多く、すべての陸上競技の基本となるのが100mです。どれだけ100mを速く走れるかが陸上選手としてのレベルを決めると言っても過言ではないでしょう。 何も考えずに陸上部に入った人はとりあえず100mを走らされるので、そのまんまずっと100mをやり続けるという人もたくさんいます。 1年前に100mでオススメのスパイクをまとめた記事を書きました↓ しかし、スパイクは水もの。特にオリンピックイヤーであった2020年はニューモデルが出るなどしてちょっと情勢が変わってきました。 ってことで、今回は 100mでオススメのスパイク2020年版 をご紹介。 いろいろな種目があるなかで、ショートスプリントに絞ったお話。例によって初心者から中級者スプリンターにむけて2020年のスパイク事情をかんがみたオススメのスパイクをご紹介します。     ...

近年陸上のスパイクの進化は目を見張るものがあり、ついにはアシックスからピンのないスパイクまで発売されました。陸上上級者ともなるとそれぞれにスパイクの好みがあり、個性的なスパイクをカッコ良く履きこなしています。 しかし、初心者向けのスパイクは個性がイマイチはっきりしないためどれを選べばいいのかわかりにくい。一見すると同じようにみえる初心者向けスパイクでも、よーく見るとそれぞれにコンセプトがあって個性が違うのです。 今回は 【2020年版】初心者向けスパイクはどれがいい? をご紹介。 五輪イヤーでもあった2020年シーズンに投入されている初心者向けスパイクをどう選べばいいのか紹介して行きます。     初心者向けスパイクは9種類もある!! 2020年ではミズノが3種類、アシックスが6種類(!?)のスパイクを初心者向けとしてラインナップしています。 ミズノ: ブレイブウイング ...

東京オリンピックが開催されるはずだった2020年。ナイキのヴェイパーフライ騒動の余波によって特注スパイクの使用が制限されるなど騒然としているスパイク業界ですが、世陸の公式スポンサーになるなどしてその存在感を世界でアピールしたいアシックスはとんでもないスパイクを一般発売したのです。 ってことで、今回は 2020年スパイク事情アシックス編 をご紹介。 ピンなしスパイクに跳躍スパイクなど、ラインナップを一新したアシックスにとって飛躍の年になるのか!?     アシックスの2020年短距離スパイク事情 2020年のスパイク情勢はかなりややこしいことになっています。 2019年の世界陸上ドーハ大会で桐生選手、ウォルシュ選手が履いて話題となったいわゆる『ピンなしスパイク』がメタスプリントという名称で一般向けに発売されました。それに伴ってアシックスのフラッグシップモデルであったソニッ ...

陸上競技で使われる数少ないアイテムであるスパイク。スパイクの善し悪しが走りの善し悪しを決めると言っても過言ではありません。 スパイクにこだわる陸上選手は非常に多く、各メーカーから特色あるスパイクシューズがいろいろとラインナップされています。種目や走り方に応じて自分に合ったスパイクを選ぶというのも陸上競技の楽しみとも言えましょう。 で、そんな陸上のスパイクには、その名の通りスパイクピンがついています。当ブログでもピンについては何度か記事にしています↓ 陸上にこだわり、スパイクにこだわるのであればピンにもこだわるのは自然な流れ。 今回は、 スパイクピンの選び方 をご紹介。自分の走りにあったスパイクピンを選べばちょっとだけ記録が良くなるかも!?     ピンの長さで走りが変わる!! ピンを考えるうえで、まず最初に考えるのは長さです。 ニードルピン(あとで説明します)だと長さは ...

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。 日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか? 毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!! ってことで、 2020年スパイク事情 アディダス編 です!     アディダス ボルトが引退したことによってプーマの存在感は薄れ、ナイキとアディダスが現在の2強です。しかし、コールマン、フレイザープレイス、アッシャースミスなど、トップを争う選手はナイキが多くのシェアを占めています。 アディダスは、ノア・ライルズとプロ契約を結んでおり、ライルズの活躍次第でこの先のアディダスも決まります。 アディダスのスプリントスパイクと言えば硬くて傾斜がきついことが特徴で、2020年モデルもイメージそのままです。一度アデ ...

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。 日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか? 毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!! ってことで、 2020年スパイク事情 ミズノ編 です!     ミズノ 世界選手権ではアシックスをはじめとする他メーカーに大きく差をつけられている感じのするミズノ。いよいよ箱根駅伝でもナイキにシェアを独占されてしまっています。 2020年は節目の年でもあるので、いよいよインクスが9から10になるのか?っと思っていたのですが、特に変更ありませんでした。 ミズノのラインナップをザックリまとめると クロノシリーズ オニキス→色変更 インクス→色変更 ディスト→色変更 ジオシリーズ スプリント→色変更 ジオサイ ...

ニューバランス(以下NB)のスパイクは日本では激レアです。取り扱っていない販売店も多く、おそらくは公式に国内販売はされていないと思われます。 学生スプリンターなどのガチ勢はあえて選ぶことはないであろうNBですが、女子400mHで世陸ドーハ銀メダルのマクローフリン選手が着用するなど、国際大会ではNの文字が入ったシューズを目にすることも多いのです。 かくいう私もSD100という軟らかいモデルを1足持っていて、かなり履き心地が良くてお気に入り。 SD100のレビューはこちら↓ このSD100はなかなかいいスパイクでありながら反発が全くないというわりと致命的な欠点がありました。 そこで私が手を出したのがSD100よりも反発の強い短距離向けモデルであるSD200というモデル。またの名を『VazeeSigma』です。 今回は NBの短距離スパイクVazeeSigma(SD200)をレビュー!! 日本で ...

オフシーズンで書くこともないので雑記です。 良いスパイクってなんなんだろうというお話。 陸上で唯一の道具であるスパイク。 ある程度の経験があればアシックス派だったりミズノ派だったりなかには海外メーカーばっかり履いていたりと、こだわりが出てくることでしょう。 私は学生時代にはミズノ一筋でしたが、趣味陸上になってからはそれまで履いてこなかった海外メーカーのモデルを中心に履くようになりました。 色んなスパイクを履くと思うんです。 スパイクって結局どれがいいんだろう? って。 ミズノばっかり履いていたからミズノの履き心地が一番シックリくるのは間違いないんだけど、アシックスを履けばそれはそれで良いし、海外メーカーのスパイクも履き心地は悪いけど数本走るだけなら何の問題もない。むしろ海外メーカーのほうが反発があっていい。 どのスパイクにもそれぞれ良さがあって、逆に言うと良くないスパイクなんてないんですよ ...

アシックスのピンなしスパイクといえば2018年にそのプロトタイプが発表され、一部で話題になっていました。 次世代スパイクとして開発されているこのピンなしスパイクは、その名の通りピンを持たずに突起でグリップするという新しいコンセプトのスパイク(スパイクがついていないのでスパイクと言っていいのかはわかりませんが、便宜上スパイクとします)。       アシックスのピンなしスパイクとは? スパイクというのは陸上に限らず地面にピンが刺さることでグリップを得るシューズです。陸上の場合はピンには針が使われていて、ゴムのトラックにピンが刺さることで強烈なグリップを発生しています。 普通のスパイクにはピンがある 従来の桐生選手のモデルがこちら裏にはピンが付いています。 桐生選手のスパイクはいわゆるフラット走法向けで、スパイクの傾斜が緩くピンが走りを邪魔しないような配置と本数に ...

かつてはミズノかアシックスが大半を占めていた陸上スパイクですが、ナイキやアディダスのスパイクは競技場でもみる機会も増えました。 しかし、ニューバランスとなると、ごく一部のショップの隅っこにちょっと置いてあるだけ。 現役の学生選手が履いているのなんてまず見ないです。 普通の人はニューバランスに手は出さないですよねぇ... まあ、私は買いましたけど!! 今回は、普通の人は気にすらならないマニアックすぎるニューバランスのスパイクをご紹介します。 モデル名は 『SD100v』 だと思うのですが... 日本で正規販売されていない(?)ので、本当の名称はわかりません!! NBのSD100vってことで話を進めます。 SD100シリーズのちょっと古いモデルだと思われます。 日本ではMSD100で売ってるようです。 NBのロングスプリント向けのスパイクだと思っていますが... そもそも短距離用なのか!? そ ...

国際大会を見ているとアディダスとナイキのスパイクがほとんどのシェアを占めています。三段跳びのトップ選手であるクリスチャン・テイラーもアディダスを履いています。 海外スパイクは外れがあるのでなかなか手が出にくいかと思いますが、ナイキズームLJ4は実際に履いてみてもなかなか良いスパイクでした。 アディダスの幅跳びスパイクはどうなのでしょう? アディダスのスパイクって、気になるけど日本ではほとんど売られていないのが現状です。 ネットでもレビューは全然なさそうですね... 私は競技ではなく趣味として陸上をやるようになったので、こういう意味不明なスパイクにも手を出せるようになり、アディダスの短距離スパイク『アクセラレータ』も履いています(レビューはこちら)。 今回も私が人柱としてアディダスの幅跳びスパイクをレビューします。 ていうことで、今回はアディダスの幅跳びスパイクである 『adizero LJ ...

日本選手の多くが愛用していて、現在のトップである橋岡選手も使用しているミズノの幅跳びスパイク。 これまた、トップ選手のものとルックスはまったく同じものが市販されています。 幅跳びをやっている人であれば誰しもがミズノかアシックスで悩むものかと思いますが、 今回はミズノの幅跳びスパイクである 『フィールドジオ LJ』 を評価してみます。 まず最初に言っておきますが、 私はミズノ派です!! 学生時代からずっとこのフィールドジオLJを愛用しております。 三段用もフィールドジオAJを使っていました。 私の幅跳の感覚はフィールドジオの感覚を前提に形成されています。 アマゾンでも普通に売ってます↓ フィールドジオ LJ ちなみに、『LJ』は幅跳び用『AJ』は三段跳び用で、見た目はほぼ一緒ですがソールのクッションの厚みが違います。   幅跳びスパイクは他にナイキとアディダスもレビューしています。 ...