専門技術は幅跳びの難しさであり楽しさでもあります。 どんなに足の速い短距離選手であっても、専門的な技術がないと幅跳びでは平凡な記録しか残せないでしょう。 幅跳び選手を幅跳び選手たらしめているこの専門的なテク ...

専門技術は幅跳びの難しさであり楽しさでもあります。 どんなに足の速い短距離選手であっても、専門的な技術がないと幅跳びでは平凡な記録しか残せないでしょう。 幅跳び選手を幅跳び選手たらしめているこの専門的なテク ...

専門技術は幅跳びの難しさであり楽しさでもあります。 どんなに足の速い短距離選手であっても、専門的な技術がないと幅跳びでは平凡な記録しか残せないでしょう。 幅跳び選手を幅跳び選手たらしめているこの専門的なテク ...

短距離の練習にはいろんな種類がありますが、幅跳びの練習にもいろいろあります。 走る系の練習であれば距離やレストを変えれば簡単にターゲットとする練習が組めそうなものですが、幅跳びの練習ってなにをやったらいいの ...

幅跳びシリーズの第4回。 前回は6mを跳ぶために必要な100mのタイムを調べました。 物理的には12秒38~12秒98で走れば6mを跳べる計算です。 20度の跳び出しであれば12秒38、25度の跳び出しであ ...

第1回『踏み切りが大事編』と第2回『助走の基本編』では幅跳びの基本技術をご紹介しました。今回はもっと基本的な事でありながらいまいちハッキリしない問題。 6mを跳ぶのに必要な走力はどれくらいなのだろうか? 幅 ...

一部ではまだ大会が開かれていますが、2019年シーズン終了が概ね終了しました。 戸邉選手のインドアでの2m35に始まり、ドーハで終わった2019年。オリンピックを控えて今までになく盛り上がった年となり、日本 ...

陸上にはシーズンがあります。 4~9月を試合期と呼び、これをシーズンとすることが多いと思います。新人戦が10月にあったり春季大会が3月にあったりするので厳密なものではありませんが、遅くても10月の試合がシー ...

先日突然IOCから出てきたマラソン・競歩の札幌開催案ですが、これがほぼ決定事項として30日からの委員会にかけられることになりました。 正直札幌だろうが東京だろうがどっちでもいいのですが、これを受けていろんな ...

IOCは東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に変更するよう組織委員会に提案すると発表しました。マラソンはMGCとほぼ同じコースが、競歩は皇居外苑の大手門と祝田橋の間を周回するコースが予定されていましたが、 ...

短距離はなんとなく背が高い方が有利な気がします。 いや、短距離に限らずスポーツ全般身長が高い方が有利な気がします。 ってことで、前に男子100mの記録と身長について、背が高い方がタイムも良いのかどうかをちょ ...

アシックスのピンなしスパイクといえば2018年にそのプロトタイプが発表され、一部で話題になっていました。 次世代スパイクとして開発されているこのピンなしスパイクは、その名の通りピンを持たずに突起でグリップす ...

気が付けば終わってしまった世界陸上ドーハ大会。 今大会もいろいろあってかなり楽しめました。夜中の放送っていうのがしんどかったのですが、慣れてしまえば睡眠不足もなんとかなるもの。 今大会、陸上界にとっては節目 ...

執筆現在で世界陸上は5日目を終え、既に男子の100,200mのチャンピオンが決まりました。 世陸も後半に入り、いよいよリレー種目が始まります。 今回は 男子4×100mリレーのみどころ をご紹介します。 日 ...

世陸ドーハでシーズンが終わる2019年。 東京五輪の順位を占うためにも重要となる2019年の世界ランキングもドーハで確定します。 男子の短距離界はコールマン、ライルズ、ノーマンという新世代のスターを中心に動 ...

この記事を書いている時点で世界陸上まっただなかです。 いよいよ今夜男子の200m決勝がはじまろうかというところなのです。 2019年シーズンが終わりました。 2019年の200mはライルズの年と言っても過言 ...

世界陸上の序盤戦が終わりました。 男女100mのチャンピオンが決まり、男子三段跳びや女子棒高跳びなども決勝が終わり、大会はひと段落といったところですが、大会はまだあと1週間あります。 誰にでもわかりやすい1 ...

いよいよ世界陸上が始まります。 陸上通は当然ながら、普段は陸上に全く興味がない人でも世陸の期間中はニュースで陸上の事を観ることになると思います。 ってことで、前回は男女の100mのみどころについてご紹介しま ...