陸上スパイクは毎年新しいのが出たり色が変わったりします。で、この毎年の変更が積み重なって歴史となるのです。そしてどのモデルがいつ出たのかっていうのは数年後に見るとけっこう興味深くておもしろい! ってことで今回は 2022年スパイク事情~ミズノ編~ をご紹介。 2021年にXシリーズを出したミズノなのですが、2022年はなんとミズノから7モデルもの新モデルが出ます!! 出たばっかりのXシリーズが早くも2代目になるのです... そしてエフォートに押され気味な初心者向けモデルもテコ入れ!!     2022年ミズノ【新作】(7モデル!!) 2022年はなんとミズノから7モデルもの新モデルが出ます!! ・エックスブラストNEO ・エックスブラスト エリート2 ・エックスブラス トネクスト2 ・エックスレーザー エリート2 ・エックスレーザー ネクスト2 ・エックスファースト ・ ...

自慢ですが、管理人は元7mジャンパーです。 現役時代はミズノだけを履き続けていたのですが、趣味でやるようになってからはアシックス・ナイキ・アディダスの幅跳びスパイクをそれぞれ実際に使って履き比べたりしています。 そんな管理人が声を大にして言いたいのは... 幅跳び専用スパイクを履けば50cmは記録が伸びる!!っていうこと。兼用オールラウンドスパイクで幅跳びをしているなら今すぐに専用スパイクを買いましょう。 とはいえ、上級者向けなイメージの強い幅跳びスパイクはどれを買ったらいいのかイマイチ分からない。 ってことで今回は 幅跳び専用スパイクのおすすめはどれ? をテーマにご紹介。 アシックスは不良品を出して自主回収になっていたのですが2022年には改良版が手に入るようになりました。さらには巨人ナイキがエアズーム搭載の次世代モデルをリリース!! そんなことで2022年はミズノ・アシックス・ナイキ・ ...

東京五輪では200m優勝のアンドレ・ドグラスをはじめとして、短距離選手でもソールの厚いスパイクを履く選手が目立っていました。 ミズノもスパイクを開発してプロトタイプを飯塚選手が使用していました↓ 熊本店 25日まで限定展示☆ 飯塚翔太選手着用クロノインクス 金井大旺選手着用クロノブレイク! 憧れます‼️ もっと詳しく見たい方👇ミズノ#陸上スパイク#飯塚翔太選手#金井大旺#クロノインクス#クロノブレイク pic.twitter.com/Ea9tUmZH1d — ステップスポーツ熊本 (@step_kumamoto) October 21, 2021 そして2022年ついに... ミズノの厚底短距離スパイクの市販版『Xブラストネオ』が登場!! 飯塚選手のモデルはインクスの厚底版って感じなのですが、市販されるのはなぜかXブラストの厚底版。 がっかり要素 ...

ミズノとアシックスはどちらも日本を代表するスポーツメーカーで世界的にも知名度があります。 かつてはカール・ルイスがミズノのスパイクを着用していたことがあったり、アシックスに至っては世界陸上のメインスポンサーとなっているなど、陸上競技において両メーカーの存在感はなかなかのもので、実は車メーカー並みに国産スポーツメーカーも国際競争力があるんです。 日本国内ではやはり日本メーカーが強く、ここで出て来るのが「ミズノとアシックスどっち派?」問題です。 ってことで今回は 【ミズノvsアシックス】どちらのスパイクを買うべき? というテーマをご紹介。 ミズノ派、アシックス派それぞれ好みはありますが、メーカーにかかわらず良いものは良い。     ミズノとアシックスのスパイクはどこが違う? 両メーカーの違いについてかなり具体的に紹介します。 ・初心者オールラウンドには違いはない!! ・アシ ...

2021年モデルからミズノが中級者向けの『Xシリーズ』を発売しました。これによって中級者向けのだったジオシリーズが廃止され、ジオシリーズがミズノの中級者向けスパイクとなります。 一方のアシックスは人気ロングセラーモデルのSPブレードとサイバーブレードをマイナーチェンジしました。 これによって、中級者は『Xシリーズを選ぶか?SP/サイバーブレードを選ぶか?』というミズノvsアシックスの構図が相変わらず継続します。 ってことで今回は XブラストネクストとSP/サイバーブレードはどっちがいい? についてご紹介。 中級者向けスパイクはXシリーズとブレードのどちらを選ぶべき?陸上ch的に比較します!!     Xブラストネクストとサイバーブレードを比較してみた 管理人はスパイクを買いまくっているので、Xブラストネクストもサイバーブレードも両方持っているのです。 それぞれのレビュー ...

2021年アディダススパイク事情 アディゼロプライムSP アディダス PRIME SP posted with カエレバ   楽天市場 Amazon   定価:\26,400 アディダスと言えばプライムSP。固いスパイクの代名詞で、国産スパイクとは比べ物にならないほどの凶悪な硬さが特徴のハイパワースパイク。一度履いてしまうとほかのスパイクでは物足りなさを感じることでしょう。 扱えるのは11秒台前半以上の上級者だけ。体重が軽ければプレートを十分に使うことはできないと思います。 アディゼロフィネス アディダス アディゼロ フィネス posted with カエレバ   楽天市場 Amazon   定価:\16,500 コーナーでのコントロール性を売り文句にしたモデル。このモデルはアディダスのなかでは比較的柔らかいため、高校生でも扱えるということでアディダスのスパイクの中では人気があります。 と ...

最近勢いのないミズノですが、2021年モデルで大きなラインナップ変更がありました。 今回は 2021年スパイク事情~ミズノ編~ エックスブラストとエックスレーザーが新登場!! についてご紹介します。 ジオシリーズが実質廃止となって、新しくエックスシリーズが登場です!   2021年ミズノのスパイク事情 今回は中級者向けのスパイクに大きな変更がありました。 廃盤になったモデル↓ クロノオニキス ジオスプリント ジオサイレンサー ジオバーサス 新しく登場したモデル↓ エックスブラストエリート エックスブラストネクスト エックスレーザーエリート エックスブラストネクスト ミズノのロングセラーモデルのジオサイレンサーがついに廃止となりました。 登場時にはショートスプリント向けだったのにいつのまにかロングスプリント向けになっていたりとあんまり一貫性のないモデルではあったものの、長く続いたサ ...

陸上で唯一の道具であるスパイク。各メーカーからたくさんのモデルが出ていて一見するとどれも同じように見えますが、それぞれに特徴があるのです。 陸上初心者のうちはどれを選べばいいのかわからないかもしれませんが、この記事を見ておけばもう大丈夫!! ってことで今回は 高校で陸上部に入った陸上初心者のためのスパイク選び 気が付けば陸上歴20年...元幅跳び7mジャンパーがスパイクの選び方をご紹介!!     とりあえずこれ!初心者におすすめな陸上スパイク 最初にこれを買っておけ!!というモデルをご紹介。 初心者モデルは『オールラウンドモデル』と呼ばれていて、跳躍も含めてすべての種目に使えるとされていますが、言い換えれば中途半端ではあります。耐久性とクッション性が重視されていて怪我しにくいのがこの初心者モデルです。 中級者向けモデルは短距離に特化したモデルのため走りやすさや反発が強 ...

長いこと大きなモデルチェンジがないミズノのフィールドジオシリーズ。 しかしついに2021年モデルでは幅跳び用のフィールドジオLJがちょっとだけマイナーチェンジ!! ってことで今回は フィールドジオLJがちょっと変わったぞ!! をテーマにご紹介。     【2021年モデル】フィールドジオLJの変更点 まず、2020年までのフィールドジオLJは『フィールドジオLJ-B』でした。 青かったり白かったりしますが、ものは一緒です。 ミズノ フィールドジオLJ-B posted with カエレバ   楽天市場 Amazon   ミズノ フィールドジオLJ posted with カエレバ   楽天市場 Amazon   んで、2021年モデルとして発売されたのは『フィールドジオLJ-C』です。メーカーからは黒で販売されています。 ってことはまず名前の末尾が変わりました。2020 ...

東京オリンピックが開催されるはずだった2020年。ナイキのヴェイパーフライ騒動の余波によって特注スパイクの使用が制限されるなど騒然としているスパイク業界ですが、世陸の公式スポンサーになるなどしてその存在感を世界でアピールしたいアシックスはとんでもないスパイクを一般発売したのです。 ってことで、今回は 2020年スパイク事情アシックス編 をご紹介。 ピンなしスパイクに跳躍スパイクなど、ラインナップを一新したアシックスにとって飛躍の年になるのか!?     アシックスの2020年短距離スパイク事情 2020年のスパイク情勢はかなりややこしいことになっています。 2019年の世界陸上ドーハ大会で桐生選手、ウォルシュ選手が履いて話題となったいわゆる『ピンなしスパイク』がメタスプリントという名称で一般向けに発売されました。それに伴ってアシックスのフラッグシップモデルであったソニッ ...

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。 日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか? 毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!! ってことで、 2020年スパイク事情 アディダス編 です!     アディダス ボルトが引退したことによってプーマの存在感は薄れ、ナイキとアディダスが現在の2強です。しかし、コールマン、フレイザープレイス、アッシャースミスなど、トップを争う選手はナイキが多くのシェアを占めています。 アディダスは、ノア・ライルズとプロ契約を結んでおり、ライルズの活躍次第でこの先のアディダスも決まります。 アディダスのスプリントスパイクと言えば硬くて傾斜がきついことが特徴で、2020年モデルもイメージそのままです。一度アデ ...

いよいよオリンピックイヤーとなった2020年。 日本メーカーは特に気合を入れないといけない年ではあるのですが、2020年の各メーカーのスパイク事情はどうなっているのでしょうか? 毎年その年のスパイクラインナップをあつめてまとめていますので、2020年版もまとめました!! ってことで、 2020年スパイク事情 ミズノ編 です!     ミズノ 世界選手権ではアシックスをはじめとする他メーカーに大きく差をつけられている感じのするミズノ。いよいよ箱根駅伝でもナイキにシェアを独占されてしまっています。 2020年は節目の年でもあるので、いよいよインクスが9から10になるのか?っと思っていたのですが、特に変更ありませんでした。 ミズノのラインナップをザックリまとめると クロノシリーズ オニキス→色変更 インクス→色変更 ディスト→色変更 ジオシリーズ スプリント→色変更 ジオサイ ...

陸上のスパイクが一覧になっているのって見たことがないので作ってみようかと思います。 スパイクって見てるだけでなんか良いですよね... 短距離向けと跳躍向けのスパイクをそれぞれ表にしてみましたのでカタログ的に眺めて遊んで下さい。 どうしたら見やすいか考え中ですので、並べ方とか変わるかもしれません。 スマホなら横向きにした方が見やすいです。 とりあえずちょっとだけつくりました。順次更新して行きます。     分類別スパイク一覧表 メーカー名はみればわかると思うので省略します。 評価は短距離スパイクとしての個人的評価です。 表は左にスクロールできるようになっているはずです。 画像についてはアマゾンかゼビオにあるものについてはリンクで掲載しています。 クリックするとその商品のページに飛びますので、そこで詳細を見ることができるはず。 リンクが切れたらごめんなさい。   ...

今年は個人的にナイキのスパイクも購入しました。 世界大会では抜群のシェアを誇り、日本でも箱根駅伝をはじめとしてランニング界ではかなりの勢いがあるナイキ。 そんなナイキの2019年スパイク事情を紹介。値段は調べた時点でのUSでの公式販売価格。     ナイキのスパイク ラインナップはかなり充実。 短距離 硬いけどアディダスよりかは軟らかい。 Zoom Ja Fly 3 $125 200mの為に設計された左右非対称アッパーのモデル。Pebaxのプレートらしい。        

世界選手権レベルではナイキとならんでかなりのシェアがあるアディダス。 ちょっと前までは日本ではほとんど販売されていませんでしたが、最近はチラホラみるようになって来ました。 個人的にもアディダスのスパイクも購入して履いています。 それでも、日本ではまだまだマイナーなアディダスの陸上スパイク。 売れないとまた撤退しちゃうかも? そんなアディダスの2019年スパイク事情をご紹介。 値段は調べた時点でのUKでの公式販売価格です。 2019年の各メーカーのスパイクを一覧にしたカタログ記事はこちら 短距離スパイクのアクセラレータと幅跳用スパイクは別記事でレビューしていますので、そちらも見て下さい。     アディダスのスパイク とにかく見た目がかっこいい。足幅が狭くて土踏まずが低くてかかとも低い。 6本ピンと傾斜が特徴的。 2019年モデルは白ベースに黒ラインの激渋でかっこいい。 ...

個人的にNBのスパイクを購入しました。 日本では超マイナーなニューバランスですが、世界選手権なんかだとそれなりにシェアがある様子。日本で売ってるのは微妙に名前が違うんだけどなぜだかは分からない。商標関係? そんなNBの2019年スパイク事情を紹介。値段は調べた時点でのアメリカでの公式販売価格。     NBのスパイク あまりよくわからないのですが、短距離モデルは短短向けと短長むけがあり、中距離と長距離もちゃんとラインナップされています。 短距離 それなりに力をいれて開発していそうな短距離モデル。『Vazee』っていうシリーズで、上級モデルではBOAフィットシステムっていうワイヤータイプの紐を採用している。ブーティ構造も特徴的。 Vazee Sigma Harmony $189.44、175g たぶん新型のフラッグシップで値段もなかなか高い。 日本では『USDSGMH』っ ...

世陸ドーハが開催される2019年。翌年に東京オリンピックが控え、国内メーカーは頑張らないといけないところです。 にもかかわらず国内両メーカーに大きな動きなし。2020に向けてお休みの年? 発売前で情報がなくて記載漏れ等あるかもしれませんが知りうる限りで。 (間違えに気付いたら追記・書き換えします)     アシックス 正直、変遷がよくわかりません。2019年の色は紫と黄色。 JETSPRINT→色追加だけ? SPブレード→SF2で色変更 サイバーブレード→HF変更なし? コスモレーサーMD→色追加? 量販モデルは変化なしですが、イージーオーダーで今までは『JPプレート』と『RY』プレートしか選べなかったのがブレードのプレートが選べるようになります。さらにアッパーもエナメルのものでなくジェットスプリント型のものが選べるようになります。 短距離 ソニックスプリントエリート ...