世界陸上を9月に控えた2019年。 いつもの世界陸上であれば8月開催のため7月は最終調整時期となるのですが、今回はちょっと違う様子。 遅めの5月ごろにシーズンインして、どの選手も6,7月で一度仕上がった感じになっています。代表権がとれた選手は夏休みでリフレッシュして、ドーハに臨む感じ。 ってことで、今季は夏シーズンはありません。 7月が終わると同時にシーズンはほぼ終わりました。 あとは秋に世陸があるだけ。スロースタートのまんま気が付けばシーズンが終わっているのです。 今回は、ドーハを控えた夏シーズンのランキングをご紹介します。 スロースタートだった春シーズンは別でまとめていますのでそちらもご参考下さい。     2019年夏シーズン世界ランキング 2019年は陸上界ではターニングポイントの年になるかもしれません。 2017年にボルトが引退して初めての世界陸上。絶対王者と ...

陸上競技の花形である男子100m。 日本国内でも大いに盛り上がっているこの種目ですが、世界ではどういう状況なのでしょうか? 今回は、 男子100mの現状(2019年版) をご紹介します。 陸上に詳しくない人でも、これさえ知っておけば世陸ドーハに向かう陸上界を楽しめるはず。   世陸ドーハの注目選手はこちらの記事でもご紹介しています         男子100mは群雄割拠の新時代!! 男子100mといって誰を思い浮かべるでしょうか? カールルイス、モーリスグリーン、ウサインボルトなど、時代ごとに陸上に興味がなくても名前だけは知っていると言う選手がいるのが男子100mのすごいところ。 しかし、絶対王者ウサイン・ボルトの引退から2年。今誰が強いのかなんて知っている人はほぼいないと思います。陸上やっていても知らない人がほとんどではないでしょうか? ...

世界陸上ドーハを控えた2019年春シーズン。 今回の世陸はいつもの8月ではなく9月に開催されるため、例年よりもシーズンインを遅らせている選手も多い感じです。 そんな2019年シーズン序盤、5月までのシーズンランキングと注目ポイントをご紹介します。 序盤なので、男子の100~400mだけです。 2018年の世界ランキングはこちら     2019年春シーズン世界ランキング 100mの2019年世界ランキングは春シーズの段階ではやっぱりアメリカ勢が目立ちます。 200mでもアメリカ勢に勢いがありますが、新星オドゥドゥルがランキングトップ。 400mはもはやアメリカの独壇場。 100m 1. 9.86(+0.9) Noah LYLES (USA) 1. 9.86(+0.9) Christian COLEMAN (USA) 3. 9.94(+0.8) Divine ODUDUR ...

世界陸上もオリンピックも開催されない穴のとしだった2018年シーズンも終わりを迎えました。 結果として、屋外の世界記録が2つ(男子マラソンと男子10種)。 室内の世界記録が1つ(男子60m)。 今回は、男子の800mまでと跳躍の各種目のランキングをご紹介します。 2019年の春シーズンランキングもまとめています。 個人的に注目している選手の記事はこちら... 世界陸上ドーハの標準突破者(日本人選手)はこちら 東京オリンピックの標準突破者(日本人選手)はこちら     トラック種目 100m 1. 9.79(-0.3) Christian COLEMAN(USA) 2. 9.87(-0.1) Ronnie BAKER(USA) 3. 9.88(+1.1) Noah LYLES(USA) 4. 9.89(+1.4) Michael RODGERS(USA) 5. 9.91( ...