陸上を見る上で知っておきたい選手を独断と偏見で紹介するシリーズ。 第1回目の今回は 短距離界の新星クリスチャン・コールマン についてご紹介します。 東京五輪、そしてその先のパリ五輪で競技者として最も脂がのる選手で、この選手を抜きに陸上は語れません。 カール・ルイス、モーリス・グリーン、そしてウサイン・ボルトといった100mのチャンピオンは各世代の陸上競技の顔です。なかでもやっぱりボルトは別格。陸上なんて興味ない人に『100mといえば?』と聞けばボルトと答えると思います。それほどに実力も知名度もバツグン。 そんなボルトも2017年に引退。ボルトがいなくなって初の2019年世界陸上ドーハ大会100mでは23歳のクリスチャン・コールマンが優勝しました。 コールマン、どれだけの人が知っているでしょう?たぶん陸上ファン以外は知らないと思います。     クリスチャン・コールマンと ...