リオ五輪ではほぼ全員ナイキを履いてるんじゃないかというほど黄色とピンクのナイキスパイクが目立っていました。その後も世界中の短距離選手は誰もがナイキの『スーパーフライエリート』を使っているような状態でした。 そんなナイキは東京オリンピックにあわせて前足部にエアポケットを搭載した新作『マックスフライ』をリリースしたのですが... ってことで今回は 東京五輪のメダリストのスパイクシェアを調べてみた!! あれほどまでに流行していたナイキは実はすでにシェアを食われ始めており、プーマが上位を占める種目も出ているのです!! そしてホームであるはずのアディダスとミズノはというと...     メダリストのスパイクシェアを集計!! 短距離、跳躍、中長距離の個人種目についてメダリストがどのメーカーのスパイクを使っていたのかを自主調べしてみました!! 短距離のスパイクシェア 短距離 一位 二 ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。 そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 男子100mのアンドレ・ドグラスはどんな選手? をテーマにご紹介。 陸上ファンにはおなじみのベテラン選手で、世界大会ではいつも優勝候補に挙げられながらもなかなか勝てないこの選手。東京ではいよいよその時がくるのか!?     世界大会メダル7個のアンドレ・ドグラス 引用: 選手名:アンドレ・ドグラス 生年月日:1994年11月10日 身長体重:176cm、60kg 国籍:カナダ 種目:100m,200m PB:100m(9秒90 ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。 そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 女子400mHのシドニー・アクラフリンはどんな選手? をテーマにご紹介。 現在の陸上界で最もすごい記録を持っていると言っても過言ではないのがこのマクラフリンです。     女子史上初の51秒台!!シドニー・マクラフリン           この投稿をInstagramで見る                       Sydney McLaughlin(@sydneymclaughlin16)がシェアした投稿 選手名:シドニー ...

2020年に開催されるはずだった五輪が延期されたことでまたもや五輪イヤーとなった2021年。 日本では山縣亮太選手が日本選手権を前にして9秒95の日本記録を出すなど好記録が続出。世界でもアメリカを中心に好記録がたくさん出ました。 又、東京五輪ではこれまであまり目立たなかった選手が活躍し、歴代ランキングでも上位に入っています。 ってことで今回は 2021年版 世界・日本100mランキング をご紹介。 世界ではジャマイカの衰退とアメリカの隆盛が顕著になり、他の国でも有力選手がどんどん力を付けてきています。日本でも日本新記録が出るなど、層の厚さも含めて歴代トップレベルと言える状態です。     2021年 100m世界ランキング 2021年最大のトピックスはなんといっても東京五輪でのジェイコブスと蘇炳添の大躍進でしょう!! アジアの蘇炳添、イタリアのジェイコブスといった選手が ...

コロナでオリンピックが延期になったり、そもそも陸上大会自体がほとんど開催されなかった2020年シーズン。 しかし、日本記録や歴代トップクラスの記録がでています。 っていうことで今回は 2020年の陸上男子日本ランキング をご紹介。 男子円盤投げ、男子マラソン、男子1万m、女子1500m、女子1万mで日本記録が更新されました。     男子2020年日本ランキング 100m 順位 記録 選手 備考 1 10.03 (+1.0) ケンブリッジ飛鳥 (NIKE) PB 日本歴代7位 2 10.04 (+1.4) 桐生 祥秀 (日本生命) 日本歴代9位相当 3 10.13 (+2.0) 飯塚 翔太 (ミズノ)   4 10.14 (+1.8) 水久保漱至 (城西大4)   5 10.18 (+1.5) 多田 修平 (住友電工)   6 10.19 小池 祐貴 (住友電工)   ...

  新型コロナの影響で国をまたぐ移動がほぼできなくなっている2020年。陸上どころではないのでほとんどの大会がキャンセルになっています。 それでも観戦状況が深刻ではない地域では大会が開催されている場合もあり、世界ランキングも稼働しています。 ってことで今回は 男子100m世界ランキング2020 をご紹介。全体に記録が薄いなかでも注目のポイントも紹介します。 2021年版はこちら↓   男子100m世界ランキング2020 まずはランキング表から。 2020年終了時点での確定ランキングです。 順位 記録 風 名前 国 1 9.86 1.6 マイケル・ノーマン Michael NORMAN USA 2 9.90 1.4 タイロン・ブロメル Trayvon BROMELL USA 3 9.91 1.7 アカニ・シンビネ Akani SIMBINE RSA 4 9.97 1.9 ...

陸上を見る上で知っておきたい選手を独断と偏見で紹介するシリーズ。 第1回目の今回は 短距離界の新星クリスチャン・コールマン についてご紹介します。 東京五輪、そしてその先のパリ五輪で競技者として最も脂がのる選手で、この選手を抜きに陸上は語れません。 カール・ルイス、モーリス・グリーン、そしてウサイン・ボルトといった100mのチャンピオンは各世代の陸上競技の顔です。なかでもやっぱりボルトは別格。陸上なんて興味ない人に『100mといえば?』と聞けばボルトと答えると思います。それほどに実力も知名度もバツグン。 そんなボルトも2017年に引退。ボルトがいなくなって初の2019年世界陸上ドーハ大会100mでは23歳のクリスチャン・コールマンが優勝しました。 コールマン、どれだけの人が知っているでしょう?たぶん陸上ファン以外は知らないと思います。     クリスチャン・コールマンと ...

新型コロナの影響で一般ランナーのレースは中止となり、エリートランナーだけで行われることになった20年の東京マラソン。 参加費がどうこう話題になっていますがそれは置いておいて、トップ選手たちのレースをザックリ紹介。 今回は 男子マラソン代表が決まる東京マラソンを展望 MGCファイナルチャレンジの1つであるこのレース。東京は高速コースであるだけに設定記録を上回る可能性が一番高い大会と言えます。 既に本戦で中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)の2名が決まっており、残る1枠をかけた争いが今大会のトピックです。       東京マラソン2020の展望 東京マラソンは2017年からコースが変更になっています。 2018年には設楽選手によって2時間6分11秒という当時日本記録がマークされるなど、高速レースとして認知される大会となりました。 昨年の優勝記録は雨にもかか ...

東京五輪イヤーである2020年。短距離のランキングをちょいちょい更新しながら追っていこうと思います。 100mはボルトがいなくなって初めてのオリンピックということで、新世代のナンバーワンスプリンターは誰になるのかが決まる年でもあります。 やっぱりコールマンが速いのか?それともオドゥドゥルやライルズが速いのか? ってことで、今回は 2020年の100m,200mシーズンランキング をご紹介。 大きい大会ごとに随時更新してできるだけ最新版を維持して行こうと思います。     2020年男子室内60mランキング 【2020.02.17】 100,200mといいつつもまだトラックシーズンではないので室内の記録しかありません。ただ、室内60のランキングは100mのランキングに直結しますので、冬季の60mのランキングもしっかり押さえておくのが通です!! 室内60m 世界記録:6秒3 ...

マラソンの東京五輪代表を決めるためのシステムであるMGC。 当ブログは基本的には長距離関連はノータッチなのですが、MGCは予選段階ではちょっとだけ触れていました。 MGC本戦は無視していたのですが、いよいよファイナルチャレンジが大詰めとなりおもしろくなってきましたのでMGCファイナルチャレンジについてご紹介。 今回は MGCファイナルチャレンジの結果まとめ として、ファイナルチャレンジの結果を順次更新して行こうかと思います。 現在、男女ともに全3戦のうち、男子1戦女子2戦が終了しています。   MGCファイナルチャレンジがなにかと言うのは以前の記事をご参照あれ↓     MGCファイナルチャレンジの結果まとめ 男女別でファイナルチャレンジの結果をまとめてご紹介。 MGCファイナルチャレンジとは?東京五輪の代表枠は3枠あり、このうち2枠は2019年9月15日行わ ...

一部ではまだ大会が開かれていますが、2019年シーズン終了が概ね終了しました。 戸邉選手のインドアでの2m35に始まり、ドーハで終わった2019年。オリンピックを控えて今までになく盛り上がった年となり、日本人選手によって多くの好記録が生まれました。 今回は 2019年陸上シーズンを振り返る として、2019年の出来事を振り返ってみたいと思います。     日本ではなぜか好記録が連発!? 謎のシーズン 2019年は特異な年になりました。なんと、10種目で日本記録が生まれたのです!!(メイン種目で。) 2019年に日本新記録が生まれた種目 2019年に生まれた日本新記録をまとめました。 主な種目では男子6種目、女子3種目、混合1種目の計10種目で日本新記録が生まれ、従来の日本記録を上回るかタイの記録が23もマークされました。 また、マイナー種目では男子で1マイル、4×200 ...

世陸ドーハでシーズンが終わる2019年。 東京五輪の順位を占うためにも重要となる2019年の世界ランキングもドーハで確定します。 男子の短距離界はコールマン、ライルズ、ノーマンという新世代のスターを中心に動いています。 今回は 男子200mの世界ランキング(2019年版) をご紹介します。   男子100m編はこちら 男子200m編はこちら     男子400mランキング   ランク 記録 選手 国 生年月日 記録日 1 43.45 Michael NORMAN USA 3-Dec-97 20-Apr-19 2 43.64 Fred KERLEY USA 7-May-95 27-Jul-19 3 44.13 Steven GARDINER BAH 12-Sep-95 2-Oct-19 4 44.23 Kahmari MONTGOMERY USA 16 ...

この記事を書いている時点で世界陸上まっただなかです。 いよいよ今夜男子の200m決勝がはじまろうかというところなのです。 2019年シーズンが終わりました。 2019年の200mはライルズの年と言っても過言ではなかったでしょう。 今回は、 男子200mの世界ランキング(2019年版) をご紹介します。 100mの2019年ランキングはこちら 400mの2019年ランキングはこちら     男子200mランキング 世陸で良い記録が出ると変わるので、そしたらまた書き換えます。 世陸の決勝では表は更新されませんでした。2019年シーズン終了時点での200m世界ランキングをご紹介します。 ドーハで決勝に進出した選手は赤字にしてあります。 もうひとりの決勝進出者Kyle GREAUX(TTO)は20.15(+0.1)でランキング28位でした。 ランク 記録 風 選手 国 生年月日 ...

2003年世界陸上パリ大会での末續慎吾さんの男子200mでの銅メダル獲得というのが男子短距離個人種目での日本人選手の最高成績です。 以降、リレー種目では北京五輪とリオ五輪で2位に入るなど、男子短距離界は確実に力を伸ばしています。 その成績や安定感から考えると、今やイギリスやトリニダードトバゴなどと並ぶ短距離強豪国になっていると言えでしょう。 そして2019年現在、サニブラウン、小池、桐生、山縣らを擁する日本短距離界は、その決勝進出にとどまらず個人種目でのメダル獲得までもが現実味を帯びるまでになっています。 今回は 日本人選手の決勝進出と暁の超特急 についてご紹介します。 世陸、五輪での男子日本代表選手がどれだけの成績を残してきたのかという歴史を簡単にご紹介。       日本人選手の決勝進出 陸上以外の競技も含めて、日本人選手が初めてオリンピックの金メダルを手 ...

世界陸上を9月に控えた2019年。 いつもの世界陸上であれば8月開催のため7月は最終調整時期となるのですが、今回はちょっと違う様子。 遅めの5月ごろにシーズンインして、どの選手も6,7月で一度仕上がった感じになっています。代表権がとれた選手は夏休みでリフレッシュして、ドーハに臨む感じ。 ってことで、今季は夏シーズンはありません。 7月が終わると同時にシーズンはほぼ終わりました。 あとは秋に世陸があるだけ。スロースタートのまんま気が付けばシーズンが終わっているのです。 今回は、ドーハを控えた夏シーズンのランキングをご紹介します。 スロースタートだった春シーズンは別でまとめていますのでそちらもご参考下さい。     2019年夏シーズン世界ランキング 2019年は陸上界ではターニングポイントの年になるかもしれません。 2017年にボルトが引退して初めての世界陸上。絶対王者と ...

陸上競技の花形である男子100m。 日本国内でも大いに盛り上がっているこの種目ですが、世界ではどういう状況なのでしょうか? 今回は、 男子100mの現状(2019年版) をご紹介します。 更新:10/1世陸ドーハが終わった段階でのランキングをまとめました。 200mの2019年ランキングはこちら mの2019年ランキングはこちら     世陸ドーハの注目選手はこちらの記事でもご紹介しています ドーハのエントリー選手と男女100mのみどころについてはこちら。       男子100mは群雄割拠の新時代!! 男子100mといって誰を思い浮かべるでしょうか? カールルイス、モーリスグリーン、ウサインボルトなど、時代ごとに陸上に興味がなくても名前だけは知っていると言う選手がいるのが男子100mのすごいところ。 しかし、絶対王者ウサイン・ボルトの引退 ...

世界陸上ドーハを控えた2019年春シーズン。 今回の世陸はいつもの8月ではなく9月に開催されるため、例年よりもシーズンインを遅らせている選手も多い感じです。 そんな2019年シーズン序盤、5月までのシーズンランキングと注目ポイントをご紹介します。 序盤なので、男子の100~400mだけです。 2018年の世界ランキングはこちら     2019年春シーズン世界ランキング 100mの2019年世界ランキングは春シーズの段階ではやっぱりアメリカ勢が目立ちます。 200mでもアメリカ勢に勢いがありますが、新星オドゥドゥルがランキングトップ。 400mはもはやアメリカの独壇場。 100m 1. 9.86(+0.9) Noah LYLES (USA) 1. 9.86(+0.9) Christian COLEMAN (USA) 3. 9.94(+0.8) Divine ODUDUR ...

いわゆるインハイ予選が各地で行われる春シーズン。 地域によってその選考プロセスは微妙に違いますが、 都道府県予選→都道府県大会→地区大会→インターハイ っていうパターンが多いと思います。地域によってはいきなり都道府県大会から始まるところもあるそうです。で、多くの選手・学校にとって壁となるのが都道府県大会突破。 各種目の都道府県上位6名に入るのってとっても大変。強豪校が3校あればそれだけで埋まることもあります。 そんな狭き門を通って地区大会(関東、関西、北海道、東北、北信越、東海、近畿、中国、四国大会)に出場できた選手はのツワモノと言えるでしょう。 ブロック大会とも言いますかね。 地区大会に出場する為には都道府県大会で6位に入ること条件です。 同じ6位でも各地区によってレベルにけっこうなバラつきがあります。 今回は、どれくらいの記録を出せば都道府県大会を突破して地区大会に出場出来るのかを調べ ...