東京五輪で最も活躍するであろうアメリカの代表選手が決定しました!!     東京五輪アメリカ代表選手 短距離 男子 種目 女子 トレイボン・ブロメル 100m ジャヴィアン・オリバー ロニー・ベイカー ティーナ・ダニエルズ フレッド・カーリー ジェナ・プランディーニ ケニー・ベドナレク 100m/ 4×100m ギャビー・トーマス ノア・ライルズ 200m ギャビー・トーマス ケニー・ベドナレク ジェナ・プランディーニ エリヨン・ナイトン アナビア・バトル マイケル・ノーマン 400m クアネラ・ヘイズ マイケル・チェリー アリソン・フェリックス ランドルフ・ロス ウェイドライン・ジョナタス トレバー・スチュワート 400m/ 4×400m ケンダル・エリス グラント・ホロウェイ 110mH/ 100mH ケニ・ハリソン デボン・アレン クリスティーナ・クレモン ダニエ ...

2019年に世界新が出てからマクローフリンとムハンマドによる歴代世界トップレベルの記録が連発して盛り上がっている女子400mH。 つい先日もマクローフリンが女子初の51秒台をマークして話題になっています。 そんな女子ヨンパーでまたまた好記録!! ボルが52秒37,リトルが52秒39の世界歴代4位と5位をマーク!! これで世界歴代トップ5のうち4名が現役選手という超ハイレベルな時代に突入!!     ボルとリトルがストックホルムで歴代4位と5位!! 今回の主役はフェムケ・ボル(オランダ)とシャミール・リトル(アメリカ)のふたりです。 このふたりがダイヤモンドリーグのストックホルム大会女子400mHで好記録!! このレースで1位になったボルが52秒37。2位のリトルが52秒39でそれぞれ世界歴代4位と5位の好記録。今季では世界記録のマクローフリンに次いで世界歴代2位と3位で ...

陸上選手にドーピング違反は多く、各違反者がそれぞれいろんな言い訳をしています。今度は『母親が死んだ心痛に耐えるため』だそうです。 先日の全米オリンピック選考会でぶっちぎりの1位になったシャカリ・リチャードソンがドーピング違反となりました。     リチャードソンが大麻使用でドーピング違反!!100mで五輪出場できず リチャードソンは今季10秒72の世界ランク2位、全米選考会では10秒86でぶっちぎりの優勝をして代表内定を得ていました。 しかし、リチャードソンが大麻使用のドーピング違反で失格になりました!! 本人も使用を認めており、これによって全米選考会の結果が抹消されて個人種目での内定が取り消しに。 アメリカ陸連が認めればリレーメンバーに入ることはできますが、まだどうなるかはわかりません。 どちらにしても6月28日から1か月間が出場停止期間となります。 大麻は合法だけど ...

日本選手権が終わり代表選考が進み、7月1日には世界のポイントランキングが確定したことで日本代表が決まりました!! 通常は標準記録突破者が代表に選ばれるため日本選手権の時点で誰が代表になるのかほぼ確定するのですが、東京五輪の代表選考ではワールドランキング(ポイント制)が採用されています通常は標準を切っていない選手は日本選手権が終われば代表落選となるのですが、今回ポイントが世界ランキング上位であれば出場資格を獲得できる仕組みになっています。 そしてこのランキングが確定するのが7月1日でした。 世界陸連によってワールドランキングが確定したことで、出場資格者が確定したというわけ。 ややこしい。 ってことで、 東京オリンピックの陸上日本代表が発表!! をご紹介。 注目の男子短距離では小池選手が100mに専念したことでサニブラウン選手が代表に入りました!!     日本代表メンバー ...

ダイヤモンドリーグのオスロ大会で行われた男子400mHで大記録が誕生!!   カルステン・ワーホルムが46秒70の世界新記録!! まずはワーホルムのレースを見ましょう。見れば圧倒的な速さがわかります。 ワーホルムの前半から圧倒的な速さをみせるワイルドなレース展開にもかかわらず、ゴールまで失速することなく走り消えるハードリング技術と大きなフォームは天才的なものを感じます。直前にベンジャミンが出した46秒83も刺激になっていたことでしょう。 2位に入ったのはドス・サンチェス(ブラジル)。 サンチェスは2000年生まれながら19歳で出場した世陸ドーハでは48秒28のU20世界歴代4位をマークして7位に入った選手です。このレースでは47秒38のエリアレコード、世界歴代15の好記録を出したにもかかわらずワーホルムの前にはかなり遅れて見えてしまいます。 ついに出た!!29年ぶりの世界新!! ...

アメリカと並ぶスプリント大国であるジャマイカ。ジャマイカ代表に誰が入るかはそのままオリンピック決勝のメンバーが誰になるのかにもつながります。 ってことで ジャマイカ代表が発表!! 東京五輪の代表が決まったのでご紹介。 ジャマイカ代表メンバー 東京オリンピック ジャマイカ代表メンバー 男子 種目 女子 Tyquendo Tracey 100m Shelly Ann Fraser-Pryce Yohan Blake Shericka Jackson Oblique Seville Elaine Tompson-Herah Julian Forte(r) 100m/リレー Briana Williams Rasheed Dwye 200m Shelly Ann Fraser-Pryce Yohan Blake Shericka Jackson Julian Forte Elaine Tompso ...

2003年にロシアのユリア・ペチョンキナが記録した52秒34が長らく世界記録として残っていた女子400mHですが、2019年7月にムハンマドが52秒20を出して16年ぶりに世界記録を更新すると、世陸ドーハではマクローフリンが52秒23,ムハンマドが52秒16を出して一気に従来の世界記録を上回る記録を連発しました。 そんな女子ヨンパーですが、またまた世界記録が誕生!! マクローフリンが51秒90の世界新記録!!     女子史上初の400mH51秒台が誕生!! いままで女子ヨンパーで52秒台を出した選手は19名しかいません。 52秒台を出すだけでもなかなかとんでもないことなのですが、なんと今回ついに51秒台がに突入!! 東京オリンピックの代表選考会であり、いわゆる全米選手権の位置づけである『全米五輪選考会』で マクローフリンが51秒90の驚異的な世界新記録をマーク!! 従 ...

全米オリンピック選考会(実質的には全米選手権)が6/18~27の日程で開催されています。 この大会で上位3着に入ればオリンピック代表が決まるため、多くの有力選手が出場して好記録を出すこの大会はオリンピックで勝つよりも難しいと言われるほど。 ってことで 陸上全米選手権2021の結果 についてご紹介。youtubeに動画があれば貼っています。 執筆時点ではまだ終わっていないので追記して行きます。     短距離 100m 男子100m(風-1.0)6/20 順位 選手 記録 備考 1 Trayvon Bromell 9.80   2 Ronnie Baker 9.85 PB 3 Fred Kerley 9.86 PB 4 Kenny Bednarek 9.89 PB 5 Micah Williams 9.91 PB 6 Cravon Gillespie 10.00   7 ...

2020年に開催されるはずだった五輪が延期されたことでまたもや五輪イヤーとなった2021年。 近年の話題の中心は100mですが、200mもおさえておかなければ短距離は語れません。 ってことで今回は 2021年版男子200mランキング(五輪直前7月29日時点) をご紹介。     2021年男子200m世界ランキング 7/29時点での世界ランキングをご紹介。 世界ランキング(6月24日時点) 順位 記録 風 名前 国 日にち 1 19秒74 +0.3 ノア・ライルス Noah LYLES USA 6/27 2 19秒78 +0.3 ケニー・ベドナレク Kenneth BEDNAREK USA 6/27 3 19秒81 +0.8 テレンス・レアード Terrance LAIRD USA 3/27 4 19秒84 +0.3 エリオン・ナイトン Erriyon KNIGHTON ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 走高跳のエタス・エサ・バーシムはどんな選手? をテーマにご紹介。長いこと世界記録が更新されていない走高跳において、もっとも記録更新に近いのがこの選手です!!     バーシムは高跳びのレジェンド選手 画像:WAより引用 選手名:エタス・エサ・バーシム 生年月日:1991年6月24日 身長体重:192cm、65kg 国籍:カタール 種目:走高跳 PB:屋外2m43(世界歴代2位)、室内2m41(世界歴代4位タイ) 主な戦績:五輪( ...

陸上ファンならずともぜひ現地で観戦したい東京オリンピック。普段陸上に興味がない人も多くがチケットの抽選に申し込んだことでしょう。 日本選手権のような大会は1日いれば男子短距離もどれかしら観ることができるるのですが、オリンピックともなると競技期間が長いためにマニアックな種目ばっかりやってる日もあります。 運よくチケットが手に入った人でも、『この種目は誰が誰だか全然わからん...』なんていう方はかなり多いことかと思います。 選手を知らないのも無理ありません。 だって陸上はリレーを含めると48種目も開催されるのですから。 陸上歴が長い人であっても全く知らない種目はたくさんあります。 でも、その種目のみどころが分かっていた方が楽しめるはず。 せっかくなら、これを機会に知らない種目の事を調べてみましょう。 ってことで、今回からシリーズとして 東京五輪でマニアックな種目を100倍が楽しむための陸上知識 ...

先日突然IOCから出てきたマラソン・競歩の札幌開催案ですが、これがほぼ決定事項として30日からの委員会にかけられることになりました。 正直札幌だろうが東京だろうがどっちでもいいのですが、これを受けていろんな人がいろんなことを言っているのでまとめました。     札幌問題、要人の発言まとめ バッハIOC会長『札幌に決めた!』 そもそもの原因はこの人にあります。IOCの理事会と組織委員会の間で世陸の結果を踏まえたうえで協議したそうで、選手の事を考えると札幌にした方が良いということでもう決めちゃったんだそうです。札幌ドームを起点にしてコースをつくればいいじゃないかってことで、涼しい札幌でやることにしたそうだ。 今更言うなよ... 言いたいことはわかる。東京は暑いしドーハでは大変な事になった。でもさすがに決定が遅すぎるでしょう。   小池百合子都知事『涼しいところが良 ...

IOCは東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に変更するよう組織委員会に提案すると発表しました。マラソンはMGCとほぼ同じコースが、競歩は皇居外苑の大手門と祝田橋の間を周回するコースが予定されていましたが、これが猛暑対策で札幌に移ることになるかもしれません。 実際のところ、東京だろうが札幌だろうがどっちで開催しようがテレビで観る人には関係ないように思いますが、東京マラソンやMGCを開催して準備を進めていた東京のコースを使えないとなるとちょっと寂しい気もします。 今回は、 東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催事情 をいろいろ調べてご紹介します。     マラソンと競歩の開催内容についておさらい 東京が暑いだのオリンピック開催自体が間違いだの利権だなんだといろいろ言われていますが、そもそも東京五輪のマラソンと競歩の開催場所がどこだか知ってて文句言っている人なんてほぼいないと思 ...

気が付けば終わってしまった世界陸上ドーハ大会。 今大会もいろいろあってかなり楽しめました。夜中の放送っていうのがしんどかったのですが、慣れてしまえば睡眠不足もなんとかなるもの。 今大会、陸上界にとっては節目になる大会になったと思います。 今回は 世陸2019ドーハの出来事まとめ をご紹介。     世陸ドーハはこんな大会だった 初の中東開催となった世陸ドーハ。 日中は50度という信じられない暑さの国ですが、オイルマネーがじゃぶじゃぶなので、会場となったスタジアムは開放なのに冷房完備というとんでもないところでした。 結果として、心配されていた暑さによる不調はなく、世界記録は1つだけにとどまりましたが、好記録が連発する大会になりました。 各種目の有力選手がだいたい順当に勝った!! 本来オフシーズンに入る9月末からのの開催、連日40度超えとなる猛烈な暑さといういつもとは違う状 ...

世界陸上の序盤戦が終わりました。 男女100mのチャンピオンが決まり、男子三段跳びや女子棒高跳びなども決勝が終わり、大会はひと段落といったところですが、大会はまだあと1週間あります。 誰にでもわかりやすい100mが終わったことでニュースになるような種目は少ないですが、陸上は100mだけじゃありません。 今回は 大会中盤戦となる4日目の注目種目 をご紹介します。 タイムテーブルは別の記事でまとめていますのでそちらもご参照ください。         大会4日目(9/30深夜)の注目種目 日本では月曜深夜の競技です。 開催種目はとスケジュールは以下 4日目 日本時間 現地時間 男女 種目 ラウンド トラック 23:05 17:05 女子 200m 予選A 0:20 18:20 女子 400m 予選 2:05 20:05 男子 110mH 予選 2:50 2 ...

いよいよ世界陸上が始まります。 陸上通は当然ながら、普段は陸上に全く興味がない人でも世陸の期間中はニュースで陸上の事を観ることになると思います。 ってことで、前回は男女の100mのみどころについてご紹介しました。 第2回は、100mの選手も大勢出場する200mです。 100mと200mはだいたいおなじような顔ぶれでレースが行われますが、今大会では200mのほうが面白いかもしれません。 今回は、 世陸ドーハ200mの展望についてご紹介 します。     男子200mは勝負がアツい 予選:3日目 02:05~ 準決勝:4日目 02:50~ 決勝:5日目 04:40~ 大会1・2日目に行われる男子100m。その翌日の大会3日目から200mの予選がスタートします。 前回大会の結果は 1位グリエフ(TUR)20秒09 2位バンニーキルク(RSA)20秒11 3位ジェリームリチャー ...

いよいよ世界陸上が始まります。 陸上通は当然ながら、普段は陸上に全く興味がない人でも世陸の期間中はニュースで陸上の事を観ることになると思います。 これから何回かに分けて陸上に興味がない人でも世陸が楽しめるようなみどころをご紹介します。 今回は、 世陸ドーハ100mの展望についてご紹介 します。         結局男子100mがおもしろい 予選:1日目 0:05~ 準決勝:2日目 0:45~ 決勝:2日目 4:15~ 陸上のメイン種目と言って過言ではない男子100m。 今大会はボルトが引退して初めての世界陸上となります。新世代のスターが今大会で生まれるはず。そのなかには日本人選手も含まれています。 ボルトがいなくなってどうなるかと思いましたが、ボルトがいようがいまいが男子100mには変わらぬ魅力があります。 世界記録への期待と言う意味ではボルトが最強 ...

世陸ドーハ大会のファイナルエントリーが9月16日に締め切られ、17日には代表選手の壮行会が行われました。 今回のキャプテンは男子が走高跳の戸邉選手、女子が100mHの木村選手と発表され、そのなかにリオ五輪で日本選手団の旗手を務めた右代選手はありませんでした。 ただ欠席しただけかと思いましたが... 右代選手の代表内定が直前で取り消し!! なんと、壮行会終了後に右代選手がツイッターで代表内定が取り消しとなったと投稿したのです。 【読んでください】アジア選手権優勝と日本選手権優勝でエリアチャンピオン枠で世界陸上の内定をもらったのに、出発10日前に突然の内定取消しの連絡が入ったみたいです。直接の説明も陸連のからもらってないし、今日の結団式も欠席するべきなのかどうなのかギリギリまで悩みました。 — 右代啓祐 (@ushirokeisuke) 2019年9月17日   アジア選手権と日本選 ...