ミズノの中級モデルであるジオシリーズには現在短距離モデルが5つラインナップされています。 『ジオスプリント』、『ジオサイレンサー』、『ジオストリーク』、『ジオバーサス』、『ジオスプラッシュ』の5つですが、中距離用のスプラッシュを除いた4つのモデルの違いは非常に分かりにくいと思います。 特にジオサイレンサーとジオバーサスなんて見た目も一緒。 このジオシリーズの違いについて、初心者が選ぶときにどこの違いを観ればいいのかご紹介。     ジオシリーズとは? ミズノのラインナップには『クロノシリーズ』、『ジオシリーズ』、『シティウスシリーズ』、『ブレイブシリーズ』に分けられています。スパイクの名前にジオが付けばジオシリーズです。 クロノシリーズが上級者向け、ジオシリーズが中級者向け、シティウスシリーズとブレイブシリーズが初心者向けという位置づけになっています。 今回は、このジオ ...

日本を代表するスポーツブランドであるアシックス。 当然陸上競技にも力を入れており、かつては100mのチャンピオンをカール・ルイスと争ったリロイ・バレル(アメリカ)もアシックスのスパイクを履くほどでした。 不景気が続く現代ではその有志を世界レベルで観ることはそれほど多くはありませんが、ユニフォームはアシックスという国も多い。スパイクでは日本人以外ではルメートルをはじめとしてなぜかフランス人がアシックスのスパイクを履いていることがあります。また、跳躍種目ではアディダス・ナイキに隠れながらもアシックスを履く選手もチラホラ。 日本人の足にフィットするシューズをつくるメーカーとして成長したアシックスですが、外国人にもそれなりに需要はある模様。 で、今回はそんなアシックスの作る名作スパイク、サイバーブレードについてご紹介します。 個人的には昔履いていて、最近また買いました。     ...

陸上のスパイクを作っていてそれなりのレベルにあるのはミズノ、アシックス、ナイキ、アディダス、ニューバランス、プーマ、サッカニー、ブルックス、アンダーアーマーあたりだと思われます。 日本では一昔前まではミズノ、アシックスしかほぼ売られておらず2強状態。海外メーカー製のスパイクを履いているのは契約しているごく一部のトップ選手だけでしたが、最近ではナイキ、アディダス、ニューバランスであれば一般人でも普通に買えるようになって来ました。     海外3メーカーのスパイクを比較 わたくし、ナイキ、アディダス、ニューバランス(以下NB)の3メーカーのスパイクを購入しました。 学生であれば1足を大事に履くものかと思います。私も現役時代は3年に1足くらいしか買っていませんでしたし、そんなに買い替える必要を感じませんでした。 今年もナイキを1足買っただけで終わりかと思っていたのですが、アデ ...

ナイキのスパイク、ズームJA3を購入しましたので簡単にレビューしてみます。 たぶん90%以上の人はミズノかアシックスのスパイクを履いていることでしょう。ナイキに手を出すのはいろんな意味で危険ですから。 最初に... わたくし、なかなか長身な元跳躍選手です。大学時代までそれなりにやってましたが、足をブチっとやりまして、社会人になってからは平凡な人生を送っています。当時は細マッチョでしたが、今はゴリマッチョ気味で80kg弱のパワー系です。ちなみに体脂肪はほぼ1ケタです。 余暇をすごす最近の私は現役時代に一度も履かなかった海外メーカーのスパイクを中心に購入しています。 持ち記録?そんなヤボなことは気にすんな。   ズームJAフライ3はこんなスパイクだ!! まずは外観からみていきましょう... 最大の特徴はその見た目 ミズノ・アシックスのスパイクがクソダサく見えるほどナイキのスパイクはか ...