2020年7月 31日~8月9日の日程で開催される東京五輪。その代表選手の選考要項が発表されました。 代表条件を端的に言えば ①標準突破+世陸3位以内 ②標準突破+日本選手権3位以内 ③ワールドランクで有資格+日本選手権3位以内 ④標準突破の上位者 ⑤ワールドランクで有資格の上位者 この上から優先度が高くなっています。実に分かりにくい。 今回は、この東京五輪代表の選考についてご紹介します。     東京五輪代表選考の基準 まず、五輪代表には2つの基本的な選考基準があります。 1つ目は『標準記録』、2つ目は『ワールドランキング』です。 この2つを知らないと選考も意味不明なので、そこからご紹介します。 標準記録とワールドランキングによる選考 従来から陸上競技の代表選考には『標準記録』というものが用いられています。 これは世界大会に限らず、東京選手権などの大きな大会でも使われ ...

2020年に開催される東京五輪の標準と突破者をリストにします。 競歩は省略です... 8/19まで更新 細かいことはこちらの記事で 2018年シーズンランキングはこちら 世界陸上ドーハの標準突破者(日本人選手)はこちら     標準記録 東京五輪の代表選考は、世界ランキング上位者から選ぶことを基本として、ランキングに漏れてしまった力のある選手を拾うために標準記録も採用されています。ランキング上位あるい標準突破で出場権が得られます。 引用:IAAFHP 記録の有効期限は2019年5月1日から2020年6月29日まで。 10000m、マラソン、競歩、混成は2019年1月1日から2020年5月31日まで。 男子標準突破者 突破している種目と突破に近い記録が出ていて突破が期待される種目だけを掲載していきます。 100m(標準10.05) サニブラウン・アブデル・ハキーム 9.9 ...

ついに東京オリンピックの競技日程が発表されました。 開会式が7月24日(金)、閉会式が8月9日(日)となっております。チケット購入のご参考にしてください。 気になる陸上競技は、7月31日(金)~8月9日(日)が競技期間となります。 注目の4×100mリレーは8/6が予選、8/7が決勝の予定です。 東京オリンピックの標準突破者(日本人選手)はこちら       陸上の競技スケジュール 7/31(金) 9:00 - 12:30 男子3000m障害予選 男子走高跳予選 男子円盤投予選 女子800m予選 男子400mハードル予選 女子100m予選 19:00 - 21:10 女子5000m予選 女子三段跳予選 女子砲丸投予選 混合4×400mリレー予選 男子20km競歩表彰式 男子10000m決勝 8/1(土) 9:00 - 12:00 女子400mハードル予選 女子 ...

東京オリンピックの参加資格には、従来の参加標準ではなく世界ランキング制が導入されるとのことでしたが、参加標準も併用されることになりそうです。 これにより、標準記録で出場権を獲得する選手は各種目の50%程度になる計算だそうです。 2018年シーズン世界ランキングはこちら     参加標準とランキングを併用 世界ランキング制は、記録によって換算されるポイントと大会ごとのラベリングによって決まる順位によるポイントの合計で選手にポイントが付されるシステムで、そのポイントによってランキングが決まります。 このポイントの上位5試合の平均によってランキングが決まるため、今まではよくわからない大会でも申し込み期間ギリギリに1発だけ標準を突破すれば参加できたのですが、世界ランキング制ではそれなりの大会で複数回結果を出さないといけない事になっていました。 世界ランキング制では地力がある選手 ...