かつてはミズノかアシックスが大半を占めていた陸上スパイクですが、ナイキやアディダスのスパイクは競技場でもみる機会も増えました。 しかし、ニューバランスとなると、ごく一部のショップの隅っこにちょっと置いてあるだけ。 現役の学生選手が履いているのなんてまず見ないです。 普通の人はニューバランスに手は出さないですよねぇ... まあ、私は買いましたけど!! 今回は、普通の人は気にすらならないマニアックすぎるニューバランスのスパイクをご紹介します。 モデル名は 『SD100v』 だと思うのですが... 日本で正規販売されていない(?)ので、本当の名称はわかりません!! NBのSD100vってことで話を進めます。 SD100シリーズのちょっと古いモデルだと思われます。 日本ではMSD100で売ってるようです。 NBのロングスプリント向けのスパイクだと思っていますが... そもそも短距離用なのか!? そ ...

国際大会を見ているとアディダスとナイキのスパイクがほとんどのシェアを占めています。三段跳びのトップ選手であるクリスチャン・テイラーもアディダスを履いています。 海外スパイクは外れがあるのでなかなか手が出にくいかと思いますが、ナイキズームLJ4は実際に履いてみてもなかなか良いスパイクでした。 アディダスの幅跳びスパイクはどうなのでしょう? アディダスのスパイクって、気になるけど日本ではほとんど売られていないのが現状です。 ネットでもレビューは全然なさそうですね... 私は競技ではなく趣味として陸上をやるようになったので、こういう意味不明なスパイクにも手を出せるようになり、アディダスの短距離スパイク『アクセラレータ』も履いています(レビューはこちら)。 今回も私が人柱としてアディダスの幅跳びスパイクをレビューします。 ていうことで、今回はアディダスの幅跳びスパイクである 『adizero LJ ...

日本選手の多くが愛用していて、現在のトップである橋岡選手も使用しているミズノの幅跳びスパイク。 これまた、トップ選手のものとルックスはまったく同じものが市販されています。 幅跳びをやっている人であれば誰しもがミズノかアシックスで悩むものかと思いますが、 今回はミズノの幅跳びスパイクである 『フィールドジオ LJ』 を評価してみます。 まず最初に言っておきますが、 私はミズノ派です!! 学生時代からずっとこのフィールドジオLJを愛用しております。 三段用もフィールドジオAJを使っていました。 私の幅跳の感覚はフィールドジオの感覚を前提に形成されています。 アマゾンでも普通に売ってます↓ フィールドジオ LJ ちなみに、『LJ』は幅跳び用『AJ』は三段跳び用で、見た目はほぼ一緒ですがソールのクッションの厚みが違います。   幅跳びスパイクは他にナイキとアディダスもレビューしています。 ...

世界大会なんかでは多くの選手が履いているナイキの幅跳びスパイク。 細かいオーダーはわかりませんが、ルックスはまったく同じものが市販されています。 国内ではミズノかアシックスのスパイクを履いている選手がほとんどですが、ナイキの幅跳びスパイクが気になっている人も多いはず。 でもネットをみてもレビュー記事は見当たらない。 私が人柱になりましょう!! ナイキの幅跳びスパイクである 『ZOOM LJ 4』 を買いましたので評価してみます。 アマゾンでも普通に売ってます↓ ナイキ(NIKE)ズーム LJ 4  このスパイク、予想に反して結構良かったんです...   幅跳びスパイクは他にミズノとアディダスもレビューしています。 (フィールドジオLJをレビュー) (アディゼロLJをレビュー)         ズームLJ4はこんなスパイクだ!! まずは外観か ...

陸上部に入部して幅跳びを専門にしようと思っている人はまちがいなくスパイク選びで迷うと思います。 幅跳び用スパイクと兼用スパイクは何が違うのか? 短距離用スパイクで幅跳びしちゃだめなのか? そもそも幅跳び用スパイクってなんなのか? 幅跳び専用のスパイクを履いたことがないと、幅跳スパイクがいったいどういうものなのか、必要なのかあんまり分からないかと思います。 今回は、中学から大学まで幅・三段をやっていた私が主観を交えて幅跳び用スパイクについてザックリご紹介しようかと思います。     幅跳用スパイクと他のスパイクとの違い 幅跳用というだぇあって、幅跳びに特化した構造をしています。 が、見た目ではよくわからないと思いますので最初に基本的な違いをご紹介します。 踏み切りやすい構造をしている 幅跳用のスパイクと普通のスパイクの最大の違いは『踏み切りのしやすさ』です。 幅跳用はソー ...

マニアックなアディダスのスパイク、買おうとは思わなくても気になる人も多いはず。 最近はナイキのスパイクを履いている人も増えてきたので、ナイキがある程度行き渡ったら次はアディダスのスパイクが流行るかも知れません。 海外スパイクのざっくりした比較はこちらの記事をご参考下さい。 アディダスの2019年スパイクラインナップについてはこちらの記事をご参考下さい。 ザックリ言えば、短距離用スパイクは4種類あります。 アディゼロシリーズは3種類で、頭にアディゼロ(adizero)が付いて、モデル名が続きます。 プライム(PRIME) アクセラレータ(ACCELERATOR) フィネス(FINESSE) あとは初心者向けのスプリントスター(SPRINTSTAR)というモデルがあります。 国内では現行のスプリントスターはみたことないので、たぶんプライム、アクセラレータ、フィネスの3つしか流通していないと思わ ...

ミズノの中級モデルであるジオシリーズには2019年現在短距離モデルが5つラインナップされています。 短距離向けのスプリントとサイレンサー。 中距離向けのストリークとスプラッシュ。 初心者向けのバーサス。 5つのモデルの内、中距離用のスプラッシュは明らかに見た目が違うのですが、それ以外のスプリント、サイレンサー、ストリーク、バーサスの4つのモデルは違いが非常に分かりにくいと思います。 特にジオサイレンサーとジオバーサスなんて見た目も一緒。 今回は ジオシリーズはどこがどう違うのか 初心者が選ぶときにどこの違いをみて選べばいいのか を中心に、初めてジオシリーズを選ぶときに見た方が良いポイントをご紹介します。         ジオシリーズとは? ミズノのラインナップには 上級者向けの『クロノシリーズ』 中級者向けの『ジオシリーズ』 初心者向けの『シティウス ...

日本を代表するスポーツブランドであるアシックス。 当然陸上競技にも力を入れており、かつては100mのチャンピオンをカール・ルイスと争ったリロイ・バレル(アメリカ)もアシックスのスパイクを履くほどでした。 不景気が続く現代ではその勇姿を世界レベルで観ることはそれほど多くはありませんが、ユニフォームはアシックスという国も多い。 日本を代表するスプリンターである桐生選手がアシックスを履いており、日本人以外ではルメートルをはじめとしてなぜかフランス人がアシックスのスパイクを履いていることがあります。 また、跳躍種目ではアディダス・ナイキに隠れながらもアシックスを履く選手もチラホラ。 アシックスと言えば、日本人の足にフィットするシューズをつくるメーカーとして成長したメーカーで、最近では市民ランナーからの厚い支持を得ています。 そんなアシックスの作るスパイクは足に優しいモデルも多く、初心者向けのライン ...

陸上のスパイクを作っていてそれなりのレベルにあるのはミズノ、アシックス、ナイキ、アディダス、ニューバランス、プーマ、サッカニー、ブルックス、アンダーアーマーあたりだと思われます。 日本では一昔前まではミズノ、アシックスしかほぼ売られておらず2強状態。 海外メーカー製のスパイクを履いているのは契約しているごく一部のトップ選手だけでした。 最近ではナイキ、アディダスの陸上スパイクであれば店頭でも見られるようになってきて、私も試しに買ってみたりしています。 ニューバランスはまだ店頭で見ることはほとんどないものの、探せば一般人でも普通に買えるようになって来ました。 今回は、そんな気になるけどちょっと遠い存在である海外メーカーのスパイクを比較してみようかと思います!!     海外3メーカーのスパイクを比較 わたくし、ナイキ、アディダス、ニューバランス(以下NB)の3メーカーのス ...

ナイキのスパイク、気にはなるけどなかなか手が出ないと思います。 たぶん90%以上の人はミズノかアシックスのスパイクを履いていることでしょう。 ナイキに手を出すのはいろんな意味で危険ですから。 わたくし、ナイキのスプリントモデルであるズームJA3を購入いたしましたので、簡単にレビューしてみようかと思います。 最初に... わたくし、なかなか長身な元跳躍選手です。大学時代までそれなりにやってましたが、足をブチっとやりまして、社会人になってからは平凡な人生を送っています。当時は細マッチョでしたが、今はゴリマッチョ気味で80kg弱のパワー系です。ちなみに体脂肪はほぼ1ケタです。 余暇をすごす最近の私は現役時代に一度も履かなかった海外メーカーのスパイクを中心に購入しています。 持ち記録?そんなヤボなことは気にすんな。       ズームJAフライ3はこんなスパイクだ!! ...