【クイズ】 パリ五輪で『日本代表』になるにはどうすればいいでしょう? 知らんよね。 ってことで今回は パリ五輪の代表選出方法は「標準記録」と「世界ランキング」の2つ! 日本選手権で内定する場合と条件クリアで内定する場合、それ以降に選考される場合があるぞ!! をテーマにご紹介! パリ五輪の日本代表になるための条件は... ①「世陸ブダペスト3位以内」+「標準突破」→内定 ②「世陸ブダペスト8位以内」+1月以降に「標準突破」→内定 ③「日本選手権優勝」+「標準突破」→内定 ④「日本選手権優勝」+「ランキング圏内」or締め切りまでに「標準突破」 ⑤「日本選手権3位以内」+「標準突破」 ⑥「標準突破」or「ランキング圏内」 ⑦「世界陸連から追加枠がきてかつターゲットナンバーの次から10位以内」 ザックリ書くとこれが日本代表なるための条件です。 そしてこのうち①~③が即時「内定」の条件で、それ以外は ...

あけおめことよろ。 2021年の東京五輪から2025年の世界陸上東京大会まで、毎年世界大会が開催されます。 2024年はそのなかでもメインと言っていいイベントである『パリオリンピック』の年。24年の陸上はパリ五輪を中心にして回ります。 ってことで今回は 【2024年】主な陸上大会のスケジュール をご紹介。 夏のパリ五輪に向けて3月には世界室内も行われます。ザッと目を通しておけば今年の陸上がどんな感じで動くのか把握できるはず。   とにかくパリ五輪 2024年はとにかくパリ五輪です。それに向けて各国の選手権があり、その前にそれぞれの大会が開催されます。 五輪以降は休養に成る選手も多いため、今シーズンは春から夏にかけてがメインシーズンになるはず。 【3月1日から3日】世界室内陸上競技選手権(グラスゴー) 2年に1回、偶数年に開催されている世界室内がスコットランドのグラスゴーで開催され ...

さあ、いよいよ後半のハイライト、男子200m!! ってことで今回は 【世陸ブダペスト】男子200mの管理人の注目ポイント をテーマにご紹介。 決勝のレーンとポイント レーン 選手 国 SF記録 PB 備考 1 A.ハドソン JAM 20.38 19.85 救済 2 J.ファンブレー LBR 20.21 19.83 オレゴン7位 3 A.ドグラス CAN 20.10 19.62 東京優勝 4 Z.ヒューズ GBR 20.02 19.73 100m3位 5 A.オガンド DOM 20.02 19.91 オレゴン4位 6 N.ライルズ USA 19.76 19.31 100m優勝 オレゴン優勝 7 K.ベドナレク USA 19.96 19.68 オレゴン2位 8 E.ナイトン USA 19.98 19.49 オレゴン3位 9 L.テボゴ BOT 19.97 19.50 100m2位 決勝は順当な ...

いよいよ世界陸上ブダペスト大会のハイライト、男子走り幅跳び決勝です。 ってことで今回は 【世陸ブダペスト】男子走り幅跳び決勝の展望と注目選手はこれだ!! をテーマにご紹介。 これさえ抑えておけば今大会の幅跳びがより楽しめるはず!!   決勝は誰が勝ってもおかしくない!?大本命は不在!!   国 選手 PB SB ランキング 備考 1 ジャマイカ T.ゲイル 8.69 8.27 7 ・東京11位 ・ドーハ優勝 2 チェコ R.ジュスカ 8.31 8.15 22 ・ロンドン7位 3 アメリカ M.デンディー 8.42 8.34 2 ・前回6位 4 ジャマイカ C.マクリオド 8.40 8.40 15 ・23NCAA優勝 5 キューバ A.A.パラダ 8.15 8.15 31   6 スイス  S.エハマー 8.45 8.32 4 ・前回3位 ・10種選手 7 インド J.アルドリン ...

世界陸上ブダペスト大会が開催中。 今回は これを知っていればもっと楽しめる!!男子200m予選の注目ポイント をテーマにご紹介。 管理人はだいぶ昔から陸上を追っていますが、今大会で初めて世陸をリアタイする高校生なんかもいることでしょう。 陸上は知識があればあるほど観戦が楽しくなるスポーツ! ってことで、陸上ファンにはおなじみなことや、レース前までの状況などをひっくるめてご紹介します!     男子200m予選の展望 男子200mは 5日目予選 6日目準決勝 7日目決勝 というスケジュールで開催されます。女子も同日。 100mは男子が1日目予選、2日目準決勝と決勝(女子は1日遅れ)での開催だったため、男子であれば100m決勝から中2日明けての200m予選となります。 体力的にはまあ問題なく、全員リフレッシュした状態でのレース言えるでしょう。 ってことで、 男子は100m決 ...

2023年8月19日(土)~27日(日)の日程で世界陸上が ブダペスト(ハンガリー)で開催されます。 各国の代表は8/7にエントリーされますが、出場権を獲得するにはザックリ言えば以下の条件があります。 ・2022年7月31日~2023年7月30日が記録の有効期間 ・標準記録突破orポイントがターゲットナンバー以内であれば出場権獲得 ・エリア選手権チャンピオンも出場権獲得 ・ターゲットナンバー(出場上限数)は短距離48、フィールド36が基本 ・前回大会王者はワイルドカード ・各国代表は3名まで(ワイルドカード有の場合は4名) ・記録を大会規模とラウンドによってポイントに換算、上位5つのポイントの平均がポイントになる ・8月2日にWAがランキングを公表。エントリー締め切りは8月7日 ・標準突破+日本選手権3位以内で日本代表に内定 ワールドランキングが標準突破かターゲットナンバー内でかつ各国上位 ...

先日行われた第107回日本選手権、女子100mHの決着は歴史的な大接戦でしたね。 100mHでは世陸標準の12秒78を突破していたのはただ1人福部選手だけという状況。 しかし、福部選手は4着となり日本選手権終了時点での代表内定とはならず、っとはいえ、上位に入った寺田、青木、田中の3選手が代表に内定するわけでもありませんでした... テレビではなぜか代表についての言及を不自然なくらい避けている印象すらありました。そのため、日本選手権の中継を見ていても誰が代表になるのかが全然わからなかった人も多いことでしょう。 来年の日本選手権に向けて頑張りますって言ってて、ブダペストはもうダメだと思ってる人も多いと思います。 ってことで今回は 女子100mHの代表は?福部選手の代表入りの可能性もまだある をテーマにご紹介。 今回の日本選手権女子100mHを観て、福部選手はなんであんなに泣いてるの?って思った ...

2024年のパリ五輪ですが、『参加標準記録』が発表されました! 従来は標準突破=参加資格だったのですが、最近は『ターゲットナンバー』っていうのもあるので標準を突破していなくても参加資格を得られる可能性はあります。 ってことで今回は パリ五輪の標準が発表!!東京五輪からどう変わった? をテーマにご紹介。 ターゲットナンバー導入によって標準突破が必須ではなくなったものの、大会に向けて調整するためには、標準突破して早めに参加資格を得るというのは選手にとって大事。 で、その「参加標準記録」がちょっと上がりすぎなくらい上がっているのです!!     パリ五輪と世陸ブタペスト・東京五輪の標準を比べてみた 男子100mの10秒00がヤバいですが、幅跳びが5cm上がって8m27ってもなかなかエグイ。 東京・パリ五輪と世陸ブタペスト大会の参加標準記録 種目 男子 女子 東京 ブタペスト ...

陸上大国アメリカ。世陸オレゴン大会にはなんと151名もの選手を代表として送り出します。 世陸代表は『標準突破した各国の上位3名』が基本なのですが、「前回大会優勝者」と「ダイヤモンドリーグ年間王者」はワイルドカードが与えられるため最大で4名が出場可能です。 そしてアメリカは前回優勝が9名、ダイヤモンドリーグ王者が4名と、なんと13種目で4名が代表となっているのです... つまり、アメリカはほとんどの種目で超強いわけですが、そうはいってもやっぱり注目選手はいます。 ってことで今回が アメリカ代表151名!注目選手は誰!? をテーマにご紹介。 陸上でアメリカ代表になるのは世界で決勝に残るのと同じかそれ以上に難しいってくらいの強豪国だけに、代表選手はみんな超人。 なかでもこの選手に注目すれば世陸観戦がより楽しめる!!っていう選手を厳選してご紹介しましょう。     そもそも誰が ...

世界陸上がアメリカ初開催となる2022年シーズン。そんな地元開催のアメリカでは全米選手権が6/23~26の日程で開催されました!! 世陸代表各国3枠(+ワイルドカード)のため、標準突破して各国の選手権で上位3位に入ることで代表権を獲得できるわけで、アメリカではこの全米選手権で3着に入れば代表です。 しかし、陸上大国アメリカではこの全米選手権で3着に入るていうのが超難関!! 世陸決勝に行くよりも全米選手権で3位に入る方が難しいんじゃないかと思うほどの超好記録が毎回出るのです。 ってことで今回は 2022年全米選手権の有力選手の結果はどうだった? をテーマにご紹介。 なんと、東京五輪で世界新を出した400mHのマクロフリンがまた世界新を更新!!さらに、カーリー、ライルス、ノーマンらの『ポストボルト』も期待を上回るタイムを出して絶好調! アメリカは偉大です...   有力選手の結果は? ...

世陸オレゴンを前に6月後半は各国の有力選手が調子を上げて好記録をマークしています。 なかでも今回は... 女子100mのシェリーアン・フレイザープライスが2度目の10秒67をマーク!! っという話題をご紹介。 世陸北京で初めて100m金メダルを獲得し、ボルトと同じ時代を生きた大ベテランのシェリーアン・フレイザープライス。 『ポケットロケット』と呼ばれる彼女の走りは出産を経てもなお勢いは衰えず、いやむしろそのパフォーマンスは向上すらしていて、世陸オレゴン大会でも優勝候補筆頭です。     フレイザープライスは35歳にして『全盛期』の超人 画像引用: 国籍:ジャマイカ PB:100m10秒60(世界歴代3位,2021年)、200m21秒79(世界歴代20位,2021年) ・1986年12月27日生まれ(世陸オレゴンでは35歳) ・身長152cmとかなり小柄で着いた愛称は『ポ ...

3月18~20日の日程で2年に1度開催される『世界室内陸上』がセルビアのベオグラードで開催されました。 室内陸上は日本ではあまりなじみがないのですが、ヨーロッパは寒いので冬場の室内競技が結構盛んです。2022年は世界陸上イヤーとなるため有力選手も多くエントリーしており、東京五輪のメダリストも多数出場しました。 ってことで今回は 世界室内陸上ベオグラード大会をまとめ!! についてご紹介します。 室内はカント(傾斜)のついた200mトラックとその内側に設けられた直線の60mで行われ、風の影響がないため跳躍では好記録が出やすく、特に棒高跳びと走高跳びでは毎回けっこういい記録が出ます。 今大会では3種目(男子60mH、女子三段跳び、男子棒高跳び)で室内世界新記録が誕生!! 東京からの好記録ラッシュはまだまだ続いていて世陸オレゴンにも期待がかかります。     60m 室内では1 ...

女子三段跳びでもロハスが世界記録を更新するなど、全体に好記録が出ている東京オリンピック。 タータンが新しいからなのか気温が高いからなのか、選手にとっては良い条件で試合ができているようなのですが、そんな東京で陸上界の歴史に残る大記録が誕生しました!! ワーホルムが45秒94の驚異的な世界新記録!! 2021年7月に46秒70の世界記録を出して29年ぶりとなる400mHの世界記録を更新したワーホルムですが、再びの記録更新の期待を背負って出場した東京オリンピックの決勝で期待を大きく上回るまさかの45秒台をマーク!!     3名が46秒台となった東京五輪決勝は異常なハイレベル!! 8月3日午前のセッション最後に行われた男子400mH決勝。 この時点でワーホルム(46秒70,世界記録)、ベンジャミン(46秒83,世界歴代3位)、サンバ(46秒98,世界歴代4位)、ドスサントス( ...

リオ五輪ではほぼ全員ナイキを履いてるんじゃないかというほど黄色とピンクのナイキスパイクが目立っていました。その後も世界中の短距離選手は誰もがナイキの『スーパーフライエリート』を使っているような状態でした。 そんなナイキは東京オリンピックにあわせて前足部にエアポケットを搭載した新作『マックスフライ』をリリースしたのですが... ってことで今回は 東京五輪のメダリストのスパイクシェアを調べてみた!! あれほどまでに流行していたナイキは実はすでにシェアを食われ始めており、プーマが上位を占める種目も出ているのです!! そしてホームであるはずのアディダスとミズノはというと...     メダリストのスパイクシェアを集計!! 短距離、跳躍、中長距離の個人種目についてメダリストがどのメーカーのスパイクを使っていたのかを自主調べしてみました!! 短距離のスパイクシェア 短距離 一位 二 ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。 そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 男子400mHのカルステン・ワーホルムはどんな選手? をテーマにご紹介。 今、陸上界で一番熱いのが400mHと言っても過言ではありません。その主役がこのワーホルム。 長らく残っていた従来の世界記録を更新し、ライバルと超ハイレベルな戦いが繰り広げられている男子400mHのは絶対に見逃せない種目です!! →(五輪決勝後追記) やりました...世界記録に一番近い!!とは思っていましたがまさかの45秒台が出ました!! 東京五輪でワーホルムはなんと45秒9 ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。 そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 女子中・長距離のシファン・ハッサンはどんな選手? をテーマにご紹介。 歴代の陸上選手でもしかすると最も偉大な結果を出しているのがもしかするとハッサンかもしれません。 中距離と長距離の多くの種目で世界トップの記録を持ち、大会でもしっかり結果を出すことのできる天才選手です!!     800mから1万まで世界でトップの天才!!ステファン・ハッサン 画像引用: 選手名:シファン・ハッサン 生年月日:1993年1月1日 身長体重:17 ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。 そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 男子走り幅跳びのフアン・ミゲル・エチェバリアはどんな選手? をテーマにご紹介。   9mジャンプに一番近い男!?エチェバリア 画像引用: 選手名:フアン・ミゲル・エチェバリア 生年月日:1998年8月11日 身長体重:186cm、72kg 国籍:キューバ 種目:走幅跳 PB:8m68(+1.7世界歴代11位),(追風参考8m92(+3.3追参世界歴代2位)) 主な戦績:世陸ドーハ銅(8m34) 1998年生まれの新世代選手として頭角を現 ...

東京五輪で陸上をみてそのおもしろさを知る人もいるはず!!そして陸上は選手を知っているかいないかで楽しみ方も変わってきます。 現在の陸上にはレジェンド級の選手が数名いて、東京五輪でも世界記録や歴史に残るような記録が期待されています。 そんな選手をいろいろとご紹介していきますので、知っていれば東京五輪の陸上競技をより楽しめるはず!! ってことで今回は 男子100mのアンドレ・ドグラスはどんな選手? をテーマにご紹介。 陸上ファンにはおなじみのベテラン選手で、世界大会ではいつも優勝候補に挙げられながらもなかなか勝てないこの選手。東京ではいよいよその時がくるのか!?     世界大会メダル7個のアンドレ・ドグラス 引用: 選手名:アンドレ・ドグラス 生年月日:1994年11月10日 身長体重:176cm、60kg 国籍:カナダ 種目:100m,200m PB:100m(9秒90 ...