【2021年4月アップデート】 この記事は2020年4月、はじめてコロナで緊急事態宣言が出たときに書きました。そして今2021年。1年経ったGWにまた緊急事態宣言が出て競技場が閉鎖されています。 コロナで自粛が強いられる昨今。緊急事態宣言が出たことで競技場が使えなくなったり、外出自体がしにくくなっています。部活が禁止で練習できないという人もいるでしょう。 でも大丈夫。陸上はそもそも個人競技で、トラックを使わなくても十分なトレーニングが可能です。 今回は、 家でもできるトレーニング!!簡単にできて効果的な陸上の練習 をご紹介。 競技場で走るのが一番の練習であることは間違いありませんが、陸上では『補強』も重要な練習です。この機会に補強を突き詰めてしまいましょう。 家トレでも足は速くなる!!     家でもできる陸上競技のトレーニング そもそも陸上はスパイク以外の器具を使わな ...

陸上は大きく試合期・移行期・冬季の3つに分けることが出来ます。春は冬季と試合期の境にあたりますが、ここでの過ごし方はシーズン序盤の成績に直結します。 冬季で距離を踏んたのであればそれをパフォーマンスにつなげたいところですが、3月の練習を失敗すると春シーズンで調子が上がらず夏まで不調が続くことも。 3年生であれば春のシーズンで失敗するとそのまま引退です。 今回は 陸上ではシーズン直前の春先にどんな練習をするべきなのか? についてご紹介。 地域や設備で具体的な内容はかわりますが、だいたいどこでもこんな感じで練習しておけばインハイ予選でそれなりの結果が出せるはず。     3月は試合に向けた準備をする期間 3月の練習の位置付けは『試合の準備』です。 4月末の試合でベストなパフォーマンスを発揮する為に、冬季のトレーニングを競技に昇華して行くのが3月の練習。がむしゃらに走るだけの ...

幅跳びの練習ってなにをやったらいいのでしょうか? 自分を思い返せば、中学のころはただひたすら毎回全助走で跳んでいましたし、高校に入っても基本的にはそんな感じで練習をしていました。 専門の先生がいたり、伝統的に先輩が練習を教えてくれるような学校でなければ私と同じように『ただひたすら走って跳ぶ』という練習をしている選手は結構いるように思います。 しかし、これだけではある程度のところで頭打ちになります。 ってことで今回は 6m跳ぶための幅跳びの練習方法 についてご紹介。 基本的なことからちょっと専門的なことまで、このページだけ見ておけばある程度の練習が出来るようになるよう、いつものように情報過多な内容でご紹介したいところです。 今回も初心者~中級者、6mを目指す高校生くらいまでのレベルを前提にしています。     技術練習を重視しよう まず、幅跳び選手に一番必要な能力は跳躍技 ...

陸上にはシーズンがあります。 4~9月を試合期と呼び、これをシーズンとすることが多いと思います。新人戦が10月にあったり春季大会が3月にあったりするので厳密なものではありませんが、遅くても10月の試合がシーズン最終戦になると思います。っていうか、11月の試合なんてほとんど開催されていません。 また、シーズンが終わった最初の1カ月くらいは『移行期』と呼ばれ、試合期で疲れた体をリフレッシュすると同時に冬季練習に向けた準備をする期間と位置付けられています。 今回は 移行期の過ごし方 についてご紹介します。 何をすればいいのかよくわからない移行期ですが、ここでうまい事やっておくと冬季練習も順調にいくはずです。         移行期の基本 移行期とは、試合期から冬季に移行する期間のことです。 つまり、試合には出ないし冬季練習のような走り込みもしない空白期間の ...

陸上の練習で欠かせないのがスプリントドリル。 陸上経験者と素人との差はこのドリルの動きが出来るかどうかでしょう。どんなに頑張って練習して走っていても、基本が出来ていなければ無駄骨です。そうならないように、ドリルで陸上の基本的動作を身につけましょう。 基本中の基本のドリルをご紹介。     ドリルとは? そもそもドリルってなんなのでしょう?そんなことは知らなくても動きさえできていれば何の問題もありませんが、雑学として知っておいて損は無いはず。 日本語にすると反復 ドリルは英語です。日本語で言えば反復という意味になります。 陸上の場合は、軸づくりや接地感覚を反復練習することで身につけるためにドリルを行います。これによって無駄のない動きや力強い動きが可能になるのです。 つまり、走るための効率的な動作を身につける為の反復練習がドリルです。 最終目標はオートマチック ドリルは反復 ...