【2020年】男子100mの世界ランキングと注目選手

ランキング

 

新型コロナの影響で国をまたぐ移動がほぼできなくなっている2020年。陸上どころではないのでほとんどの大会がキャンセルになっています。
それでも観戦状況が深刻ではない地域では大会が開催されている場合もあり、世界ランキングも稼働しています。

ってことで今回は
男子100m世界ランキング2020
をご紹介。全体に記録が薄いなかでも注目のポイントも紹介します。

2019年のランキングこちら↓

 

男子100m世界ランキング2020

まずはランキング表から。
2020年9月24日現在でのランキングです。(順次更新予定)

順位 記録 名前
1 9.86 1.6 Michael
NORMAN
USA
2 9.90 1.4 Trayvon
BROMELL
USA
3 9.91 1.7 Akani
SIMBINE
RSA
4 9.97 1.9 André
DE GRASSE
CAN
5 10.00 1.1 Ronnie
BAKER
USA
6 10.03 0.3 Julian
FORTE
JAM
6 10.03 1.6 Rai
BENJAMIN
USA
  10.03 1.0 Aska
CAMBRIDGE
JPN
9 10.04 1.4 Noah
LYLES
USA
9 10.04 1.4 Yoshihide
KIRYU
JPN
9 10.04 0.2 Andre
EWERS
JAM
9 10.04 1.8 Kyree
KING
USA
    0.3 Arthur CISSÉ CIV
14 10.06 0.8 Phatutshedzo
MASWANGANYI
RSA
16 10.07 1.1 Justin
GATLIN
USA
17 10.08 1.3 Henrico
BRUINTJIES
RSA
17 10.08 1.4 Deniz
ALMAS
GER
19 10.09 1.7 Cravon
GILLESPIE
USA
19 10.09 1.8 Kenneth
BEDNAREK
USA
19 10.09 0.9 Jeff
DEMPS
USA
20 10.10 1.8 Divine
ODUDURU
NGR
20 10.10 1.6 Lamont
Marcell JACOBS
ITA

ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀両選手が上位にランクしています。

ノーマンがさすがのPB!400mHのベンジャミンも10秒03!?

2019年に200mで19秒70の世界歴代12位の記録を出したマイケル・ノーマンが自己ベストとなる10秒86をマークしてランキングトップ。この記録は世界歴代17位タイで、ライバルであるノア・ライルスのPBに並ぶ記録です。この状況のなかでもしっかり好記録をマーク出来るあたりに地力をかんじます。

世陸北京3位、リオ五輪8位で9秒84のPBをもつブロメルは長い事怪我に苦しんでいましたが、2017年以来の9秒台となる9秒90をマーク。また、追参ながら9秒87(+2.5)をマークするなど今季絶好調。来年以降の大舞台復活に期待です。

そして気になるのは400mHが専門のレイ・ベンジャミンが10秒03で走っていること。ヨンパーで46秒98の世界歴代3位の記録を持つ選手だけに、さすがに100mの走力も尋常じゃありません。
ちなみに日本の元ヨンパー選手の為末さんは400mHが45秒94で100mでは10秒49の記録をもっています。

日本勢もトップクラスに位置している

日本人選手は桐生選手とケンブリッジ選手が10秒0台で走っており、トップ10に2名の日本人選手がはいっていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






Twitterで更新をお知らせしています↓